キングダム ネタバレ665話感想【飛信隊、我慢の限界!羌礼がやって来た本当の目的が明らかに!】

前回664話では、羌瘣を訪ねてきた羌礼が、最強の戦士・蚩尤となっていたことが判明した!

その戦う形相は武神・龐煖と対した羌瘣そっくり。

だが違いがある。

羌礼は楽しむかのように殺戮を繰り返すのだ。

加えて軍隊としての規律を、全く無視して行動。

彼女は一体何のために飛信隊へ来たのか?

さらに、前話で気になる一言が・・・

敵兵の中、狂舞する羌礼は羌識の名を口にした。

まるで羌識を自らの中に取り込んで、一体化したような発言だった。

これは何を意味するのか?

今話も引き続き、謎多き来訪者・羌礼から目が離せない。

『キングダム』665話のネタバレありの感想をお送りする。

羌瘣が信と河了貂に話したこととは?

前話で羌礼を自分の天幕で待っているよう伝えた後、羌瘣は信と河了貂に何が起こっているのかを話した。

その際、2人に彼女の族内で“祭”というしきたりがあり、生き残った1人だけが蚩尤となる、そのことを確認したあと、

  • 6年前、羌象の仇・幽連は、当時の蚩尤だった
  • 羌瘣はその幽連を討ったが、幽連は死んでいないことにした
  • なぜなら幽連が死んだことが村に伝わると、再び“祭”が行われ、悲劇がくり返されるから
  • しかしどうやら幽連の死が伝わってしまい、“祭”が行われたようだ
  • そして羌礼が勝ち残り、現“蚩尤”となって現れた

このことを伝え、羌瘣は核心に触れる。

羌瘣「礼がここへ来た目的はきっと・・・」

羌礼という不協和音

一方、戦場では羌礼が血走った形相で、趙兵たちを切り刻んでいた。

そのあまりの強さに戦意を失った者、投降する者もいたが、羌礼は一切気に掛けることもなく殺戮を続けた。

その光景はもはや戦場ではなく、処刑場と化している。

干斗「あいつはただ・・・人を殺したいだけのイカレヤローだ・・・」

歩兵である尾平隊の隊員たちは、この残虐な行為をただ眺めるだけだった。

ところが、尾平と共に最古参の昴(こう)は、羌礼の姿に残酷以外のモノを感じているようだ。

昴「・・・・・・」

入隊したてだった頃の昴は、足手まといでしかなかった少年兵だった。

しかし今ではやさしい心根はそのままで、いろいろなコトに気がつく戦士になったようだ。

結果として、羌礼の活躍で飛信隊は大勝利した。

その夜のこと。

大勝利を祝う宴の中、歩兵団たちは全然盛り上がっていない。

制御不能となった羌礼の戦い方が、どうしても許せないからだ。

武器を捨てた相手まで、薄ら笑いを浮かべながら皆殺しにする。

そんな羌礼の戦い方が。

干斗「俺はすぐに追い出すべきだと思います。羌礼を」

干斗は先の大戦で戦死した副団長・松左から、その槍を受け継いだ熱き男だ。

ただ、最強の助っ人を惜しむ声もある。

しかし干斗は続けた。

干斗「あいつはいつか絶対飛信隊をぶっ壊してしまう。あんな奴飛信隊にいちゃいけねェんだ、絶対に!」

歩兵団長・崇原は沈黙したまま聴き入っていた。

その頃、宴から離れた森の中で、羌礼は1人、嘔吐していた。

羌礼「オゲ、オゲッ」

心と体のバランスがおかしいようだ。

そこへ昴が1人で現れる。

やさしい昂はみんなと一緒に居ないかと誘うが、羌礼にはそんな言葉届かない。

羌礼「・・・クッ、なめた口ききやがって、ザコが」

昂が叫べないよう口に手を押し付け、木に叩きつけた!

