キングダム ネタバレ最新話652話感想【秦軍敗戦寸前、その時ついに呉鳳明現る!】

キングダム ネタバレ最新話652話感想【秦軍敗戦寸前、その時ついに呉鳳明現る!】

前回651話では、圧倒的な武力を見せつける敵総大将・満羽の前に、進撃を止められた蒙武軍。

その満羽を視界に捉えた蒙武は、本来の目的を変えてまで彼へ向けて突撃を開始する。

2人の距離が縮まり、一騎打ちへの緊張が高まってゆく!

大局的には、中央で蒙武軍と満羽軍が互角の戦いを繰り広げる中、左右に陣取り挟撃を狙うはずの千斗雲・玄右両軍がまだ動かない。

この状況に秦軍師・蒙毅が不安を感じる中、騰軍2万の援軍が到着した!

騰自らは敵左翼の玄右軍と、録嗚未軍は敵右翼・千斗雲軍とのマッチメイクとなる。

劣勢ながら戦える状況になったその時、楚宰相・媧燐が放った援軍が早くも到着してしまう。

蒙武へ恨みを抱いている、項翼と白麗率いる3万の軍勢だ!

楚の若き将軍2人の参戦で、秦軍の運命やいかに?

そして戦いの明暗を分けるであろう、魏軍・呉鳳明の援軍は現れるのか?

『キングダム』最新話652話のネタバレありの感想をお送りする。

650話 651話 652話 653話 654話
キングダムファンのあなたへ

『キングダム』の最新刊58巻はもう読みましたか?

見どころは次の3つです!

  • 信と龐煖の一騎打ちに決着がつく!
  • 致命傷を負った信を救うため羌瘣が秘術発動!
  • 死の淵をさまよう信を引き止めたのはあの2人!?

集中して漫画を楽しむには単行本がうってつけです。

『キングダム58巻』は通常460円。

でも、「U-NEXT」なら、無料トライアル登録時にもらえる600ポイントを使って1冊無料で読むことができます!

「登録が面倒」と思うかもしれませんが、実際に登録にかかった時間はたったの2分でした。

本屋さんに行ったりネットショップで買うよりずっと早く読めますよね?

キャンペーンは今月までの「期間限定」かもしれないので、ぜひこのチャンスを活かして『キングダム58巻』を1冊通して楽しんでください!

キングダムを無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ読む

大人気の『キングダム』のアニメはもう観ましたか?

U-NEXTなら、漫画に加えてなんとアニメも見放題なんです!

トライアル期間中、『キングダム』1〜81話(第3シーズン途中)がすべて無料で観ることができます。

見始めたら止まらないぐらい面白いので、ぜひ一度は観てもらいたいです!

他にも18万本以上のアニメ・映画・ドラマが見放題で楽しめるので、お家で充実した時間を過ごしたければ必見。

2分程度の登録で漫画もアニメも無料で楽しめます!

解約はいつでもできるので安心です。

キングダムを無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ観る

『キングダム』最新話652話の感想・あらすじ(ネタバレ)

中華十弓・白麗の遠弓隊は恐ろしかった!

