キングダム ネタバレ678話感想【影丘で一体何が?信、絶体絶命の王賁発見!】

前回677話では、窮地に追い込まれた玉鳳軍へ向けて、ついに飛信隊が援軍として出陣した。

一方、我が子の危機を眉ひとつ動かさず、他人事のように見える王翦に対し、幕僚として呼ばれていた蒙恬は苛立ちをあらわにした。

蒙恬「心配してやれって言ってるんだ。家族だろ!」

王賁の身を案じる蒙恬は、救援に向かう李信へ望みを託すしかできない。

そして死地・影丘へ到着する飛信隊。

凄惨を極める戦場で信たちが見たものとは?

王賁は無事なのか?

『キングダム』678話のネタバレありの感想をお送りする。

影丘への道中、明かされる戦況の詳細

飛信隊に桓騎からの命令を伝えに来たのは、摩論一家の馬印(ばいん)。

信たちは戦場へ向かう道中で、この8日間の戦局を聞いていた。

それによると

  • 開戦当初、右翼を雷土の率いる2万、中央軍を黒桜と厘玉の4万、左翼に玉鳳と寄せ集めの2万という布陣だった
  • 戦場は広く、左翼と中央軍は山二つ分ほど離れている
  • とにかく全戦場で敗戦が続いている
  • 昨日、中央軍は敵に分断され、黒桜軍と厘玉軍は連携がとれなくなった
  • 総大将・桓騎は恐らく黒桜軍にいるが、定かではない

そして気になる左翼の玉鳳だが、あまりにもやられすぎていて軍としての集団が無くなり、どのぐらい生き残っているかも分からない状態という。

信「そんなバカな。あの玉鳳が・・・、王賁がそんなにやられるのか・・・」

元々最悪の地形のため劣勢を強いられていたが、扈輒軍の到着で敗色が決定的となった。

信「生きてんだろうな、王賁は!」

馬印「・・・分からん」

河了貂「それで、飛信隊は?」

馬印「その左翼に入ってもらう!

やり取りを聞いていた副将・渕さん、副歩兵長・沛浪に緊張が走る!

しかし隊長は違うようだ。

信「望むところだ」

ここで改めて馬印から、桓騎軍参謀・摩論の命令が告げられる。

  • この厳しい戦況を覆すことができるのは、恐らく左翼だけ
  • なぜなら敵は影丘が絶対に抜かれることがない、と信じているから
  • そして戦況は敵の思惑通り、壊滅状態だ

