キングダム ネタバレ685話感想【ついに対峙する信と岳白公!雷土を待つ裁きとは?】

前回684話では、別動隊を率いて現れた亜花錦が、見事な戦術眼を披露して敵軍を翻弄した。

これにより膠着状態を脱した飛信隊が再び攻勢を仕掛け、敵軍本陣へと迫る。

追い込まれた趙軍はついに大将・岳白公が立ち上がった。

信との一騎打ちは実現するのだろうか?

一方、仕掛けた罠に手こずり、逆に捕らえられたしまった雷土。

大将不在の右翼軍も気になるところだか、雷土には更なる危機が迫っているはず。

総大将・扈輒の下に連れて行かれた雷土の運命は!?

『キングダム』685話のネタバレありの感想をお送りする。

戦慄の岳白公!羌礼、早くも戦線脱落

敵本陣に到達した飛信隊の騎馬隊。

敵味方入り乱れる交戦状態に突入するも、岳白公軍の参謀は至って冷静だった。

参謀「全く、困ったお人だ」

その視線の先では、大将・岳白公が巨大な武器・錘(すい)をブンまわし、飛信隊の人馬が乱れ飛ぶ惨劇が巻き起こる!

弾き飛ばされた人馬が波となって、沛浪と羌礼のまたがる馬にも押し寄せてきた。

衝撃の光景に驚く二人。

羌礼「気をつけろ、何かおるぞ」

沛浪「くっ、何かって何だよ」

さらに錘を振り回しつづける岳白公。

容赦なく飛んでくる騎馬を身軽に避け続ける羌礼だったが、ジャンプした先に馬が飛んできた。

羌礼「あっ」

さすがの羌礼も空中で馬が飛んで来たら、避けようが無い。

沛浪「礼っ」

羌礼「気をつけろ!そ奴おかしな体術を使うぞォォォォ」

そう言うと、羌礼は崖下へ落ちて行ってしまった・・・

落とされた他の兵士たちはただでは済まないだろうが、羌礼は恐らくかすり傷ぐらいで済みそうだ。

しかしこの肝心な時に、頼みの羌礼が最前線からいなくなったことはかなりの戦力ダウンだ。

そして羌礼が教えてくれた岳白公の“おかしな体術”とは?

信vs岳白公 いよいよ一騎打ちへ

先陣を羌礼たちに譲っていた隊長・信も、最前線の異変に気が付いていた。

信「どうした、お前ら。追いついたぞ」

先行していた騎馬隊に追いついた信。

騎馬兵「隊長!新手がいる。気をつけて下さい」

どうやらあの巨体の岳白公を、見失ってしまったようだ。

驚異的な怪力だけでなく、羌礼が言っていたように特殊な体術により動きが速い!

その時、馬群に紛れてすぐ近くまで接近していた岳白公を、信は見つけた。

信「何やってる!そこにいるぞ」

またもや岳白公は錘をブンまわし、兵も馬も粉々になって乱れ飛ぶ!

これには信もたまらず、馬上から叩き落された。

信「チッ」

王騎の矛を持ち立ち上がった信の前には、人間離れした巨体の岳白公が。

でかい・・・今まで登場してきたキャラの中で一番でかいかも。

ついに相対した大将同士。

信「本陣に迫られて逃げるかと思ったが、そっちから出て来るとはなァ」

信の言葉に、仏の顔で返す岳白公。

岳白公「逃げる?まさか。私はずっと願っていたのだよ」

そう言うと、みるみるうちに仏の表情に怒りの血管が浮かび上がり、恐ろしく邪悪な鬼の形相に変わっていく。

岳白公「お前のような侵略者の将であるクソ極悪人の頭を、この手で叩きつぶす時が来ることをねェ」

周りの兵たちはゾッとし、信の表情が険しくなる。

ついに本性を露わにした岳白公。

対峙する騎馬隊!飛麃(ひひょう)vs閃叫(せんきょう)

ドドドドド・・・

すると岳白公の後ろには、まるで西洋の騎馬隊のような甲冑を身に付けた軍団が現れた。

彼らは岳白公の近衛兵団・“閃叫”。

邯鄲の守護神・扈輒将軍の最側近である岳白公と共に、ひたすら戦闘の研究と修練に明け暮れたのが“閃叫”だ。

信「気をつけろ、相当やるぞ!こいつら」

信もただならぬ気配を感じ取っている。

だが飛信隊も負けてはいない。

この気配を感じ取り現れたのが、黒飛麃隊長・岳雷と赤飛麃隊長・我呂だ。

飛麃は飛信隊と旧麃公軍の精鋭部隊を集めた屈強集団。

両陣営の精鋭部隊と大将が睨み合う戦況となった。

そして両大将が同時に号令を発した!

信「一気に決めるぞ」
岳白公「皆殺しにしなさい」

ついに影丘の戦いもクライマックスへ!

扈輒本陣、雷土に下される裁きとは?

一方、扈輒軍の本陣では雷土とその部下たちが、龍白公の息子・竜布に連れられ、ある人物の登場を待っていた。

そこへ現れたのは総大将・扈輒。

扈輒「待たせたな」

後ろには、目の部分だけ穴が開いた不気味な頭巾を被った男たちが・・・

手にはあらゆる苦痛を与えるための器具一式を持った、いかにも拷問請負人らしき風貌だ。

手を縛られ、ひざまずく雷土を冷酷に見下ろす扈輒。

はたして雷土の運命や、如何に!

 

信と岳白公、雷土と扈輒。状況は違えど相対する状況が描かれた 『キングダム』685話。

キングダム史上、最高峰の怪力を見せつけた岳白公。

しかも巨躯に似合わない俊敏さも兼ね備える。

久しぶりに信の本気が見られそうだ。

 

一方、扈輒本陣の雷土はどうしようもない状況だ。

正直見たくないはないが、雷土を待っているのは凄惨極まりない拷問だろう。

ただ雷土も桓騎軍No2の男。

このまま何もせず殺されるのを待つだけだろうか?

起死回生の反撃や、脱出の機会をうかがっているかもしれない。

非常に少ない可能性だが、期待して次回を迎えよう!

 

岳白公のデタラメな怪力と本性を現した時の迫力は、漫画でないと味わえない!

もし買っていなければ今週のヤングジャンプを買って読もう!

では次回686話もお楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

キングダム ネタバレ685話考察【影丘における羌瘣の状態から今後の飛信隊考察!象姉が言った「いいこと2つ」とは?】

683話 684話 685話 686話 687話

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。