キングダム ネタバレ最新話654話感想【あの汗明より強かった!真の力を見せはじめた什虎4人衆】

キングダム ネタバレ最新話654話感想【あの汗明より強かった!真の力を見せはじめた什虎4人衆】

前回653話では、援軍到着により大幅に戦力が増強された後、配置換えを行った秦・楚両軍。

程なく軍師たちの合図によって、戦闘が再開される。

各軍新たなマッチアップの中、秦将・録嗚未と什虎の将・千斗雲の一騎打ちに割って入った魏の狂戦士・乱美迫。

そこは秦・楚・魏の3軍が入り乱れる戦場となる。

同盟を組んだとはいえ、秦と魏は憎き仇敵同士。

最前線の兵たちは頭で分かっていても、素直に受け入れられないのは当たり前だろう。

両軍の兵がにらみ合う中、将軍・録嗚未の檄が響きわたる!

録嗚未「力を合わせて楚兵を討て!!」

はたして秦と魏は最後まで協力して、楚軍を打ち負かすことができるのだろうか?

一方、楚にとっても什虎は絶対に奪われてはいけない、最重要拠点である。

負けられない各陣営の思惑が交差する中、戦いは熱を増していく!

『キングダム』最新話654話のネタバレありの感想をお送りする。

652話 653話 654話 655話 656話
キングダムファンのあなたへ

『キングダム』の最新刊58巻はもう読みましたか?

見どころは次の3つです!

  • 信と龐煖の一騎打ちに決着がつく!
  • 致命傷を負った信を救うため羌瘣が秘術発動!
  • 死の淵をさまよう信を引き止めたのはあの2人!?

集中して漫画を楽しむには単行本がうってつけです。

『キングダム58巻』は通常460円。

でも、「U-NEXT」なら、無料トライアル登録時にもらえる600ポイントを使って1冊無料で読むことができます!

「登録が面倒」と思うかもしれませんが、実際に登録にかかった時間はたったの2分でした。

本屋さんに行ったりネットショップで買うよりずっと早く読めますよね?

キャンペーンは今月までの「期間限定」かもしれないので、ぜひこのチャンスを活かして『キングダム58巻』を1冊通して楽しんでください!

キングダムを無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ読む

大人気の『キングダム』のアニメはもう観ましたか?

U-NEXTなら、漫画に加えてなんとアニメも見放題なんです!

トライアル期間中、『キングダム』1〜81話(第3シーズン途中)がすべて無料で観ることができます。

見始めたら止まらないぐらい面白いので、ぜひ一度は観てもらいたいです!

他にも18万本以上のアニメ・映画・ドラマが見放題で楽しめるので、お家で充実した時間を過ごしたければ必見。

2分程度の登録で漫画もアニメも無料で楽しめます!

解約はいつでもできるので安心です。

キングダムを無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ観る

『キングダム』最新話654話の感想・あらすじ(ネタバレ)

満羽の眼前に広がる無数の骸

什虎の城主・満羽は眼の前に広がった無数の骸を、ただ呆然と見ている。

漂ってくる死臭の中で、満羽は眼を見開き、何を思っているのだろうか?

この意味ありげなシーンは、いったい何なのだろうか?

今話からいよいよ什虎4将の正体が描かれだすのだろうか。

押し込む魏軍、冴えわたる呉鳳明の戦術

戦場左翼では魏軍vs玄右・白麗軍の戦いが始まっていた。

魏将・龍范の軍が突撃を繰り返す中、迎え撃つ玄右軍は第1陣が破られ劣勢を強いられている。

白麗「玄右軍の援護だ。左方前面に矢の幕を張れ」

後方から弓隊の白麗が援護するも、今度は隣の荀詠軍が動く。

荀詠「龍范軍が矢の盾になっている内に滑り込むぞ」

その様子を見た呉鳳明がすかさず合図を出し、さらに馬介も突撃を開始した。

いきなり3軍の猛攻を受け苦戦する玄右軍だったが、戦況を見ていた軍師・寿胡王は楽しんでいる様子だ。

寿胡王「嫌な手を使うな、呉鳳明とやら」

彼の言う「嫌な手」とは、

  • 馬介・龍范・荀詠の3軍のどれが主攻なのか?
  • 3軍とも主攻なのか?
  • 最右翼に位置し、千斗雲と戦っている乱美迫が主攻なのか?