馬印「必ず影丘を抜いて扈輒本陣をおびやかせ!以上だ!」

桓騎、山中にて潜伏中

その頃、戦場からかなり距離のある山中に桓騎と摩論、そして桓騎の取り巻きの女たちが潜んでいた。

摩論は、中央軍が完全に分断され数の少ない厘玉軍の方から殲滅攻撃を受けていると、戦況を桓騎に伝えていた。

摩論「こっち側の黒桜さんも陣に攻め込まれ、軽く負傷したと」

正確な位置は分からないが、桓騎の居る山中は分断された黒桜側。

つまり右翼側の山中に潜伏しているようだ。

そして右翼の雷土軍もボロボロの状態に追い込まれているらしい。

桓騎「で、ほかには?」

摩論「・・・・・・」

絶望的な戦況を報告したにも関わらず、悠然と聞き返してくる桓騎にやや焦る摩論。

摩論「いい知らせが1つ。飛信隊が左翼に入ったと」

それは摩論の予想より半日ほど早い行動だった。

この状況を打破するきっかけになりうるのは飛信隊だけだと、なんとか前向きな情報を苦し紛れに桓騎へ伝える参謀・摩論だった。

が、桓騎は余裕しゃくしゃく、全てを見通しているかのような表情で笑みを浮かべた。

桓騎「・・・・・・フッ」

影丘に到着した飛信隊、眼前に広がる絶望的な光景

ようやく影丘に到着した飛信隊。

信たちの目の前に広がった光景は、驚くべきモノだった。

まずその地形。

水が干上がった大河のようだ。

中ほどは平地になっており、飛信隊がいるこちら側と扈輒軍がいる対岸は、高さのある急な崖になっている。

さらに左右は山間部が広がる。

この地形では、攻める側は圧倒的な数的優位を維持していないと、攻略しようがない。

まさに絶対攻めてはいけない険地だ。

そして眼前に広がる平地では、おびただしい数の秦兵が倒れており、それを趙兵たちが槍で“ドスドス”と突いて回っている。

一見決着がついた、後処理の段階に見える。

もしかして全滅?

飛信隊一同がそう思い始めたその時、隊長・信は何かを見つけたようだ。

 

対岸の崖の上では、趙軍側の大将・岳白公(がくはくこう)が飛信隊の存在に気付いていた。

岳白公「また死体が増えて、後処理が大変ですね」

そう言うと、今度は参謀らしき男が前方で陣形を組み直し、飛信隊に備えるよう指示を出した。

するとおびただしい数の趙兵が、崖の上から続々と平地地帯へ降りていく。

その様子を見ていた軍師・河了貂は、戦闘の中止を口にしかけるも、

信「待て!玉鳳は全滅してねェ」

飛信隊一同「!?、えっ!」

全滅寸前の玉鳳!意識不明の王賁

玉鳳・王賁はかろうじて生きていた。

しかしその居場所は、趙軍側の崖にほど近いところだ。

しかも、王賁自身は戦闘で傷つき、意識を失って倒れている。

周りの玉鳳兵は円陣を組み、必死に攻撃を耐え忍んでいる状況だ。

副将・番陽「あきらめるな。賁様は生きて帰らねばならんのだ」

しかし敵の厳しい攻撃に円陣が崩壊寸前。

番陽「咸陽にお子が・・・賁様、お子が待っているのですぞォ」

必死に起こそうとするも、王賁は反応しない。

この時ボロボロになった王賁兵の一人が、対岸の崖の上に来ている援軍・飛信隊の存在に気付く。

時を同じくして、飛信隊側も信の言葉通り、わずかながら生き残っている兵がいることに気付く。

沛浪「本当だ。よく見ると所々にまだ戦っているかたまりが居やがる」

しかしながら、そのかたまりはかなり趙側の崖に近く、しかも敵兵に包囲されていて消滅間近だ。

その時、信は必死になって探していた。

見つけた!

信「左奥に王賁がいる!行くぞ!」

その言葉が終わらない内に、信の乗る馬はもう崖を一直線に下っていた。

河了貂「ちょ、待って信、こっちはまだ半分も到着してないよ」

信「向こうも隊形が整ってねぇ」

反射的に動き出した信。

はたして間に合うのか!

 

壊滅寸前の左翼軍の中で、絶体絶命の王賁を見つけ助けに向かう信。

同時に敗色濃厚の状況で、なお不敵な笑みを浮かべる桓騎を描いた『キングダム』678話。

今話で桓騎軍の詳しい状況も明らかとなった。

おおよそではあるが、桓騎本人の居場所もわかった。

長年『キングダム』を読んできたが、これほど一方的な戦況は初めてだろう。

反撃をするにしても、桓騎軍は兵力を削られすぎて手遅れではないのか?

この状況で有効な策などあるのだろうか?

それこそ天変地異を自在に操る能力でもない限り、逆転できないのでは・・・

予測困難と分かっていても、近日中に桓騎の策を再考察しお届けしたいと思う。

えっ!?

来週休載だって!!!

びえ~~~ん(超号泣)

影丘という戦場の恐ろしさと臨場感は漫画を見ないと伝わらない!

もし買っていなければ今週のヤングジャンプを買って読もう!

では次回679話もお楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

キングダム ネタバレ678話考察【鍵は水?桓騎の秘策を再考察!】

676話 677話 678話 679話 680話

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。