キングダム ネタバレ662話感想【活躍する楽華・玉鳳!飛信隊は絶不調、その理由とは?】

キングダム ネタバレ最新話662話感想【活躍する楽華・玉鳳!飛信隊は絶不調、その理由とは?】

前回661話では、什虎城攻略の立役者である呉鳳明と騰の舌戦が描かれた。

同盟を受け入れてくれた魏国へ礼を言う騰。

しかし、呉鳳明は趙三大天・李牧を倒せないと断言。

さらに同盟が明ける3年後には、自らが秦国を滅ぼすとさえ騰に告げた。

騰も3年後には趙国を取り、次は魏国を滅ぼすとやり返す。

一緒に戦い勝利した直後でも、なんとも仲が悪い。

一方、敗戦した満羽ら什虎3将は、媧燐の待つ楚都・郢に向かっていた。

彼らは守るべき全てを失い、以前にもまして「虚無」の状態となっている。

媧燐はこの3将と会い、どのように扱うのだろうか?

秦魏同盟の有効期限は3年間。

その間に秦国は必ず趙国を滅ぼさなければならない。

そして、舞台は什虎から対趙戦の最前線に布陣する、秦軍の下へ!

彼らは鉄壁の守りを展開する守備軍を突破し、趙都・邯鄲へ進むことができるだろうか?

『キングダム』662話のネタバレありの感想をお送りする。

什虎攻略・秦魏同盟締結後の各国の動き

昌平君の目論見通り、秦魏同盟を結んだ上で、重要拠点・什虎城を陥落させ魏国へ譲った。

この同盟をめぐる関係国の動きをまとめると、

・先の戦いで得た什虎周辺を磐石にすべく、韓へ侵攻。西への領土拡大を目指す。

・魏の韓侵攻は同盟期間中につき静観。

・対魏戦線に充てていた軍を北上させ、対趙戦線へ加えた。

・秦魏同盟の有効期限である3年間で、趙都・邯鄲攻略を目指す。

・秦魏同盟成立に対し北方戦線の大軍を南下させ、対秦軍に充てる。

 

