キングダム ネタバレ最新話656話感想【中華一武道会決勝・蒙武vs満羽、開戦!】

キングダム ネタバレ最新話656話感想【中華一武道会決勝・蒙武vs満羽、開戦!】

前回655話では、什虎軍精鋭部隊の前に膠着状態に陥った戦況を打破すべく、新たな戦術を乱美迫・録嗚未の両名に伝えた呉鳳明。

その内容は圧倒的な武力を持つ蒙武・騰軍を主攻するため、彼らをサポートする役として魏最強の乱美迫軍を秦軍側に向わせるというものだった!

魏の天才軍師・呉鳳明は自らを含む魏軍を助攻とすることで、楚軍の攻勢を受けながらも主攻とする秦軍の突破力に賭けたのである。

実質、魏・秦両軍を指揮することとなった呉鳳明に対し、この策を目の当たりにし未だ戸惑うばかりの若き秦国軍師・蒙毅の心中は穏やかではないだろう。

また強敵・千斗雲を食い止める役回りとなった録嗚未は、一体どうなってしまうのだろうか?

そしていよいよ戦局を左右する強者たちが、直接剣を交えるときが近づいている!

この戦いはまだまだ序盤を終えたばかりだ。

『キングダム』最新話656話のネタバレありの感想をお送りする。

654話 655話 656話 657話 658話
キングダムファンのあなたへ

『キングダム』の最新刊59巻はもう読みましたか?

見どころは次の3つです!

  • 王翦の知略が李牧を上回り、鄴攻略戦がついに終結!
  • 信が五千人将から将軍に昇格へ!
  • 囚われた李牧と趙王の暗殺!

集中して漫画を楽しむには単行本がうってつけです。

『キングダム59巻』は通常460円。

でも、「U-NEXT」なら、無料トライアル登録時にもらえる600ポイントを使って1冊無料で読むことができます!

「登録が面倒」と思うかもしれませんが、実際に登録にかかった時間はたったの2分でした。

本屋さんに行ったりネットショップで買うよりずっと早く読めますよね?

キャンペーンは今月までの「期間限定」かもしれないので、ぜひこのチャンスを活かして『キングダム59巻』を1冊通して楽しんでください!

キングダムを無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ読む

大人気の『キングダム』のアニメはもう観ましたか?

U-NEXTなら、漫画に加えてなんとアニメも見放題なんです!

トライアル期間中、『キングダム』1〜81話(第3シーズン途中)がすべて無料で観ることができます。

見始めたら止まらないぐらい面白いので、ぜひ一度は観てもらいたいです!

他にも18万本以上のアニメ・映画・ドラマが見放題で楽しめるので、お家で充実した時間を過ごしたければ必見。

2分程度の登録で漫画もアニメも無料で楽しめます!

解約はいつでもできるので安心です。

キングダムを無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ観る

『キングダム』最新話656話の感想・あらすじ(ネタバレ)

主攻!蒙武と騰の役割

激闘を繰り広げていた蒙武・満羽軍の間に、乱美迫の軍が割って入る。

拮抗していた戦況は乱美迫の大暴れによって、一気に秦軍の優勢へと傾きはじめた。

乱美迫と同様に鉄仮面をかぶった副将・魚燕(ぎょえん)が、蒙武に対し大声で呉鳳明の策を伝える

魚燕「貴様らが『主攻』だ。分かったらここは任せてさっさと楚軍本陣を落としに行けェ」

その上から目線の物言いにイラつく蒙武。

蒙武「やかましい、他力を頼りとしてわめくな」

しかしここから蒙武の突進が始まる!

蒙武「だが通りやすくなったら突破するだけだ!行くぞ!」

蒙武兵「ハハッ」

ここで呉鳳明の新たな戦術の全貌がはっきりとした。

  • 蒙武軍と騰軍が魏・秦同盟軍の『主攻』として、寿胡王のいる楚軍本陣を落とす
  • 呉鳳明を中心とした魏軍は『助攻』となり、『主攻』のサポート役に徹すると同時に、楚軍の猛攻を受け切る

ついに対峙する、蒙武と満羽

乱美迫軍の介入により一気に前進しはじめた、蒙武・騰両軍。

特に同じ戦場で乱美迫が活躍している蒙武軍は、満羽軍を引き剥がし一気に楚軍本陣へなだれ込もうとしている。

しかしその前方に、人馬が真っ二つになり飛び交う惨状が突如現れた!

満羽だ!

