キングダム ネタバレ最新話687話感想【扈輒に桓騎の戦い方は通用しない!?関常は生きて戦場へ再び】

前回686話では、扈輒の恐ろしさがしっかり描かれた。

一瞬希望を待たせたかと思えば、更なる絶望へと叩き落す。

彼は自白へと追い込む拷問のエキスパートだった。

四肢が奪われていく中でも雷土は口を割らなかった。

扈輒がもっとも知りたかった桓騎の狙いを、雷土はしゃべらなかった。

雷土が亡くなった今、桓騎軍右翼軍は大将不在の状況。

また中央軍も大苦戦中。

頼みは桓騎の狙い、つまり秘策ということになるが・・・?

『キングダム』最新話687話のネタバレありの感想をお送りする。

桓騎はすでに脱出?崩壊する中央軍と右翼軍

桓騎軍右翼、つまり雷土軍はすでに総崩れになっていた。

大将の雷土が捕らえられたことに加え、新しい“龍白公”となった竜布が戦場に戻って来たからだ。

父と弟を殺された怒りは凄まじく、逃げる雷土兵の背を徹底的に追い続ける。

竜布「殺せェ!一人も逃がすな!」

一方、中央の戦場では虎白公軍によって分断されていたが、最初に狙われた厘玉軍は総攻撃を食らい散り散りになっていた。

厘玉「もういい、生き残ることを考えろ!」

厘玉兵はすでに戦場を放棄し、逃げることに集中。

これにより虎白公軍は侵攻の向きを変え、分断した片割れ・黒桜軍に襲い掛かる。

虎白公「容赦はいらぬ、黒桜とかいう女の将の首を斬り落としてこい」

黒桜軍も厘玉軍同様、軍としての意識も希薄で脱走する者が続出していたが、この総攻撃が正にトドメとなり壊滅状態へ。

黒桜「お頭の本陣は!?」

部下「す・・・すでに逃げた後みたいです」

黒桜「・・・よし、ここも逃げるぞ」

部下「ヘイ」

戦況をまとめておくと、

  • 桓騎軍右翼・雷土軍は雷土を失い、すでに敗走中。しかし竜布は執拗に追い続けている
  • 桓騎軍中央軍の厘玉・黒桜軍ともに退却開始。こちらも虎白公による追撃が続く
  • 桓騎軍右翼・飛信隊は崖上まで侵攻し、敵大将・岳白公に迫る

大将軍・扈輒の正体とは?

