キングダム ネタバレ672話感想【注目の六人目は空席!六将制復活の真意とは?】

前回671話では、秦王・嬴政により新六大将軍のうち、5人までが発表された。

今話の大注目ポイント。

それは、六将最後の一人は誰なのか?

また、中華統一へ向け新たなステージへ入ったことを意味する今回の発表は、秦国内だけでなく、中華全土が注目する一大イベントだ。

なぜこのタイミングで、嬴政は六将制度を復活させたのだろか?

若き秦王の胸の内も気になるところだ。

『キングダム』672話のネタバレありの感想をお送りする。

一同驚愕、六人目は空席!

嬴政「そして、最後の六人目は・・・」

張り詰める緊張感の中、秦王・嬴政の声が響き渡る。

嬴政「“空席”とする!

一同「空席!?」

その場に居合わせた文官たちは、秦王の意外な言葉にざわつきだす。

選ばれた五将たちは沈黙を守っていたが、さすがにその内の一人が口を開いた。

楊端和「該当する者がいないと?」

嬴政「・・・・・・その通りだ」

六将の絶対条件として、まず“戦の強さ”が挙げられるが、現時点で先に選ばれた五将に肩を並べる者がいない、と嬴政は続ける。

桓騎「だったら五将でいいんじゃねェのか?」

もっともな意見だ。

しかし、嬴政は自らの祖父・昭王が作った六将が、今こそ必要だと断言する。

その理由は、

  • 旧六大将軍は個々がバラバラに戦っていたようで、互いに支え合うような働きをしていた
  • この相乗効果が彼らをなおさら強くさせた
  • 六将がそろっていた期間が圧倒的に強く、領土を急速に広げることができた

この回答にまたもや桓騎が茶々を入れる。

桓騎「それじゃケチらず七将・八将にすればよくねーか?なァ王翦」

この桓騎の態度にしびれを切らせた昌文君がちょっとキレる。

昌文君「桓騎、貴様先程から無礼であるぞ」

他の文官たちも彼をにらみつけている。

ここで王翦が冷静に答えた。

王翦「いや、上が多くなれば下が足りず取り合いとなる。そうなると肝心の俊敏さが失われる」

つまり王翦はトップを6人にすることが、秦軍にとってベストバランスだと言っている。

この的を得た返答に騰・楊端和は眼を見開き、彼に視線を送る

一方桓騎は前を眺めたまま、「わかってるよ」とでも言いたげだ。

六将制復活、それは中華統一宣言!

そして軍総司令・昌平君が王翦の言葉を補足する。

昌平君「その通り。速さこそ六将制度の最大の武器だ!

これからは6国同時に相手しなければならない秦にとって

  • 敵国は人海戦術をとってでも攻められた傷口を埋めに来る
  • その治癒が早いか、侵攻が早いかの戦いとなる
  • 判断と行動の速さが、最速で戦を展開していくために必要不可欠となる
  • つまり六将の“戦争の自由”による『速さ』と『鋭さ』こそが、中華統一のカギとなる

ここで秦王・嬴政は今このタイミングで六将制を復活させた理由を、ここにいる全員に言い放つ!

嬴政「六将制度をもって六国を滅ぼす。これは秦国が中華統一への最終的な舵を切ったことを六国に宣言するものでもある!

王のこの言葉に場内にいた文官たちは雄たけびを上げ、感情をあらわにした。

選ばれし5人は一枚岩にあらず

ところが、この高揚が頂点に達する雰囲気の中、昌文君が水を差すかのように五将を戒める。

昌文君「戦争の自由が許されるからと言って、何をしてもいいということでは決してない!敵国の民であろうと一般人の虐殺・暴虐は一切禁ずる!

昌文君は明らかに桓騎に向かって発言している。

桓騎「何俺見て言ってんだよ、丞相」

次は王翦に向かって話し出した。

昌文君「まして反乱などは決してあってはならぬ、よいな

桓騎「ククク、だってよ王翦」

王翦は微動だにしない。

この重い雰囲気の中、騰が割って入る。

騰「ご安心を。そのような者が出れば、残りの将で必ずそ奴を抹殺します」

さらにもう一人呼応。

楊端和「当然だ」

目を見開き、微動だにしない王翦。

桓騎「へーーー」

王翦の態度は謎そのものだが、明らかに騰・楊端和と桓騎の間には溝がある。

この雰囲気を察してか、嬴政が五将たちに率直な言葉を投げかける。

嬴政「その発言に感謝する、騰将軍・・・」

かつての六大将軍は、時の王・昭王に対して絶対的な忠誠心があった。

それはかつての王騎を見ても明らかだ。

その上で、そのような忠誠心が今の五将全員にあるとは思っていない、と語りかける。

率直すぎて恐ろしいぐらいだ。

嬴政「だが、俺はそなた達が揺らぐことなく戦ってくれると信じている」

王自ら、将に歩み寄るかたちで心を開く。

さらに続ける。

嬴政「そして時を置かずして、六人目の大将軍が誕生し、そなた達を助けるとも信じている

騰「ココココ」

楊端和「・・・・・・」

二人とも、どことなく嬉しそうだ。

嬴政「昌文君、あれを」

昌文君「ハハ」

そういうと人の上半身弱ぐらいはあろうかという木箱が、運び込まれてきた。

黄金の翼に込められた秦王の思い

嬴政が言うには太古の昔、秦国の祖を産んだ女性は、一羽の玄鳥(ツバメ)が産み落とした卵を飲み身籠ったらしい。

その逸話から玄鳥を天の使いとして黄金の像を造らせ、祀らせた。

そしてこの玄鳥の像は6つの翼があり、その翼を首飾りとして六将にそれぞれ預けるというのだ。

これから国を滅ぼすという業を、彼らに背負わせることになる。

それは誰より苦痛を伴いながら戦わなければならない大業だ。

嬴政「だが、一人も欠けることなく六国制覇を成し、その黄金の羽と供に帰還せよ。よいな!

勇ましい檄ではあるが、ひとりひとりの無事を望んだ優しい言葉を嬴政は六将に捧げるのだった。

 

6人目は空席とし、改めて六将制復活が中華統一への始まりと宣言した 『キングダム』672話。

今話のポイントは2つ。

ひとつ目は6人目を空席とした理由だが、これは単純に選ばれた五将との差が大きかったからだろう。

嬴政自身は李信をいれることを望んではいるのだろうが、李信・王賁・蒙恬とも決定打に欠けたのだろう。

今の秦国には3人を競わせるためといった余裕は全くないと感じた。

該当者がいれば、間髪入れず六大将軍に入れるはずだ。

ただ若き3人が6人目の六将最有力候補であることは間違いない。

ふたつ目は六将の強みで、これは速さとバランス。

意思決定システムが六将という一人の天才に委ねられるのだから、断然速い。

そして六人いることが、支え合う上でバランス面の最適解だ。

この意味においては六人目誕生の瞬間が、中華統一を巡る戦局のカギとなるのではないか。

兎にも角にも、六大将軍復活の報を聞いた列国の反応が、次回から描かれていくだろう。

物語はいよいよ中華統一へ向けた、熾烈な戦いへと進んでいく。

 

六将に選ばれた5人の大将軍たちの微妙な距離感や嬴政の堂々たる王の威厳。これはヤングジャンプ本誌でないと伝わらない!

もし買っていなければ今週のヤングジャンプを買って読もう!

では次回673話もお楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

670話 671話 672話 673話 674話

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。