楚軍右奥、つまり千斗雲軍後方から項翼・白麗軍が地鳴りと共に現れ、秦軍本陣はパニックに陥る。

本陣兵「2万、いや3万はいるぞっ。くそっ、さらに戦力差が」

すでに城攻めへと考えを巡らせていた蒙毅は、驚きのあまり言葉も出ない。

優秀ではあるが、まだまだ場数が少ないことが彼の欠点なのだろう。

この援軍に対する什虎軍・戦バカたちの反応は、

千斗雲「はァ!?どこのどいつだ、ジャマしに来んのは!」

1人は援軍に楽しみを奪われると思い、

兵「満羽様、何か王都から聞いていましたか?」

満羽「・・・、んー、覚えてないんですね」

もう1人は端から興味すらないのである。

しかし秦軍は様子が全く違う。

蒙武、騰、録嗚未の3将軍とも動きを止めた。

項翼「クックックッ」

力業でねじ伏せてくるよう媧燐から送り出された項翼だったが、秦側の援軍の少なさに思わず嘲笑が漏れたようだ。

白麗「だが騰が来ている。油断は禁物だ。」

冷静な白麗の言葉に対し、項翼の感情は爆発寸前だ。

項翼「あのヤロォは臨武君の仇だ。騰~~~~、蒙武の前にてめぇの首をすっ飛ばしてやる!」

臨武君とは合従軍戦において、楚軍第3将を任されたが、騰に討たれた武将だ。

項翼にとっては直属の上司を、白麗にとっては姉が臨武君の妻であったことから義兄を殺されたことなる。

2人にとっては、蒙武より騰の方が恨みは深いだろう。

しかし騰もそれは同じで、鱗坊・同金という優秀な軍長を楚軍に殺されているからだ。

弓大隊を展開させはじめた白麗は、千斗雲軍と交戦中の録嗚未軍に照準をあわせる。

白麗「まずは手前にいる録嗚未軍を葬る」

その様子をみていた千斗雲軍。

兵「あの友軍、そのまま参戦して来ます」

千斗雲「バカッ、来るな!くそっどうすればいいんだ。蒙武を急いで殺り行くか、ジャマしに来た友軍をぶっ殺して、それから蒙武を殺るか」

これを本気で悩んでいる。

戦バカよりもっとひどい称号はないのだろうか。

兵「いや、前者でしょ」

よかった。

部下はマトモだ。

この状況の危険さをいち早く察知したのは、やはり騰だ。

騰「まずいな、このままでは録嗚未が死ぬ、すぐに。」

早くも展開を完了した白麗の弓大隊が、一斉射撃を放つ。

白麗「遠弓隊、構え!ぅてぇっ!」

白麗はその弓隊を遠弓隊と呼んだ!

本陣で見ていた蒙毅も、標的とされた録嗚未さえも、あまりに遠いことから矢が届くはずないと思っていた。

だが、

録嗚未兵「ギァ」

録嗚未兵「ぐあっ」

録嗚未兵「矢が伸びて」

遠弓隊の矢は、届くはずのない距離から見事に録嗚未軍の兵たちを削っていく。

さらに降り注ぐ矢の向うから、項翼率いる騎馬隊が猛然と突進してきているではないか!

さすがの録嗚未もこれは厳しい。

録嗚未「全軍反転、一度離脱する」

録嗚未軍後退、秦軍は大混乱へ

高台でこの様子を見ていた本陣の軍師・蒙毅は、

蒙毅「正しい。敵の援軍を録嗚未軍がひきつける間に全軍退却の指示を」

部下たち「えっ退却、全軍!?」

楚の援軍3万の出現により、このままでは勝算がないと蒙毅は判断したようだ。

一旦退却させた後、全体で立て直しをはかる策に出たが、総大将・蒙武が前線深く入りすぎている。

蒙毅「大将・蒙武をあの前線から外へ、急がないと全滅するぞ!」

 

一方、玄右軍と交戦中だった騰は、

騰「敵右翼への攻撃は中止だ。敵中央軍へ攻め込んで、蒙武の脱出を助ける」

この男、平地でしかも敵と戦いながら、戦場全体を俯瞰で見ている。

さすが王騎が認めた武将である。

ところが騰の思惑どおりにはいかない。

相対していた玄右軍が、攻撃の勢いを増してきたのだ。

玄右「お前(騰)の相手は俺だったろ」

満羽を追い、敵陣深くまではいっていた蒙武は、完全に敵兵に囲まれる形となり動けない状況となっている。

蒙毅「まずい、左の騰軍に蒙武軍の後退の援護を頼もうと考えていたけど、敵が先にそれを封じた。このままでは本当に一刻ももたずに・・・」

ちなみに一刻は今の時間で30分。

楚の援軍が現れて、あっという間に戦況が悪化し、今まさに秦軍は全滅の危機に直面したのである。

戦場を高みの見物していた什虎軍師・寿胡王が独り言のように語りだす。

寿胡王「はーーーー、またしても、十のうち一の力しか出さずに勝ってしまう。」

この什虎にいる4人の戦バカたちは、元々楚国に吸収された国々の大将軍4人だ。

楚国に忠義がないのだから、純粋に戦の才能がずば抜けていて、戦が大好きな4人が集まってしまったのだろう。

寿胡王「我ら4人がいる限り、『什虎』は落ちぬ」

どうやら4人は戦好きという一点において、強い信頼関係で結ばれているようだ。

真打!魏の天才・呉鳳明が什虎に現る!