これにより、秦・趙の前線は凄まじい激戦場と化していた。

躍進する楽華軍と玉鳳軍

一進一退の攻防が続く中でも、ひときわ攻勢を見せる軍が2つあった。

1つ目は楽華軍。

将軍となった蒙恬はかつてのように最前線で戦うのではなく、本陣から前線へ事細かに指示を送り、戦局を自在に操っていた。

元々蒙恬は文官希望の知将タイプ。

万の軍を後方から操ることで、その才能を更に開花させたようだ。

前線ではかつてからの副将・陸仙と、新たに蒙武軍から加入した愛閃が敵を蹴散らす。

特に愛閃は超武闘派の蒙将タイプで、今まで楽華隊に唯一不足していた圧倒的武力。

この新副将・愛閃の加入は、楽華を急激に進化させた。

そしてもう1つの軍は、玉鳳軍。

王賁も蒙恬同様、万の兵を指揮することに重点を置くことで、戦術の幅が広がり戦いの鋭さが増していた。

さらに玉鳳にも新戦力が加入。

先の鄴攻略戦において大将・亜光が倒れた後、異彩を放った曲者・亜花錦が加入したのだ。

亜花錦は知と武を兼ね備えた万能タイプで、副将・関常と共に玉鳳を更なる高みへと導く。

この2軍が前線を押し込み始めたため、趙軍は援軍を送り続けなければならない事態となっていた。

2軍の活躍の一方で、逆に前線を大きく押し込まれ、苦戦を強いられている軍が1つだけあった。

その軍は・・・なんと飛信隊であった。

なぜ?飛信隊、不振の理由とは

隊長・信、軍師・河了貂をはじめ、幹部たちが天幕に集合していた。

河了貂「苦戦の理由は分かっている・・・」

崇原「すまない」

信「言うな、崇原」

歩兵団長である崇原は、不振の原因が自分にあると詫びている。

信「やっぱそんだけ松左が抜けた穴はでかかったってことだ。」

鄴攻略戦で歩兵副団長の松左が戦死。

これにより戦いの主力である歩兵団の戦力が、著しく低下していたのだ。

松左といえばその武力もさることながら、物事を大きく捉え俯瞰で見ることができる、飛信隊では稀有な人材だった。

圧倒的武力が持ち前の崇原の至らない所を、人知れずカバーしてきたのだろう。

彼を失うことで、大きく歯車が狂ってしまったようだ。

信「歩兵団の力の底上げか・・・」

副将・渕さん「・・・となると若手達のさらなる成長ということに」

尾兵「いや、若手達は十分頑張ってるよ。これ以上求めるのはちょっと酷だと思う・・・」

崇原「尾平の言う通り。俺が不甲斐なさすぎる・・・。松左は俺が気づかぬところで色々仕事をしていたんだ」

飛信隊のすごい所は、軍隊というトップダウンの集団において、率直に意見を言い合える組織のまま、成長しているところだろう。

問題点や危機意識を幹部たちが共有し合い、個々に対策を考えている。

すごいチームだ。

ここで千人将・我呂が気になる事を言い出した。

我呂「だがうちの今の不振の原因は歩兵の他にもう1つあるだろ」

一同「もう1つ?」

我呂「羌瘣だ」

朱海平原での龐煖との死闘。

仮死状態だった信を死の淵から救い出した羌瘣は、以来寝てばっかりの状態だった。

出陣しても本陣から出ようとしない。

羌瘣隊は5千人の大部隊だ。

飛信隊不振の大きな要因となっていたのだ。

復活を期す羌瘣へ忍び寄る影

信は羌瘣がいる天幕へ、ひとり向かう

信はすぐそばに座り、羌瘣の手を握っていた。

ふと目を覚ます羌瘣。

羌瘣「何してる」

信「・・・様子見」

信はあの時のことを、今でも気に掛けている。

龐煖と戦った後、意識を失い目覚めるまでの間に何があったのか?

自分のせいで今、羌瘣がこんなふうになってしまったのではないのか?

しかし羌瘣は素直に現状を話した。

  • 信救出の際、禁術を使った。
  • その時、気の流れとかを伝える大事な線みたいなものが、何本も切れた。
  • 現在、深い瞑想を行うことで、それらをつなぎ直している。
  • その作業はもうすぐ終わる。

信「それで前みたいに戻るのか?」

羌瘣「どうかな」

信「羌瘣!」

羌瘣「冗談だ。戻るよ。ちゃんと・・・戻ってみせる」

この時の羌瘣は目をつぶりながら、少し語気を弱め、無理やり言葉を発したように見えた。

信「羌瘣、やっぱりお前・・・」

その表情から、信も察したモノがあるようだ。

ここで敵が動いたと部下が呼びに来た。

自分も行こうとする羌瘣に寝ておくよう言葉を残し、信は本陣へと戻って行く。

天幕で再び眠りにつく羌瘣。

深い水の中をゆっくり沈んで行くように、深く深く瞑想を落とす。

羌瘣「緑穂(りょくすい)が見えるようになった。よし・・・もう少しだ。本当にもう少し・・・」

暗い水の中、ふと横を見る羌瘣の目に映ったもの。

それは、意識の下をさまよう羌瘣の心に浮かび上がる、不気味な異形の影だった。

あまりの恐ろしさに跳びあがり目を覚ます羌瘣!

羌瘣「な・・・何だ・・・今のは・・・」

不吉な未来を暗示しているのだろうか?

 

舞台は対趙戦線に戻り、久しぶりに飛信隊の様子が描かれた『キングダム』662話。

将軍となり凄みを増す、楽華・蒙恬と玉鳳・王賁。

うってかわって、不振が続く飛信隊。

先の大戦で主要メンバーの戦死に加えて、羌瘣の不調。

信を救ったあの時、羌瘣は禁術を使った。

その代償は寿命が短くなることと、蚩尤族の術は使えないか弱くなるかもしれない、とあの世の象姉は言っていた。

その言葉を覚えているなら、以前のような活躍はもうできないと羌瘣は分かっている。

そして覚えている人は少ないかも知れないが、その時象姉は「いいことが2つある」とも言っており、それはまだ描かれていない。

この先の羌瘣には注目だ。

そして瞑想の中で羌瘣が見た、あの不気味な影は何を暗示しているのだろうか?

とはいえ、久しぶりに彼女が描かれたことに喜んでいるのは、私だけではないはず!

漫画ではより臨場感が味わえるので、もし買っていなければ今週のヤングジャンプを買って読もう!

では次回663話もお楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

660話 661話 662話 663話 664話

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。