キングダム ネタバレ678話考察【鍵は水?桓騎の秘策を再考察!】

『キングダム』678話では、桓騎軍の詳しい戦力と戦況が明かされた。

開戦後8日が経過しているが、予想以上に攻め込まれている秦軍。

扈輒軍は守備のためではなく、明らかに桓騎軍の殲滅を目的としている。

『キングダム』678話の考察をお送りする。

キングダム678話の戦況は?ひと目で分かるキャラ画像つき図解!

まず678話現在の戦況を見ていこう。

~開戦当初の戦況図~

キングダム678話戦況図

<戦況説明>

~開戦当初~

  • 開戦当初は右翼に雷土2万、中央軍に本陣(桓騎)・黒桜・厘玉で4万、左翼に玉鳳+寄せ集め2万が布陣していた
  • 桓騎軍8万は玉鳳も含めた兵力で、実質は桓騎軍6万、玉鳳軍1万、寄せ集め軍1万が正確な戦力だった
  • 戦場は広域に渡っており、中央軍と左翼は山二つほど離れている

~8日経過現在~

キングダム678話戦況図

  • 右翼率いる雷土は奮戦するもボロボロ状態
  • 中央軍は黒桜軍と厘玉軍に分断されてしまい、少数である厘玉軍が集中的に狙われている
  • 桓騎は摩論と共に右翼側(黒桜側)の山中に避難・潜伏している

キングダム678話の注目ポイント!

ポイント①桓騎はすでに中央軍から離れ、戦況を注視している

馬印の発言から桓騎の所在は誰も知らないようだが、すでに山中へ避難していることが描かれている。

ほぼ摩論と二人だけであり、兵を使って何かを仕掛ける様子は無い。

むしろ彼の余裕ある態度から、すでに仕掛け終えている印象がある。

ポイント②8日経過現在、桓騎軍は戦力が半減している?

中央軍はすでに分断され、厘玉軍はかなり危機的な状況と思われる。

黒桜も分断時に負傷したようで、中央軍はすでに立て直し不可能なようだ。

玉鳳軍が入った左翼は元々寄せ集め軍が壊滅状態で、さらに玉鳳も同様の状態。

桓騎軍は全兵力8万の内、4万ほど失っているのではないだろうか?

ポイント③飛信隊投入が打開策だと言う摩論は、全くそう思っていない

桓騎に「で?他には?」と突っ込まれた手前、摩論は唯一のプラス要因である飛信隊の到着を伝えたが、その表情から彼自身も打開できるとは思っていないはず。

ポイント④影丘の地形が最大のポイント!

影丘は両端が険しい崖で、左右が山岳地帯である盆地のような地形だった。

ただ平地部分はかなり広大で、大兵力も投入できそうだ。

ポイント⑤すでに王賁は戦闘不能状態

玉鳳軍の状態は危機的だった。

隊長・王賁が意識不明で戦えないし、関常・亜花錦は消息不明(恐らく生きているだろうが)。

ポイント⑥羌瘣・羌礼はまだ到着していない

飛信隊はまだ半数しか到着しておらず、特に蚩尤族の2人が後続にいる。

二人揃って参戦するとほぼ無敵になると思われるので、到着以降が飛信隊の本領発揮だ。

考察①前回考察した桓騎軍による再攻撃は厳しい

前回予想した桓騎軍の再攻撃には絶対条件が1つあった。

それは影丘の平地が狭いことだった。

調子に乗った扈輒が先頭に立って、飛信隊にトドメを刺しにきたところへゼノウ含む桓騎軍で返り討ちにする算段だった。

が、今回描かれたほどの広い平野だと逃げることもできるし、次々と兵が入って反撃できるので、扈輒を仕留められないだろう。

考察②飛信隊を含めた現状の戦力ではひっくり返せない

開戦後8日経過した現在、あまりにも負け続けており、戦力差はもっと開いていると思われる。

20万vs4万ぐらいになっているのでは?(もっと開いている可能性が高い)

飛信隊が影丘を抜けたぐらいではどうしようもない、と思われる。

考察③桓騎の態度から考えられる策とは?

今思いつく策は2つだけだ。

つは援軍。

近くに秦趙大戦で攻略した鄴(ぎょう)があり、ここに巨大な戦力が潜んでいても不思議ではない。

ただ、桓騎らしくない。

もう1つは水。

今回登場した影丘の地形を見て、干上がった大河を連想した。

飛信隊を囮として扈輒軍を呼びこんだ後、盆地のような影丘に大量の水を流し込めたら。

もちろん飛信隊もただでは済まないが、一気に形勢は逆転する。

キングダム677話考察まとめ

今話でますます桓騎の策が分からなくなった。

ただ一つ言えることは、飛信隊の動向に関係なく桓騎は秘策を繰り出すだろう。

さらに、その準備はもう整っているのでは?

あの桓騎の余裕っぷりからは、そうとしか思えない・・・

それでは次回679話のネタバレ考察もお楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。