ここでまたしても、戦場を揺るがす大きな地鳴りが鳴り響きだす。

ド  ド  ド  ド  ド  ド

玄右「攻撃中止、何か来る!」

ゴ  ゴ  ゴ  ゴ  ゴ  ゴ

地面の大きく揺れるほどの大軍の行進。

中央には『鳳』の大旗と、魏軍第1将・呉鳳明の姿が!

呉鳳明から蒙毅への言葉

蒙毅は驚きのあまり、開いた口がふさがらない。

秦・楚両軍とも戦いを忘れ、迫り来る魏の大軍に注目することしかできないのだ。

騰軍vs玄右軍の後方から現れた魏軍を見て、寿胡王は初めて表情を崩し、

寿胡王「なるほどのー、やればできるじゃんかよ!やーっと面白くなってきたな」

言葉では喜びを発しつつも、目が全く笑っていない。

初めて意表を突かれた、悔しさすらうかがえる表情だ。

しかし項翼・白麗には、全く焦りはない。

項翼「クク、そうこなくっちゃよ」

やはり楚軍の鍵を握るのは、この2人か。

ここで初めて軍師・寿胡王より千斗雲へ指示が下る。

伝令兵「千斗雲様、本陣より伝令。右に回り魏軍に当たれと」

千斗雲「ブフゥ」

興奮して鼻血でも出そうな勢い。

千斗雲「何これ、何これ。いいのこんなの?秦と魏と2人同時に一緒にやっちゃっていいの?やばーーー」

これは完全に変態といえる反応だ。

彼は我々読者に対して、とてつもなく武力のハードルを自分で上げていることに気付いているのだろうか?

これで弱かったら、とんでもない大ボラ吹きの雑魚キャラなのだが。

その頃、蒙武軍本陣では兵たちが喜びを口にしていたが蒙毅はまだ疑っていた。

それはまだ魏国から同盟を受け入れたとの、正式な言葉を聞いていないからだ。

急いで魏軍へ使者を送ろうとする蒙毅だったが、その前に魏軍から使者が現れる。

使者「魏軍総大将・呉鳳明が側近の一人、将軍・荀詠だ。呉鳳明の言葉を伝えに来た」

その男は将軍の荀詠というらしい。

荀詠「『秦軍・魏軍で共闘し、楚軍を討ち倒す。単純な挟撃でそちらに合わせてやる故、自由に戦え』とのことだ」

ようやく同盟が成立したことを知り安堵する周囲の兵たちと違い、蒙毅はまだ信じられない様子。

蒙毅「本当に魏国は同盟を受け入れたのですね!?」

荀詠「三年だけだぞ」

驚く蒙毅!

これには心底ホッとしたに違いない。

 

一方魏本陣に荀詠が戻り、秦軍の使者が感謝の意を伝えようと呉鳳明を訪ねたのだが、報告をさえぎるように、

呉鳳明「やかましい、さっさと左右展開しろ」

彼は極めて不機嫌なようだ。

呉鳳明「死ぬほど不本意だが、秦軍と共闘して、楚軍をすりつぶす!」

かつて父・呉慶を秦軍に葬られているのだから、この言葉は無理もない。

呉慶ゆずりの必殺挟撃、『すり潰せ』が炸裂するか!

 

絶体絶命の危機の中、ついに魏軍・呉鳳明が参戦したことで光明が見えはじめた『キングダム』652話。

魏軍勢の規模は語られてはいないが、ほぼ互角の戦力になったと思われる。

魏・呉鳳明といえば、戦いの度に新たな兵器を披露してくれる発明家でもある。

今回はどんな戦い方を見せてくれるのだろうか?

そして敵に包囲されている蒙武が気がかりだが、汗明に勝利した武力は今や中華一といえるだろう。

次回はその爆発的なパワーに期待したい!

漫画ではより緊迫感が味わえるので、もし買っていなければ今週のヤングジャンプを買って読もう!

 

では次回653話もお楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

650話 651話 652話 653話 654話