羌礼「何も分かってねークソ共見てると、本当に皆殺しにしたくなるぜ、てか殺す」

そう言うと昂の首に剣の先を突きたてた。

昂「んんっ」

昂の目に涙が浮かぶ。

羌礼「へらへらしてんじゃねェよ。勘違いの世界の中でお前ら何戦った気になってんだ」

そこへ仲間たちが昂を探しに来た。

羌礼「まだ早いか・・・、命拾いしたな、ザコ」

そう言うと羌礼は手を離し、森の中へ去っていった。

ついに衝突!羌礼vs飛信隊

その後連日、羌礼の圧倒的な武力によって飛信隊は連戦連勝。

押し込まれていた戦線も、元の位置まで取り戻した。

しかし羌礼の暴走は日に日に悪化の一途をたどる。

そしてついに、我慢の限界がきたのだった!

歩兵団長・崇原が隊長・信に詰め寄る。

信「あいつのことは羌瘣に任せるって約束だ」

崇原「じゃあその羌瘣は一体何をしている!」

今回の一件について、信は最初からずっと様子を見ているだけで自ら関わろうとはしない。

まるで隊員の成長を信じ、見守ると決めたような態度だ。

羌礼の真の目的、それは羌瘣!

もう待てなくなった崇原は羌礼の元へ行き、飛信隊から出て行くよう告げる。

羌礼「瘣姉は?」

崇原「居ない、さっさと失せろ!羌礼!」

羌礼「チッ、じゃー黙ってろよ。お前ら全員殺るぞ、マジで」

沛浪、我呂、竜有、尾平、昴・・・、取り囲んでいた20名ほどの戦士たちに緊張が走る。

崇原「こっちも相応の覚悟でいっている!歯向かうなら容赦なく、お前を斬る!」

ついに事態は、来るところまで来てしまった。

羌礼「・・・言っとくが、私に矢は当たんねーぞ」

離れた木陰から羌礼を狙っていた、弓矢兄弟・仁と淡は最初から見抜かれていた。

はっきり言って、役者が違う。

全員でかかれば、どうにかなるといった相手ではない。

このままでは全滅だろう。

羌礼「今ならまだ、みんなで土下座すりゃ、許してやるぜ?」

崇原「羌礼!」

全員一斉に飛びかかった!!

羌礼「バカ共が」

愛剣・白鳳に手をかける羌礼。

次の瞬間、羌礼の眼前に羌瘣が割って入る!

羌瘣「待て、礼」

羌礼ですら、羌瘣の動きを察知できていなかったようだ。

飛信隊・一同「き、羌瘣!」

羌瘣「隊に手を出すな、お前の狙いは、私だろうが」

羌礼「クク、気づいていたか。そうだよ、私はお前を殺しに来たんだよ、羌瘣」

一体どういうことなのか?

すでに羌礼の眼は血走りはじめている。

 

羌礼が飛信隊に現れた真の目的、それは羌瘣を殺すことだったと明かされた『キングダム』665話。

現・蚩尤である羌礼が、羌瘣を狙う理由はいくつか考えられる。

  1. “祭”は勝者である蚩尤以外、全員死ぬ運命だが、羌瘣はまだ生きているから
  2. 蚩尤以外、外界へ出られない掟を破った裏切り者だから
  3. 前・蚩尤である幽連を殺したから
  4. 新たな“祭”のために、姉妹同然の羌識を殺さなければならなかったから

4つ目は羌礼にとって個人的な恨みである。

しかしかつて幽連が語っていたことから、完璧な蚩尤となる条件でもあるようだ。

加えて、一族から2名ずつ“祭”へ送り込まれることも関係している。

現世へのしがらみや感情からの遮断を目的とする“祭”では、理想の終わり方がある。

それは一族の2名が最後まで生き残り、家族同然の相手を殺めることで本物の蚩尤にたどり着けるというのだ。

その代償としてだろうか?

幽連の精神は崩壊していた。

前話で羌礼が口にした言葉。

「ああ、識、そうだよ。人の闇の頂に立つ、蚩尤だ」

羌礼もまた最後に最愛の者を殺すという、幽連と同じ経験を経たのではないだろうか?

そして彼女の精神も崩壊寸前にあるように思える。

羌瘣はすべてを知って羌礼の前に現れたのなら、どう対処するのだろうか?

次回、必見!えっ年末年始・・・。

次回は新年1月7日(号泣)

皆様、よいお年をお迎え下さいませ!

 

漫画ではより緊張感が味わえるので、もし買っていなければ今週のヤングジャンプを買って読もう!

では次回666話もお楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

663話 664話 665話 666話 667話

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。