キングダム ネタバレ673話感想【六将復活に戸惑う列国!一方、信と羌瘣の仲は…じれったい!】

前回672話では、秦王・嬴政が六大将軍復活のわけを、中華統一のためであると高らかに宣言した。

ただし注目の六人目は空席のまま。

“戦争の自由”を与えられた5人は、今後どのような行動にでるのだろうか?

六将制の復活に、列国も黙ってはいるまい。

特に現在交戦中の趙は、防衛線の立て直しが急務だろう。

魏は同盟中で少なくとも2年は猶予がある。

そして大国・楚は、まだまだ秦と張り合える国力が残っている。

一筋縄ではいかないこれらの国々を、どうやって滅ぼしていくのか?

いよいよ今話から中華統一へ向けたストーリーが展開されていく!

『キングダム』673話のネタバレありの感想をお送りする。

六将の復活!魏・韓・斉・燕の反応

秦国“六大将軍復活”の報は、瞬く間に中華全土へと広まっていった。

今話では秦と敵対する6国の王と首脳陣が描かれている。

魏の反応。什虎から西へ進み韓を削る!

魏都・大梁(たいりょう)にて。

魏王・景湣王(けいびんおう)を中心に軍師・玻璃(はり)、宰相・月華広(げっかこう)、そして大将軍・呉鳳明が軍議を開いていた。

魏は先の什虎の戦いの際に、秦国宰相・昌平君が提案してきた同盟を受け入れており、あと2年半は戦いを回避できる。

そのおかげか、王を含めた側近たちもやや緊張感が薄いようだ。

呉鳳明「私は再び什虎に入る。3万持っていくぞ、玻璃」

呉鳳明はかねてからの計画通り、什虎から西へ進み韓を削る気だ。

そして楚の領土を得るため南進する思惑がある。

韓の反応。楚を味方につけ対抗することで一致

韓都・新鄭(しんてい)にて。

韓王は王安王(おうあんおう)。

張(ちょう)宰相を中心に将軍・張印(ちょういん)、将軍・洛亜完(らくあかん)らが集う。

文官たちは六将復活に大混乱しているが、王ら首脳陣は楚を味方につけ対抗することで一致。

元々6国の中で最弱国だった韓は、合従軍戦で大将軍・成恢を失っており、いっそう弱体化が進んでいると思われる。

加えて魏の侵攻が予想され、極めて厳しい舵取りが求められる。

ただ今回将軍・洛亜完の副将でヨコヨコという大男が描かれており、戦場での武勇に期待できそうだ。

斉の反応。秦王を見守る王建王

斉都・臨淄(りんし)にて。

斉王・王建王(おうけんおう)の下、側近たちが列国の情報を騒がしく噂している。

しかし斉は、かつて王建王が自ら秦王・嬴政と会い、中華統一の真意を理解しあった間柄。

その際秦斉同盟を結んでおり、実質、斉はすでに敵国ではない。

王建王「中華の熱が上がっていくな、秦王よ」

王建王以外、主だった人物が描かれていないことから、今後も斉は秦と戦うことがないと思われる。

燕の反応。大将軍・オルドの招集

斉都・薊(けい)にて。

こちらも斉王・今王喜(こんおうき)を中心に家臣たちが六将について大騒ぎ。

ただ燕は秦と敵対する国の中で、唯一国境を接していないという利点がある。

緊迫感の中でも、他国の動向を見てから対処できることが大きなアドバンテージ。

そして燕王は北部に展開している大将軍・オルドの招集を指示。

さらに幼少期、人質先の趙で嬴政と親しかった太子丹(たん)を呼び、秦王との縁から打開策を探る。

 

秦国六大将軍復活の知らせに、各国首都の民たちも大騒ぎのようすだ。

楚宰相・媧燐の読み。最初に狙う国は趙

一方大国・楚の首都・郢(えい)にも六将復活の報が知らされる。

こちらはキーパーソンの宰相・媧燐と、同じく宰相・李園が描かれるも、楚王・幽王は登場していない。

李園「六将の利点は分かるが、人を信用しない私としては危険な制度だと思うが」

媧燐「ああ、六将はまさに“諸刃の剣”だ。“自由”は強くもするが、しっかり手綱をしめとかねェと下手すりゃ内から崩壊する」

さすがに媧燐は、六将制の長・短所を的確に把握している。

その上で秦が最初に狙う国は“趙”と断言する。

媧燐「秦め、マジで滅ぼすか、滅ぼされるかの戦いを始めるつもりだな」

青歌に潜む李牧、前線を憂う

六将復活で最も大騒ぎし、動揺が広まったのが趙の首都・邯鄲である。

李牧がいない趙を仕切っているのは、宰相・郭開(かくかい)。

しかし欲にまみれた奸臣にすぎない郭開では、秦軍を撃破できる策など思い浮かぶはずもない。

郭開「とっ、とにかく・・・武城と平陽を・・・」

将軍・公孫龍が不安な表情を浮かべ、その様子を見つめる。

 

