キングダム ネタバレ681話感想【唯一にして最難関の絶壁!克服していく歩兵たちの強さの秘密とは?】

前回680話では、ついに桓騎が動いた!

オギコを伝令に抜擢し、雷土へ今後の作戦を伝える。

それを聞いた雷土は、桓騎への忠心を深めつつ一時後退。

他の戦場では劣勢が続くあまりに、戦場を離脱する裏切り者が続出する始末。

もはや一刻の猶予も許されない状況の中、本陣では桓騎が参謀・摩論に何やらよからぬ指示を出す。

桓騎はいったいどんな秘策で、戦況をひっくり返すのだろうか?

また飛信隊は王賁のアドバイス通り、険しい断崖のふもとまでたどり着いた。

信たちの運命を左右する影丘攻略戦が今、始まろうとしている!

『キングダム』681話のネタバレありの感想をお送りする。

急斜地を登り始めた飛信隊・歩兵団

9日目に突入した死地・影丘。

信・田有ら騎馬隊が派手に暴れまくり趙兵の注意を引く中、崖下にたどり着いた歩兵団第一陣。

歩兵団長・崇原(すうげん)をはじめ、若手期待の星・干斗(かんと)、尾平らも崖に食らいつき、よじ登っていく。

さらに歩兵の第二陣も戦場の間をぬって、続々と崖へと向かっている。

騎馬隊が盾となり道を開いて歩兵団が崖を攻略する、それが飛信隊の作戦だ。

信「頼んだぞ、歩兵団(おまえら)!」

 

対岸の飛信隊本陣では、河了貂らがその様子を見守る。

旗や集団の動き・土煙が目安の平地戦と違い、崖を登っていく様子が遠くからでもしっかり確認できるこの戦場。

玉鳳の副長・番陽も心配なのか河了貂の下にやって来た。

依然として王賁は、負傷のため動けないようだ。

番陽は、飛信隊があまりに早く攻略ポイントへ到着したことに驚いている。

今日が戦闘初日の飛信隊は、玉鳳と八日間も戦っていた敵兵を動きで圧倒している。

いたって順調なスタートを切ったようだが、実はそうではない。

番陽「難しいのは、ここからだ」

河了貂「うん」

 

一方、趙軍・岳白公の本陣も飛信隊のこの行動を見て、作戦を理解し始めていた。

趙兵「岳白様、右の急斜地を、敵歩兵が登って来ようとしているそうです」

狩り場のある緩やかな斜面を避け、あえて険しい崖を突破する策。

趙軍参謀「フッ、残念だがその奇策もまた死をはやめるだけだ」

緩斜面に待つ“落石の計”

その頃、歩兵団の第一陣の兵たちは、必死で崖を登っていた。

垂直に近い斜面を素手のみで進んでいく。

歩兵A「こっち側少し登りやすいぞ」

少しでも傾斜が緩やかな箇所を選ぶ兵たち。

歩兵B「気を付けてなら登れないことはない。もう半分くらい来てる!」

そう言っていた尾平の目の前の兵に、頭部ほどの岩が直撃!

頭を砕かれ即死だ。

衝撃の光景に頭上を見上げると、無数の岩が雨のように襲ってくるではないか!

さらに頭を砕かれる者、しがみついている指を砕かれる者、たまらず落下していく者が続出。

頂で待ち構える趙兵による“落石の計”だ

登りやすいところは、敵からも丸見えだったのだ。

すかさず歩兵団長・崇原が指令を飛ばす。

崇原「左だ!左へ動け!斜面がさらにきつくなるが、その分上からは狙われにくくなっている」

崇原の言う左側の壁は、ボルダリングで言うところの“オーバーハング”状態。

つまり90°以上の壁で、反り返っている。

尾平「・・・ウソだろ、あそこを登るのか!?」

 

その様子を見ていた飛信隊本陣の者たち。

兵「まずい、今ので半分近く落とされなかったか?」

番陽「やはり無理なのか」

修羅場をくぐってきた老兵も動揺している。

ところが飛信隊の軍師は違う。

河了貂「大丈夫だ!飛信隊(うち)はそんなにやわじゃない!」

羌礼を救った頼りになる昴(こう)、頬を赤らめる羌礼がかわいい!

