キングダム ネタバレ668話感想【語られる“祭”の真実。羌識の裏切りとは?】

前回667話では、ついに羌瘣と羌礼の決闘が始まった。

羌瘣は深い闇に落ちつつある羌礼を救いたい。

そのためにあえて、羌礼に羌識の最期を思い出させようとする。

しかしそれは彼女にとっての逆鱗。

さらに逆上し襲い掛かる羌礼。

そして2人は奥義である“巫舞”を出し合い、決着をつける体勢に入った。

はたして羌瘣は彼女が心底憎んでいる“祭”という悪夢から、羌礼を救い出すことができるのだろうか?

『キングダム』668話のネタバレありの感想をお送りする。

キングダムファンのあなたへ

『キングダム』の最新刊60巻はもう読みましたか?

見どころは次の3つです!

  • 呂不韋の最期!
  • 昌平君の新たな策、秦魏同盟とは?
  • 圧倒的な強さ!什虎カルテットとは何者?

集中して漫画を楽しむには単行本がうってつけです。

『キングダム60巻』は通常460円。

でも、「U-NEXT」なら、無料トライアル登録時にもらえる600ポイントを使って1冊無料で読むことができます!

「登録が面倒」と思うかもしれませんが、実際に登録にかかった時間はたったの2分でした。

本屋さんに行ったりネットショップで買うよりずっと早く読めますよね?

キャンペーンは今月までの「期間限定」かもしれないので、ぜひこのチャンスを活かして『キングダム60巻』を1冊通して楽しんでください!

キングダムを無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ読む

大人気の『キングダム』のアニメはもう観ましたか?

U-NEXTなら、漫画に加えてなんとアニメも見放題なんです!

トライアル期間中、『キングダム』1〜81話(第3シーズン途中)がすべて無料で観ることができます。

見始めたら止まらないぐらい面白いので、ぜひ一度は観てもらいたいです!

他にも18万本以上のアニメ・映画・ドラマが見放題で楽しめるので、お家で充実した時間を過ごしたければ必見。

2分程度の登録で漫画もアニメも無料で楽しめます!

解約はいつでもできるので安心です。

キングダムを無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ観る

『キングダム』668話の感想・あらすじ(ネタバレ)

激突する“巫舞”、羌礼・霞の術が羌瘣を襲う!

羌瘣・羌礼「トーン・タンタン・トーン・タンタン・・・・・・」

2人とも羌族特有の呼吸法から、意識をどんどん深いところへ落して行く。

次の瞬間、重力無視の超絶乱舞がはじまる!

2人の愛刀、緑穂と白鳳が激しくぶつかり合う。

羌瘣の剣を受ける羌礼が、地面に叩きつけられた!

好機とばかりに追撃を放つ羌瘣。

しかし真後ろから剣の気配が!

必死に受け止め難を回避した羌瘣。

羌礼「上手いもんだろ“霞の術”。だが識はもっと上手かった」

ついに羌識のことを語りはじめた。

羌礼「つまり・・・私が識だったら今のでお前は死んでいるんだよ、瘣姉(かいねえ)」

“霞の術”は元々羌瘣が識に教え、その後、識が礼に教えた技。

羌礼「なのに識が死んで、なぜお前が外で息をしている・・・」

羌瘣「確かに識は天才だった」

どうやら識と礼では、識の方が才能もあり強かったようだ。

しかし羌瘣も天才、まだまだこんなもんじゃない。

羌瘣「本気で倒したいのならもっと深いところまで来い、礼」

深いところへ誘い続ける羌瘣。

しかしこの言葉は再び羌礼を逆上させた。

羌礼「ぬかせよ、貴様・・・、“祭”をくぐってない女がァ」

さらに突進していく羌礼。

2人の“巫舞”はお互いを切り合い、血しぶき舞い散る壮絶な戦いとなっていく。

全力で戦うも未だ羌瘣を討てない。

羌礼「もっとだ、もっと深いところへ行くぞ、白鳳。私達はもっと深いところに・・・あの時・・・」

羌礼の顔面がさらに血走っていく。

さらに呼吸を落して行く中で、羌礼はあの日“祭”で起こったことを思い出しはじめていた。

河了貂「!、れっ礼の動きがっ・・・」

明らかに一段ギアが上がり、羌瘣を追い込んで行く。

さすがの羌瘣も受け止めるのがやっとのようだ。

もともと羌瘣は礼に、致命の一撃を加えるつもりなどない。

深い領域へと誘い込み識を思い出させることで、救い出す作戦なのだから。

羌礼「あれはまさに狂宴だった」

深い域へ入り、半ば無意識のようにあの“祭”を語りはじめた羌礼。

あの“祭”で起こったこととは?

