キングダム ネタバレ684話感想【亜花錦の参戦に呼応する信!ついにボスキャラ・岳白公、出陣!】

前回683話では、まんまと罠に掛かった敵大将・龍白公に雷土がトドメを刺した。

しかし龍白公の思わぬ反撃に手こずった分脱出が遅れ、逆にその息子・竜布に捕らわれてしまう雷土。

桓騎への謝罪をつぶやくも、もはや後の祭りか。

一方、影丘の断崖を攻略した飛信隊であったが、敵兵の多さに戦況は膠着する。

そこへ逆サイドから突如現れる玉鳳の亜花錦!

岳白公のいる本陣を挟み撃ちにする準備が整った。

いよいよ戦況は、影丘から大きく動き出す!

『キングダム』684話のネタバレありの感想をお送りする。

王賁が亜花錦に命じたコトとは?

数日前、王賁・番陽・亜花錦の3人は、作戦会議を開いていた。

崖上で挟撃を実行する。

王賁が亜花錦に指示した策。

亜花錦「面白い」

興味を示した亜花錦だったが、この影丘の地においてこの作戦が容易ではないことを伝える。

亜花錦「それをあえてやれと言うなら、早くても三日はかかるぞ」

番陽「三日!?」

王賁「俺もそう思う」

無理難題を押し付けるのだから、時間が掛かるのは当然。

三日後に崖上で会うことを王賁と亜花錦は約束した。

 

玉鳳本陣と別れた亜花錦隊は、右側に広がる険しい山岳地帯の前にいた。

部下「途中もっと入りやすい場所がありましたが・・・」

亜花錦「近すぎる。敵もバカではない。見張りを大勢放っている」

あえて敵から離れた険しい箇所を選ぶ亜花錦。

「部下たちは馬を連れて行くことは厳しい」と主張するも、崖上での敵本陣奇襲のため騎兵である必要性を諭す亜花錦。

亜花錦「多少死んでもいいように、馬は多めに連れてきた」

部下「なるほど・・・」

相当な覚悟で険しい山岳部の攻略に挑む。

 

一歩踏み外せば、谷底まで真っ逆さまの細い崖道を進んでいく亜花錦の騎兵隊。

馬が進めないような崖は、数人が組んで手綱を引き、一頭ずつ馬を引き上げていく。

中には暴れる馬もいて、兵もろとも崖下へ・・・

初日の段階で、馬9頭が命を落とすことに。

 

翌日、さらに深い山岳地帯へと進んでいた。

もはや馬の手綱を引っ張り、引き上げられるような険しさではない。

馬の胴体に綱を巻き付け、上から兵たちが引っ張り上げるしかない。

まさに力技だが、ここで馬に暴れられたら人の力ではどうしようもない。

またもや馬が落ちていく・・・

多くの犠牲を出しながらも、山道を進んでいく亜花錦隊。

 

三日目、ついに・・・

亜花錦「着いたか」

部下「はい、ドンピシャです」

茂みの中から見渡せる眼前の景色は、崖上に整列している岳白公の部隊を一望できるモノだった。

ところが崖下では、玉鳳本隊が敗れてしまっている様子も確認できた。

部下「崖の攻略に失敗したようです。ここからでは若君(王賁)の所在すらもわかりません」

亜花錦「・・・・・・」

亜花錦隊だけで崖上を攻めても玉砕は必至だ。

かと言って、いつまでも茂みに潜んでいても仕方ない。

この三日間は無駄になるが、玉鳳本隊を助けに行くことを進言する部下たち。

しかし亜花錦は全然聞いていない。

彼の視線は遠くを見つめていた。

部下「亜花錦様?」

亜花錦「待て、何か来る。ギギ!」

遥か向こうの対岸に飛信隊を見つけた!

実は天才!王賁を見捨てた亜花錦

舞台は現在に戻る。

番陽は怒っていた。

崖上に無事到着していたにも関わらず、王賁を含めた本隊全滅の危機を無視したからだ。

怒る番陽を尻目に河了貂は違う見解を抱いていた。

河了貂「王賁が死にそうなのを無視して待機していたのなら、信用できない男か・・・、もしくは戦術理解が深い天才のどちらかだ」

 

敵軍右端へ襲い掛かる亜花錦隊。

亜花錦「じゃんじゃん殺せ!」

端っこに配置される兵など弱兵で、ただの飾りであることはお見通し。

一気に右端の部隊を粉砕していく!

