キングダム ネタバレ677話考察【桓騎の狙いと扈輒の戦い方を考える】

現在、史実にもある平陽を巡る戦いの真っ最中だ。

圧倒的劣勢ではあるが、史実では桓騎が扈輒を討つことになっている。

10万の趙兵の首を斬るとも・・・

これは『キングダム』の世界では、明らかな軍律違反となる。

さらに史実では、平陽・武城の2城とも桓騎が平定したことになっている。

現在参戦している王翦・楊端和を差し置いてだ。

史実から分かることは、桓騎の目的は扈輒を討つだけでなく、もっと先のことまで狙っている貪欲さがうかがえる。

つまりここから桓騎は、秦国の英雄になるサクセスストーリーを爆走していくのだ。

作者・原先生はどのように描いていくのだろうか?

『キングダム』677話の考察をお送りする。

キングダム677話の戦況は?ひと目で分かるキャラ画像つき図解!

677話現在での戦況を見ていこう。

キングダム677話考察図

扈輒軍vs桓騎軍の戦いは早くも8日目に突入。

左翼軍(玉鳳含む)は極度の劣勢(壊滅状態?)。

中央軍(桓騎本軍)は分断に近い状態。

左翼軍へ飛信隊1万5千が援軍へ向かう。

キングダム677話の注目ポイント!

青歌にて見せた李牧の反応

李牧は黒羊丘の戦いで最も信頼していた知将・慶舎を桓騎に討たれた。

その際彼は桓騎の弱点を知り、慶舎の仇討ちを誓った。

今話で桓騎劣勢の報告を聞いても李牧が喜ばなかったのは、桓騎の戦い方を知り尽くしているからだろう。

短所(弱点)を知っているということは、長所(強み)も知っている。

青歌に同行している舜水樹と馬南慈は知っているが、扈輒には伝わっていないと思われる。

これこそ李牧が憂慮する原因だろう。

蒙恬の訴えに対する王翦の眼

今回珍しく王翦が他人に意見を求める場面があった。

自軍の知将・田里弥ではなく蒙恬にだ。

鄴攻略戦でも蒙恬を自軍に誘ったこともあり、王翦はかなり彼の知略を買っている。

その蒙恬に家族である王賁のこと案ずるよう、鋭く指摘された。

六大将軍が誰かに怒鳴られることなどほぼあり得ないが、この蒙恬の行動は彼を気に入っていた王翦にどう作用するだろうか。

一切描かれなかった桓騎軍

今話で桓騎軍の動向はまるで分からなかった。

中央軍が分断されつつあるという情報だけだ。

右軍に関してはこれまで全く情報がない。

必殺の強襲部隊・ゼノウ一家の配置にも注目だ。

考察①桓騎の狙いとはいったい?

今話677話で蒙恬が王翦に対して答えた。

蒙恬「桓騎は普通に扈輒の首を取るつもりだと思う」

“普通に”とはどういうことか?

桓騎のこれまでの戦いを振り返ると、

  • (山陽の戦い)軍師・玄峰(げんぽう)、総大将・白亀西(はくきさい)をゲリラ戦術で密かに討つ
  • (合従軍戦)魏・韓両軍15万の間を縫って韓軍総大将・成恢(せいかい)をピンポイント襲撃で討つ
  • (黒羊丘戦)飛信隊をおとりにし、総大将・慶舎のおびき出しに成功。ゼノウ一家に急襲させるも失敗するが、飛信隊の活躍で慶舎を討つ

と、どれも総大将をピンポイントで狙い討つことで勝利している。

蒙恬は桓騎のこれまでの戦い方を知った上で、今回も当然そうするだろうと言っている。

つまり、桓騎は24万の兵などどうでもよい。

結果扈輒の首を取れば勝利と考えており、そのための策を練っているに違いない。

考察②扈輒将軍はどのように戦うのか?

これまで明らかになっていることから、扈輒将軍の戦い方と性格を考察すると

  • 対燕軍戦線で荒れ狂った戦い方をする烈将だった
  • 桓騎の残忍さに引けを取らない恐ろしい戦い方をする
  • 恐らく武勇に相当自信があり、前線で兵を鼓舞するタイプ

と思われる。

また中央軍を分断しつつある戦い方も実は理にかなっている。

それは兵法では戦力差が10倍なら包囲し、5倍なら即攻撃、2倍なら分断せよとある。

3倍の兵力差がある現在、兵法通りに戦っていると言えるだろう。

しかしこれがすでに桓騎の術中にハマりつつある可能性があると思われる。

なぜなら扈輒軍は本来守備をしていれば良いので、桓騎軍を攻める必要はない。

別の言葉に「攻者3倍の原則」という言葉があり、攻撃側は守備側の3倍の兵が必要となる意だ。

つまり扈輒軍は攻めずに守っていれば、桓騎軍に敗れる可能性は皆無なのだ。

圧倒的兵力差に乗じて攻めだしていることが、既に敗戦の原因になりうるのだ。

その辺に李牧も違和感を抱いているのかもしれない。

考察③桓騎はどのような策を使い、扈輒を狙い討ちにするのか?

扈輒将軍の戦い方は桓騎の思惑通りであろう。

圧倒的な勝利を目の前に、最前線で自軍を鼓舞し有頂天になっている扈輒の姿を桓騎は望んでいるのだ。

ただし!

ここからどうやって扈輒を討つのかが原先生のマジックなのだろう。

この部分のヒントが今のところ、一切見当たらないのだ。

扈輒を討ち取る候補者は以下だろう。

  • 飛信隊(李信・羌瘣・羌礼)
  • 桓騎本人
  • ゼノウ一家
  • オギコ(大穴だがそろそろ存在価値が要るのでは・・・)

以上のように思えるが、いずれもその方法が分からない(涙)

キングダム677話考察まとめ

以上現在までの考察を紹介した。

次回の678話では、王賁軍の現状が描かれるだろう。

また左翼での飛信隊の活躍が、中央軍の戦況に大きく影響を及ぼすとも思える。

首を長くして次回を待とう!

次回678話のネタバレ考察もお楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。