あの“祭”で今まで一番深いところまで行った礼。

周りのライバルを次々倒していった。

羌瘣「・・・識もその深さにいたのか?」

さらに識を思い出させる。

羌礼「・・・識が?その深さにいたかだと!?当然だろうが!識は天才だった」」

半分無意識のせいだろうか。

正気なら絶対触れなかった本音の部分を語り出した礼。

羌礼「私より強くて、かしこくて、やさしくて、“祭”を勝ち残るのに一番ふさわしいやつだった」

信・河了貂をはじめ、ようやく現場にやってきた飛信隊のメンバー達も、この言葉を聴くこととなった。

なおも識のことを聞き続ける羌瘣。

羌瘣「・・・じゃあ何でその識が死んだ!?」

羌礼「・・・・・・」

礼の動きがピタリと止まる。

羌礼「識が裏切ったからだ」

意外な言葉に羌瘣はもとより、信・河了貂も驚きを隠せない。

それは“祭”において、2人で何か決め事をして挑んだということではないようだ。

2人は正々堂々と“祭”に挑んだ。

ずっと識がそうしようと言っていたから、礼はそうしたのだ。

“祭”が行なわれると知った時、識は礼にこう告げた。

羌識「私は絶対に死にたくない。“祭”で躊躇なくお前の首を飛ばすからそのつもりでいろ、礼」

そう語る識の目が恐ろしく真剣で、冷たさすら感じる。

羌識「生き残るのは、私だ」

礼は初めてそんな目をした識を見た。

羌礼「私はバカだから思ったんだ。ああ、いよいよ祭が始まるんだなーって」

話しながら、彼女はカタカタと震え出していた。

羌瘣「それで、祭はどうなった・・・?」

最後まで生き残っていた羌礼と羌識

あの日の“祭”が始まった。

開始前並んだ時、羌識だけが頭1つ抜き出ていただけで、各族の代表者たちはほとんど実力差がなかった。

全員が強く、羌礼は必死に戦った。

何度も呼吸が尽き、肺が裂け、血を吹いて、それでも巫舞をし、骨も砕けて、それでもまた巫舞をして・・・。

みんなそうしていた。

そして気が付けば、ひとり生き残っていた。

何もかも使い果たし後ろへ倒れたかかった時、誰かと背中合わせになった。

もうひとり、生き残りがいたのだ。

すぐにわかった。

同じようにボロボロになった識だと。

計らずも同族のふたりが生き残るという、“本物の蚩尤”が生まれる条件が揃ってしまった。

羌識の裏切り

羌礼「あの時・・・・・・、私は・・・何か言おうとしたのに・・・・・・」

大きな瞳に涙が込み上げてきた。

羌礼「識が考えるヒマをくれなかった・・・背中から凄まじい殺気が・・・」

反射的にふたりは、最後の一撃を放つ。

羌礼「私の方が遅かった」

礼の目から涙が溢れ出す。

礼は突きを放ち、識は薙(なぎ)を振るった。

速かったはずの薙が礼の首元でピタリと止まり、彼女の突きが識の心臓を貫いた。

こんなはずじゃなかった。

あの時何かひとこと、言葉を交わしたかったろうに。

礼は『裏切り』としか、表現できなかったのだろう。

 

あまりにも残酷でせつない“祭”の真実が語られた『キングダム』668話。

「一切躊躇しないと約束したのに、識は裏切った」

そう捉えるしかなかった羌礼。

しかし、識ははじめから礼を殺す気などなかったのではないだろうか。

この気持ち、羌瘣には痛いほどわかるはず。

羌瘣は象姉(しょうねえ)に殺されるつもりだったのだから。

きっと羌瘣が羌礼を救ってくれるはず!

次回乞うご期待!何っ!次号休載!

669話は2/10(泣)

漫画ではより緊迫感が味わえるので、もし買っていなければ今週のヤングジャンプを買って読もう!

では次回669話もお楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

666話 667話 668話 669話 670話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です