そして李牧が身を寄せる北東の都市・青歌。

カイネ「李牧様、ここでしたか」

六将復活を聞きつけたカイネが、邯鄲の騒ぎを知らせに来た。

李牧「いよいよ始まりますよ、カイネ。中華統一の“是・非”を問う戦いが

3年前、李牧は秦王・嬴政と直接話すために、咸陽を訪れていた。

そこで李牧が上奏したことは、“中華統一を諦めて頂きたい”だった。

舌戦を交わした2人の行き着く先は、中華統一の“是か非か”

ついにその局面が訪れたのだ。

カイネ「しかし李牧様なしで、趙は対処できるのでしょうか?」

李牧「信じるしかありません。現趙軍総司令・扈輒(こちょう)大将軍の力を」

趙軍に残っている戦力は、大将軍・扈輒と将軍・公孫龍、そして首都・邯鄲の大軍勢。

李牧が身を寄せる青歌には、馬南慈・舜水樹・カイネ・傅抵、そして未出の大将軍・司馬尚(しばしょう)がおり、むしろこちらの方が強いのでは。

胸騒ぎの羌瘣。そんなことより信は?

その頃、趙軍との前線に六将となった、王翦・楊端和・桓騎が戻ってきた。

任命の儀以前と同じ配置だったが、漂う空気がそれまでとは一変していた。

 

飛信隊の宿営地。

夜も更けたが眠れなかった羌瘣はひとり散歩。

と、同じく眠れず一人飲んでいた信を見つける。

周りでは尾平ら古参メンバーらが、吞んだくれて眠っている。

信「まー座れよ」

羌瘣「ああ」

ちょっと頬を赤らめるふたり。

彼女の告白を聞いてしまったあの日から、あまり話していない様子。

信「羌瘣、あの・・・」

蚊の鳴くような声で尋ねかけた信の言葉を、意図せず羌瘣の言葉が打ち消してしまう。

羌瘣「信、何か感じないか」

信「え?」

信、残念。

羌瘣「……何かずっと、胸騒ぎがする」

羌瘣は六将の話を聞いてから、さらに三将が戻ってきてから嫌な胸騒ぎが強くなったという。

羌瘣「よくないことが起こる

信が真顔になる。

信「そう感じるのか」

羌瘣「信、こういう時こそ私達は強くあらないといけない」

信はすこし拗ねた表情で返す。

信「俺達は強いだろ、ずっと」

なんとなく、会話がかみ合っていないような・・・

そんなことより信は話を戻したい。

信「羌瘣・・・あの」

羌瘣「え」

またもや頬を赤らめるふたり。

あ~~~、じれったい!!(笑)

ここで尾平らが目覚めてしまい、進展なし!

 

さて対趙戦線は六将となった王翦・楊端和・桓騎が、“戦争の自由”を使い大いに押し込み始め趙・扈輒軍本体と激突する。

そして羌瘣の心配どおり、六大将軍の“暴走”が始まってしまうのだった。

今回はここまで。

 

六大将軍復活で列国の反応が描かれた『キングダム』673話。

次回より再び対趙戦線がメインで描かれていくだろう。

趙側は扈輒軍、秦軍は暴走が示唆されているので、やはり桓騎軍だろう。

史実ではこの紀元前234年に桓騎が扈輒軍を壊滅させ、大将軍・扈輒を討ち取る。

ここで問題なのが、10万人規模の斬首が行われたというのだ。

恐らく“首斬り桓騎”の異名は、この事件を元に付けられたと思われる。

明らかに前回の昌文君の言葉に違反する行為だ。

かつて側近・慶舎を討ち取られた李牧にとって、桓騎はますます許しがたい存在となっていくのだろう。

この戦いの流れに飛信隊はどのように関わっていくのだろうか?

そして信と羌瘣のじれったい関係はいつまで続くのだろうか?

 

信と羌瘣のなんとも文字にならない雰囲気はヤンジャンを買って見るしかない!

今週号を買ってないなら、いますぐ本屋へGO!

では次回674話もお楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

671話 672話 673話 674話 675話

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。