異変に気付き、慌てる岳白公本陣。

まさか左の山から兵が現れるなど、想定していなかったからだ。

岳白公の参謀はその正体が玉鳳の別動隊で、狙いが本陣への挟撃だとすぐに気付いた。

参謀「だとしたら、厄介だ!」

すぐさま中央軍から左への派兵を命令し、挟撃の阻止を指示した。

左端軍を壊滅した亜花錦軍の前に、敵本隊・歩兵の大軍が迫る!

挟撃発動!連携する飛信隊と玉鳳!

亜花錦「ギギ、苦労してお馬さまを連れてきてよかったなー、ついて来い」

そう言うと亜花錦は先陣を切り、敵本隊の奥にあった森林へ向かって走る。

騎馬の機動力で敵歩兵団を一気に引き離した。

飛信隊本陣からその様子を見ていた番陽は、まだ怒っている。

番陽「早くも逃げた!?あ奴」

河了貂「いや、それでいいんだ」

その理由を河了貂はこう語る。

  • 趙軍の左端を壊滅させた亜花錦の別働隊は、敵にとって紛れもない脅威
  • 亜花錦隊が健在である限り、趙軍の左軍は絶えず注意を払わなければならない
  • つまり亜花錦隊は敵の左に存在しつづけることが何より重要
  • そのおかげで右側の信たち騎馬隊が攻めやすくなる

河了貂の言葉通り、信を先頭に飛信隊の騎馬兵たちが活気を取り戻し、進撃再開!

このタイミングで沛浪の騎馬に乗り移ってきた羌礼。

羌礼「何じゃ、急に勢いづいたな。何事じゃ」

沛浪「ガハハ、さァな。奥の陣がさっきより薄くなってるか?」

火種の反対側、飛信隊の方からも亜花錦隊の影響で敵軍が揺らぎ始めていることをはっきりと確認できた。

飛信隊本陣の河了貂らからは、攻め込む飛信隊の優位さが容易に推測できた。

  • 敵本陣は崖上での戦いなど想定していなかったから、極端に崖際で布陣している
  • 後ろの森に逃げ込もうにも、亜花錦隊がスタンバイしている
  • 緩斜地から崖下に逃れようとも、羌瘣隊が待ち構えている
  • 信ら騎馬隊が押し込むことで、完全に逃げ場を失うことになる

河了貂「影丘の地形が裏目にでたんだ」

いよいよ本丸!岳白公、出陣!

突進する信の前に、敵兵たちが押し寄せてくる。

信「くっ!」

その場で踏みとどまり、敵を蹴散らす信。

羌礼「隊長が止められたぞ」

沛浪「いつものことだ。その分俺達が抜けて行く」

飛信隊得意の連携プレー!こうやって途絶えることなく突進を繰り返す。

沛浪「本陣はもうこの歩兵たちを抜けば・・・」

 

一方攻め込まれる敵本陣では、1人の男が動き出す。

「どきなさい」

趙兵たちが慌てて道を開ける!

そこには彼の得物である巨大な金瓜錘で、フルスイングを放とうと待ち構える大巨漢がいた。

敵大将・岳白公がついにそのベールを脱ぐ!

 

亜花錦の登場で、軍の垣根を超えた連携プレーが実現した『キングダム』684話。

常に冷静で視野の広さと、戦術理解の深さを見せつけた、玉鳳の新武将・亜花錦。

後方に回り込まれたことで逃げ場を失った敵本陣は、前方から迫る飛信隊を食い止めるしか逃れる術はない状況だ。

ここで立ち上がる大将・岳白公。

間違いなく、自らの武に絶対の自信を持つ、武の漢だろう。

対するは龐煖を倒した隊長・信だ!

什虎で蒙武を圧倒した満羽のように、新たな脅威の出現となるのだろうか?

次号、必見!

 

玉鳳と飛信隊が連携して実現した挟撃!この臨場感は漫画でないと伝わらない!

もし買っていなければ今週のヤングジャンプを買って読もう!

では次回685話もお楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

キングダム ネタバレ684話考察【亜花錦の才能炸裂!あれっ!?関常はどこへ?】

682話 683話 684話 685話 686話

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。