キングダム ネタバレ677話感想【絶体絶命の王賁!ついに飛信隊出陣!蒙恬が憤る理由とは?】

前回676話では、王翦軍知将・田里弥、趙・守備の李白、両策士がともに桓騎軍は後退すると読んだ。

それほど接近する扈輒本軍とは戦力差がある。

この状況下、桓騎軍では幹部たちの結束が揺らぎかけるが、忠臣・雷土の檄のおかげで再び戦意を取り戻したようだ。

防衛線の兵力を合わせると24万となった扈輒軍。

対する桓騎軍は8万。

まともにぶつかれば勝ち目はない。

桓騎には一体どのような策があるのだろうか?

それこそ “マジック”でもない限り状況は打開できないのだか・・・

『キングダム』677話のネタバレありの感想をお送りする。

桓騎軍劣勢!絶体絶命の王賁!

攻略するには極めて不利な地形である険地・影丘(えいきゅう)。

玉鳳も例外ではなく、兵が次々と傷つき死んでいく。

まさに死地と化した戦場で、王賁も敵の猛攻を受け落馬!

副官・番陽が叫ぶその先には、敵・騎馬兵に取り囲まれながら、立ち上がろうとする王賁の姿が!

まさに絶体絶命!!

 

一方、趙国の首都・邯鄲に戦況の報告が入る。

扈輒軍攻勢、桓騎軍劣勢。

宰相・開郭をはじめ、色めき立つ趙の文官たち。

それは李牧が身を潜める北東の都市・青歌でも同様だった。

ただ一人李牧を除いては。

明らかに現在の戦況に違和感を抱いているようだ。

彼は桓騎という男の戦い方を知っている。

かつて全幅の信頼を寄せていた知将・慶舎を奪われたからだ。

蒙恬進言。飛信隊が動けない理由とは?

こちらは飛信隊の宿営地。

信は苛立っていた。

信「くそっ、まだ俺達に指令は来ねェのかよ!」

昨日王翦軍から待機の指令があったことを、軍師・河了貂が答える。

実はこの時点で、開戦からもう八日経っていた。

この八日間、ずっと桓騎軍劣勢の報告が入り続けているというのだ。

 

その頃、王翦軍本陣にも同様に、桓騎軍苦戦の報が入り続けていた。

開戦時の戦力差は24万対8万で、約3倍だった。

正面からまともに戦うなど、最初から負け戦だ。

ここで幕僚として本陣へ呼ばれていた蒙恬が、王翦へ進言する。

蒙恬「飛信隊を動かすことを進言します」

現在、戦力をそのまま維持した状態で、一番桓騎軍に近いのは飛信隊だ。

援軍としては最適だろう。

しかし、

王翦「飛信隊は動かさぬ」

蒙恬を茶化していた倉央、策士・田里弥も意外そうだ。

蒙恬「・・・、なぜですか?」

王翦「桓騎から、楽華は(王翦軍に)やるから飛信隊は中間地に留めておけ、と使いが来たからだ」

蒙恬「桓騎・・・将軍が、飛信隊を中間地に止めておけと・・・!?」

なんと!

飛信隊がお預け状態を食らい続けていたのは、桓騎自身の命令だったのだ!

王翦「ああ、つまり飛信隊は、桓騎が使う」

これは明らかに“桓騎マジック”の布石だろう。

飛信隊出陣!蒙恬が読む桓騎の狙い

ついに、飛信隊本陣へ桓騎からの伝令が息を切らせながらやって来た。

伝令兵「今すぐ全軍で援軍に来い!今すぐだ!」

この慌てぶりから劣勢の深刻さがうかがえる。

将軍・李信が出陣の号令をかけ、総勢1万5千の飛信隊が桓騎軍左翼の戦場へ向け動き出した。

この飛信隊の動きは、すぐさま王翦の下にも伝えられた。

田里弥「8万対24万の戦いだぞ。いまから1万5千で行って、戦局が覆るとでも思っているのか」

しかし蒙恬は飛信隊が数字以上の爆発力を持っていると知っている。

立て直しの起爆剤としては適役だ。

ここで王翦が重要な質問を蒙恬に投げかけた。

王翦「蒙恬、お前は此度の桓騎は何を考えていると思う」

倉央「!」

田里弥「!」

王翦がこのような質問を他者に、ましてや蒙恬のような若僧にするなどなかったのだろう。

よほど蒙恬を買っているのは間違いない。

そのことを蒙恬自身も察したのか、慎重に答える。

その内容は、

  • 桓騎は綿密な策略家ではなく、感覚的に戦う男だ
  • しかし、その感覚は研ぎ澄まされていて、無意味なことなどしない
  • つまり勝利するための目標しか狙っていない。しかも最短ルートで
  • それは扈輒の首。それだけを狙っている