場面変わってここは扈輒本陣。

扈輒の側近・夏満(かまん)が、例の拷問が行われている天幕前に来ていた。

扈輒が出てきた。

扈輒「どうした夏満」

夏満「・・・いえ、ただの・・・定時報告です・・・」

天幕の入り口から微かに見える様子が気になる夏満。

拷問兵がえずいている姿が見えた。

拷問兵「オエッ」

どうやら一夜明けても、まだ雷土への拷問は続いていた。

扈輒「申せ」

夏満は扈輒軍の左翼・中央が敵軍を撃破し、絶対的な優勢となっていることを報告した。

扈輒は更なる追撃を許すとともに、中央の虎白公には三千の兵を残していくように命令する。

それは万が一、影丘が抜かれた時の対策だ。

夏満「・・・、中の男は何か吐きましたか?」

やはりこの時点ではまだ雷土は生きているようだ。

扈輒「いや、まだだ。だがあそこまで固く口を閉ざすとなると、いよいよ何かある」

扈輒のこの言葉に夏満も半信半疑。

可能性はほぼゼロとはいえ、影丘以外に脅威が見当たらない。

ところが扈輒は意外な可能性に言及した。

扈輒「ひとつだけ引っかかるのは、“王翦”の存在だ」

夏満「!王翦!」

扈輒は1年前の鄴防衛戦で、李牧もろとも王翦に敗れた。

そのこともあり、やはり王翦には警戒しているようだ。

しかし扈輒自身も、王翦が急襲してくる可能性は低いと見ている。

武城・平陽を狙う王翦・楊端和軍にとって、相当な戦略変更を余儀なくされ予定が大きく遅れるからだ。

西の見張りの強化を進言する夏満に対し、すでに配置済みだと返す扈輒。

これには夏満も感服。

完全に脅威が“万が一の影丘”のみと悟った夏満は、中央・虎白公軍の残存部隊を5千に増兵させ、さらに左翼・竜布にも中央への派兵を提案した。

これには用心深い扈輒も同意。

ここで夏満が気になることを口にした。

夏満「桓騎は“痛み”を武器として相手を呑む戦をするが、我らには通用せぬ。奴らへの恐れなどないからです。我らは誰より“痛み”を抱きかかえる扈輒様と戦い歩んだ軍だ」

彼らのやり取りから見えてきた扈輒の真の姿とは、

  • 疑い深く、今ある脅威を隈なく探し出す用心深さ
  • 極めて可能性の低い脅威に対しても、万全の策を講じる「石橋を叩いて渡る」タイプ
  • 夏満の言う“痛み”とは、相手を恐れさせる“拷問”と、扈輒の目を如何なる時にも動じないモノとした“心の痛み”を意味していると思われ、凄惨な過去を背負っているようだ

そして二人は、この夜にも桓騎を討ち果たす見通しを確認しあった。

生きていた関常!再び戦場へ!

舞台は扈輒が唯一の脅威とした影丘に移る。

飛信隊本陣の河了貂と番陽は苛立っていた。

戦い最終盤にきて、攻略に時間が掛かっているからだ。

ここで頭に包帯を巻いた傷だらけの男が登場!

「驚いたな、あの断崖を攻略したのか」

関常だ!!

番陽「かっ関常!いっ生きておったのか!」

関常は王賁から敵を引きはがすために囮となっていたのだ。

関常「すまぬ、敵に追われた先でしばらくくたばっていた」

ケガの程度から見て相当苦戦したようだ。

しかし彼は、玉鳳軍の生き残りを引き連れて戻って来た。

関常「ボロボロだが、数百はいるぞ。玉鳳はまだ終わってねェ!」

関常は王賁の無事を確認すると、再び戦場へ向かおうとする。

そんな彼に河了貂は、羌瘣の援護に向かうよう伝える。

羌瘣隊を崖上に進ませ、敵軍にトドメを刺すためだ。

関常「お前らの強軍を行かせりゃいいんだな。任せろ、それぐらいなら出来る」

本当に頼もしい戦士が戻ってきてくれた。

しかしこの戦いにもタイムリミットが迫っていることを河了貂は危惧していた。

崖上の奥には岳白公軍の予備兵が多数いるはずで、到着前に決着をつけないと大変なことになる。

河了貂「急ぐんだ、信」

苦戦する信!なぜ尾平を!?

その崖上では信と岳白公が激しく打ち合っていた。

というより信が一方的に打たれ、岳白公は信の攻撃をヒラリとかわしている。

巨大な錘による打撃を王騎の矛で受け止めるも、ダメージを被るのは信だけだ。

崇原「さっきから何だ、あの巨体で妙な動きを」

ここで田永が羌礼の言葉を思い出し信に伝えた。

田永「信!そいつの強さは巨体からの怪力じゃねェ。そのおかしな体術だっ!」

信「・・・体術・・・」

信は改めて岳白公を注視してみる。

巨体に似合わずつま先立ちをしている。

ふわっとした構えはまるで太極拳のようだ。

信「・・・・・・なるほど、そうか・・・」

ここで信は何かを閃いた!

信「尾平っ、ちょっと来い!」

なんと戦闘力ゼロの尾平を呼んだ!

尾平「へ!?お俺?」

ついに尾平も年貢の納め時か・・・(笑)

 

現在の戦況と、扈輒という武将の戦い方が詳しく描かれた『キングダム』687話。

桓騎軍にとって戦況はさらに絶望度を増し、もう立て直しは不可能と言っていいだろう。

また、今回明らかになった扈輒の用心深さを考えると、単純な不意打ちや奇襲作戦は通用しない。

だが、桓騎はすでに黒桜軍を後にし、扈輒の言う「何か」に向けて動き出しているようだ。

最期の最期に放つ、「桓騎の秘策」は一体何なのだろうか?

 

一方、信vs岳白公。

おかしな体術を使い序盤は信を圧倒しているが、すでに信は対処策を思いついたようだ。

次回必見!

 

感情など一切表わさない凍てつくような扈輒の瞳。

歴戦を生き抜いてきた凄みが伝わってくるようで、この迫力は漫画でないと味わえない。

もし買っていなければ今週のヤングジャンプを買って読もう!

では次回688話もお楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

685話 686話 687話 688話 689話

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。