「フッ、フーン」

この窮地を鼻歌まじりに登っていくウソのような者がひとり。

羌礼「追いついたぞ」

第二陣として続いていた羌瘣隊が崖下に到着し、羌礼はスキップでもするように追いついてきた。

羌礼「ワシの勇姿を見ておれ」

そう言うと一同を追い抜いて、さらに駆け上っていく羌礼。

蚩尤には重力がないのか・・・

ほぼ先頭にいた干斗は、羌礼の出過ぎた行動を制止するも、

羌礼「うるさい、崖登りは識と二人でよく修練を・・・」

両手で岩をつかむ彼女。

羌礼「・・・・・・、識と・・・」

この崖を登りながら、姉妹のように育った羌識のことを思い出して涙ぐみ始めた(笑)

デタラメに強いが、まだまだ子どもだ・・・

とその時、つかんでいた岩が割れ、羌礼が真っ逆さまに!

羌礼「やば!」

崇原「礼が落ちたぞ!」

そこへ片腕をめいいっぱい伸ばして、受け止める昴。

数メートルずれ落ちたが、もう片手は岩をしっかり掴んでなんとか止まった。

羌礼「しくじった。すまん」

昴「ううん、大丈夫?」

血まみれの片手が目に入った彼女は、少し頬を赤らめる。

羌礼「・・・・・・ああ」

あら、なんかいい雰囲気♡

すぐさまもう一度登り出す羌礼を、今度は理由付きで止める干斗。

干斗「お前のその力は、上を制圧する時にとっとけって言ってんだ」

干斗はせめて剣を使わない時ぐらいは任せろ、と気遣っているのだ。

羌礼「だけどお前たちにここは登れんだろ」

羌礼も彼女なりに気遣っている。

昴「登れるよ。っていうか登るんだ」

あの昴が逞しく成長したもんだ・・・

オーバーハングを克服する強靭な歩兵たち

その頃、崖の上では死角に入った飛信隊を、趙兵たちは見失っていた。

しかし見えないだけで下にいることは確かだし、何より甲冑を着て武器を担いだ人間が登って来れる地形ではない。

趙軍参謀「そこから上には人は登れぬぞ」

これには味方の秦軍も同意見だ。

番陽「いくら何でもあそこはムリだ」

しかし河了貂は知っている。

いかに飛信隊の歩兵が屈強であるかを。

河了貂「騎馬隊の力は正直、玉鳳や楽華に負けているかも知れない。でも歩兵の力はこっちが上だ」

番陽「何だと!」

馬に早くから接している士族は騎兵として一日の長がある。

しかし、肉体労働で鍛えられた平民や下僕出身の飛信隊員たちは、元々体が強い。

そこへきて、干斗ら若手の歩兵たちは厳しく過酷な選抜試験を突破した強者たち。

さらにその強者たちが練兵と実践の修羅場をくぐり抜けてきた。

そして二年前、副歩兵長・松左(しょうさ)の死で、彼の意思が確実に歩兵団へと受け継がれた。

その結果、現在の歩兵団員たちは自発的に努力に努力を積み重ね、強靭な力を付けていったのだ。

河了貂が誰より飛信隊の軍師であるべき理由。

それは誰よりも飛信隊員たちのことをしっかりと見ていて、理解している点だろう。

だからこそ、この一見無謀な策も、飛信隊の歩兵たちならやってのけると確信していたのだ。

河了貂「飛信隊(うち)の歩兵をなめるんじゃない!!」

松左の槍を受け継いだ干斗を先頭に、多くの若者たちがオーバーハングな崖を克服していく。

羌礼「・・・・・・、ほー」

羌礼もちょっと驚き、隊員たちを見直したようだ。

そして先頭がついに、崖の頂にその指を掛けた!

 

『キングダム』681話は、死地・影丘の中でも最難関の絶壁を攻略していく飛信隊歩兵団が描かれた。

唯一の攻略法ではあったが、それは難易度MAXの険しすぎる道だった。

しかし飛信隊を知り尽くす軍師・河了貂には、絶対の自信があったのだ。

敵将も油断というほど、気を緩めていない。

それは想像を遥かに上回ることでしか、達成されないミッションなのだ。

この歩兵たちの執念は、作戦を成功へと導くのだろうか?

そして今話は触れられなかった桓騎の秘策とはいったい?

今回はここまで!

 

飛信隊・歩兵たちの執念をぜひ見て欲しい!

また彼らを信じる河了貂の気迫は漫画でないと伝わらない!

まだ買ってなければ、今週のヤングジャンプを買って読もう!

では次回682話もお楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

キングダム ネタバレ681話考察【見えた!影丘攻略!手柄は玉鳳のあの2人で決まり!】

679話 680話 681話 682話 683話

次のページ

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。