ギリギリまで悟らせない策であることを意味している。

しかし、彼の指示は、

寿胡王「よい、玄右に任せよ」

なんと!放置である。

それほどまでに玄右は強いのか。

一方、玄右は早くも第1陣を下げ、第2陣の線まで後退しはじめる。

この様子を見ていた秦軍本陣の蒙毅は、自らの采配との差に焦りはじめている。

というのも、秦軍はまだ眼前の第1陣を抜けずに膠着状態となっているからだ。

この戦いの基本戦略は、魏と秦で楚軍を挟撃するといういたってシンプルなもので、両軍が同時に侵攻していかないと成立しないのである。

 

呉鳳明の指示の下、後退した玄右軍をさらに馬介・荀詠軍が押し込んでいく。

しかし秦軍が、まだ敵の第1陣でもたついているとの報告が魏本陣にも入った。

魏兵A「チッ、自分たちから友軍を頼んでおいて遅れをとるとは」

やはりここにきて、軍を指揮する者の差がはっきりと現れだしている。

魏兵B「魏・秦軍の進撃はさらに差が出てくるぞ」

魏兵C「チッ、本当の挟撃にならぬぞ」

兵たちが秦軍への不満を口にしだした、その時、呉鳳明がこう言い放つ。

呉鳳明「いや、そうとは限らぬ。彼らには戦術の遅れを十分に取り戻すだけの『個』の力がある!」

絶対的な個の力、蒙武と騰が動き出す!

蒙武・騰「行くぞ」

満を持して、蒙武と騰の両将軍がそれぞれ軍の先頭に立ち突撃を開始!

蒙武軍兵「うオオオ、蒙武様に続けェ!」

騰軍兵「オオ騰様の背を追えェ!」

両軍が加速し、一気に戦況が変わり始めた。

この様子を見ていた呉鳳明は、冷静に分析をしていた。

軍師級の頭脳を持ちながら、先頭に立つことで軍を強化できるほどの武を合わせ持つ騰。

「武」一辺倒ながら戦局を丸ごと変えてしまうほど、危険な力を持つ蒙武。

呉鳳明「あの二人は3年後には真っ先に殺さねばならぬ相手だ」

彼はこの戦いのずっと先まで見据えており、本当の敵はむしろ秦国だと悟っているのだ。

勢いを増した秦軍を見た呉鳳明はこう一言。

呉鳳明「このままではまともに挟撃を食らうぞ。どうする、什虎城の賢者・寿胡王とやら」

動かない寿胡王、什虎軍の正体とはいったい?

劣勢の報が続々と入る中、寿胡王は指示を出す。

寿胡王「玄右の真後ろに1千送ってやれ。騰には項翼を当ててやれ。」

側近兵「満羽様はどうされますか?」

寿胡王「満羽に指示は必要ない」

そもそもこの戦局ではまだ特別な指示など必要ない、と余裕の寿胡王に対し、ほぼ無策でこの挟撃を防げるはずがない、と注視する呉鳳明。

 

その頃後退しつつある満羽・玄右両軍では、第2陣である精鋭部隊・「迅樹」と「黄鋒」が現れ、ついに真の力を見せ始めた!

項翼「何だ、あの連中の強さ」

味方である項翼までもが驚いている。

その戦況を呉鳳明はじっと凝視し、蒙毅はすでにうろたえ始めている。

とてつもなく強いだけでなく、第2陣全てが精鋭部隊というから数もすごいことになっている。

 

什虎の4将、それはかつて楚国に吸収されたが、戦で負けたわけではない。

寿胡王「我らは楚軍にあって、楚軍にあらず」

小国ゆえに国は脆く消失したが、今ここにいる什虎軍とは、あの大将軍・汗明をも返り討ちにしてきた『怪物達』というのだ!

ということは、今話の冒頭で描かれていた無数の骸は、満羽軍が葬った楚軍ということになる。

牙をむく玄右、魏将・馬介を一刀両断

ここで戦局が動く。

魏将・馬介の本陣に疾風のごとく、玄右が突進する!

次の瞬間、馬介の頭部は胴体と随分離れたところに飛んでいった!

こうして魏軍は序盤で早くも、将軍を1人失った。

 

劣勢と思われた戦況の中、什虎カルテットが底知れぬ力を見せ始めた『キングダム』654話。

想定していたよりはるかに強敵だった什虎の4将。

次回以降恐らく、

  • 蒙武軍vs満羽軍精鋭部隊「迅樹」
  • 騰軍vs項翼軍
  • 呉鳳明・龍范・荀詠vs玄右軍精鋭部隊「黄鋒」
  • 録嗚未・乱美迫軍vs千斗雲軍

と4つの戦場に分かれて描かれることになるだろう。

各戦場、大将同士の一騎打ちも見物だが、前話で乱美迫に襲われていた録嗚未は大丈夫なのか?

もう味方同士で戦っている場合ではないぞ!

*なお次号ヤングジャンプの『キングダム』は休載で、655話は10月1日号での掲載となる。

漫画ではより緊迫感が味わえるので、もし買っていなければ今週のヤングジャンプを買って読もう!

では次回655話もお楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

652話 653話 654話 655話 656話