倉央・田里弥は驚いているが、それ以上に王翦が眼を見開いている。

恐らく見立てが全く同じだったのではないか。

ここで蒙恬が伝令兵に尋ねた。

玉鳳壊滅!?王翦に憤る蒙恬!

蒙恬「桓騎軍には、先に玉鳳が入っていたはずだ。玉鳳の状況は分かるか」

伝令兵から玉鳳は桓騎軍左翼に入ったこと、その左翼が最も劣勢で玉鳳を含め壊滅状態であることを聞かされる。

蒙恬「何っ!」

振り返り王翦をにらむ蒙恬。

倉央は、王翦本陣は把握していたことを蒙恬に伝えた上で、

倉央「ハッハ、よもや若(王翦の息子)だから戦を放っぽり出して、呼び戻せとか言うのではなかろうなー」

倉央は相変わらずデリカシーが無い。だから女にモテないのだろう。

田里弥も特別扱いは王賁の立場を危うくしかねないと伝える。

ここで珍しく蒙恬が感情的に反発。

蒙恬「そんなことは分かっている。分かっているが、王賁は咸陽で子供が生まれたばかりで、しかもまだその子の顔すら見てない!」

戦国の世ではよくあることなのだろう・・・

倉央も田里弥も、蒙恬のこの発言をやや子供じみたモノとして感じている様子だ。

倉央「さっきからどうしろと言っているのだ、お前は」

蒙恬の感情が爆発する!

蒙恬「心配してやれって言ってるんだ。家族だろ!」

この言葉は、もちろん王翦だけに向けられたモノだ。

王賁の子供なら、王翦の孫。

絶体絶命の我が子に対する王翦の態度が、蒙恬をここまで追い込んだ。

蒙恬ってホントにいい奴・・・(涙)

 

楽華に帰りながら蒙恬はつぶやく。

蒙恬「死ぬなよ、王賁。信も武運を。そしてもしできるなら、王賁を援けろ、信」

もはや信率いる飛信隊だけが頼みの綱だ。

 

その頃、全速力で影丘にたどり着いた飛信隊。

信「・・・・・・、これは・・・・・・」

信の目の前に現れた光景とは、いったい?

今回はここまで!

 

絶体絶命に追い込まれた玉鳳・王賁を巡り、にわかに動き出した秦軍を描いた 『キングダム』677話。

今話の最大の注目点は、桓騎が飛信隊を足止めしていたことだ。

かつて黒羊丘で桓騎が慶舎を討った時、すべてが桓騎の思惑通りとはいかなかった。

ゼノウ一家に慶舎を討たせるつもりが、紀彗の英断により阻止された。

その危機を救ったのが飛信隊だった。

いろいろ揉め事もあったが、桓騎が飛信隊をあてにしているとしたら。

今後の飛信隊の動きから目が離せない!

しかし目下のところ、一番気がかりなのが王賁の状態だ。

窮地に陥った場面のみ描かれていたが、すでに消耗しきっていた。

玉鳳の中枢にも犠牲者が出ている可能性がある。

蒙恬の心配が取り越し苦労であることを祈りたい。

 

ところで、皆さんお気付きとは思うが、今回のヤンジャンは合併号だ。

ということで、4/29はお休みで、次回は5/6である(涙)

 

王翦に物申す蒙恬の迫力は必見!

さらに巻頭カラーで描かれた桓騎が超絶カッコいい!!彼には紫がよく似合う。

もし買っていなければ今週のヤングジャンプを買って読もう!

次回678話のネタバレもお楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

キングダム ネタバレ677話考察【桓騎の狙いと扈輒の戦い方を考える】

キングダム ネタバレ677話徹底考察【玉鳳と飛信隊は生贄?桓騎の戦い方を大胆予想!】

675話 676話 677話 678話 679話

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。