満羽「どうした蒙武。お前の相手は俺だぞ」

蒙武の眼がいっそう鋭くなった。

蒙武「来輝、お前達は先に行け」

来輝とは、蒙武と共に数々の修羅場をくぐってきた副官である。

その来輝の表情は、最強の主に向けられたものとは思えないほど不安に満ちている。

来輝「蒙武様!」

蒙武「すぐに行く」

来輝は蒙武と50騎をその場に残し、楚本陣に向かう。

一方、敵に対していつもなら真っ先に突進していく満羽であったが、部下へ先に蒙武へ当たるよう命じる。

満羽「もう少し見たい。珍しいことに蒙武に興味があるようだ」

自らの心境を語っているのに、まるで第三者のような口ぶりだ。

恐らく蒙武に魅かれるモノがある、が、それが何なのか分からないのだろう。

満羽はただ殺戮がしたいだけの、戦バカではないようだ。

録嗚未は無事!魏軍本陣に向かいはじめた千斗雲

その頃、別の戦場では千斗雲と録嗚未が一騎打ちを繰り広げていたが、すでに録嗚未はかなりの手傷を負っていた。

千斗雲「ははは、しぶといなお前ー」

やはり一騎打ちでは録嗚未は千斗雲に到底及ばない。

危うし、録嗚未!

ところがその時、来輝率いる蒙武軍と騰軍が寿胡王のいる本陣へ向かっているという一報が入る。

部下が本陣の守りを進言するが、千斗雲はやはり戦バカ。

千斗雲「はァ~~~?そんなつまらないことやってられるかよ」

部下「えっ!?」

千斗雲「よく見たら目の前に面白い奴がいるじゃんかよー」

その視線の先には魏軍本陣の呉鳳明が映っている!

千斗雲「イヒヒヒ」

不敵な笑みを浮かべると、千斗雲軍は呉鳳明めがけて突進しはじめた!

千斗雲は相手が録嗚未だけとなり、物足りなく感じたのだろう。

本来なら自軍本陣へ向かい敵襲に備えるところだろうが、戦バカの本能は、より刺激的な相手である敵本陣の呉鳳明を選んだのだ。

戦は守っているだけだは勝てない、本能的に千斗雲は勝利へ向う最善の策をとったのだろう。

 

窮地に陥っていた録嗚未軍だったが、離れていく千斗雲軍を見ながら兵たちは口々に、

録嗚未兵A「もし千斗雲という男がこのまま呉鳳明を討ち取るなら、それはそれで・・・」

録嗚未兵B「ああ、たしかに」

同盟軍とはいえ、仇敵同士。

致し方ない意見だったが、録嗚未は許さない!

録嗚未「下衆なことをほざくな!」

部下の兵を殴りつけた!

録嗚未「魏はクロヤロォだが、今は友軍だ!友軍は命がけで守る」

男気溢れる録嗚未の命令で、録嗚未軍は千斗雲を追い魏軍本陣へと向かい始めた。

 

ここで一旦戦場全体の状況をまとめておく。

  • 蒙武軍(蒙武は除く)と騰軍は楚軍本陣(寿胡王)へと向かっている
  • 蒙武は満羽と対峙中
  • 項翼軍は半分残った乱美迫軍に手間取り、騰軍を追えずにいる
  • 左翼魏軍の荀詠・龍范は玄右・白麗と交戦中(膠着状態)
  • 魏本陣へ千斗雲軍が向うも、録嗚未軍がこれを追う

中華最強!?蒙武をなぎ倒す什虎の主・満羽

その頃、満羽と戦うために残った蒙武は、精鋭部隊「迅樹」の中の精鋭中の精鋭である近衛兵団「迅戈(じんか)」をなぎ倒していた。

満羽兵A「バカな、近衛兵団「迅戈」が」

満羽兵B「何だあの男、蒙武とはこれ程に」

その武をいかんなく発揮しはじめた蒙武を眺める満羽。

満羽「なるほど」

先ほど蒙武に興味を感じたわけを理解しはじめる。

それは蒙武が最強をただ誇示する者ではなく、何かを背負って戦っているから魅かれたのだと。

満羽「だからお前は、お前より強い汗明に勝った」

彼は蒙武へ向かい始め、大矛を振りかざす!

満羽「そうだ蒙武、お前はかつての俺達に似ている」

満羽の大矛が蒙武の大錘と激しくぶつかり合う!

満羽「そう、“虚無”を悟る前の俺達にな」

なんと、あの蒙武が馬から叩き落とされた!!

あの蒙武が力と力の真っ向勝負で完敗したのである!!!

 

どちらが先に互いの本陣に届くかといった展開の中、ついに蒙武と満羽の一騎打ちがはじまった『キングダム』656話。

ひとまず録嗚未は無事だった、これは本当によかった。

それに引き換えと言ってはなんだが、今度は蒙武がピンチだ。

満羽のただならぬ強さは、その雰囲気でピリピリと伝わっていたのだが、これほどとは。

強さだけを誇示する汗明を、蒙武は何か背負っていたからこそ倒すことができた。

しかしその状態を満羽は以前の自分たちに似ているとし、「虚無」を悟った今、現在の蒙武を超越していると言っているようだ。

「虚無」とは何か?

道家思想を彷彿させるこの言葉は、かつての武神・龐煖を連想させるキーワードでもある。

そして前々回654話の冒頭で無数の骸を前に、呆然とする満羽の姿も思い出される。

次回以降、満羽vs蒙武の中華一武道会を見逃してはいけない!

漫画ではより緊迫感が味わえるので、もし買っていなければ今週のヤングジャンプを買って読もう!

では次回657話もお楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

654話 655話 656話 657話 658話