キングダム ネタバレ679話考察【信と王賁の固い絆!嘲笑する桓騎「そんなの知ったことかよ」】

679話では、間一髪王賁が救出された。

その彼から影丘の攻略法を伝えられた信。

羌礼が加入しパワーアップした飛信隊の爆発力が期待される中、桓騎が描かれなかった。

今回も、今ある情報の中で影丘の今後と桓騎の策を考察してみる。

キングダム679話の戦況

まず679話現在での戦況を見ていこう。

  • 戦況は前話とほぼ変わらず(時間的にそれほどすすんでいない)
  • 左翼(玉鳳・飛信)も劣勢だが、中央軍・右翼もかなり絶望的

679話の注目ポイント①ターゲット・ロックオン!左端の断崖から攻める

瀕死の王賁が教えてくれた唯一の攻略法。

それは左の最も険しい断崖から登り、上から歩兵団を引き上げて攻め込む作戦だ。

成功させるには以下の手順が予想される。

  • 最初は左の緩やかな傾斜地を襲うと見せかけて、険しい断崖を襲う
  • 崖下は敵も警戒して分厚く布陣しているが、飛信隊の強力な騎馬隊(信、羌瘣隊、赤・黒飛麃隊、楚水隊)により迅速に殲滅する
  • 崖上への侵攻は敵の兵力が薄いとはいえ、最も険しい地形であることから困難を極める
    そのため崖下からの援護射撃、弓隊(弓矢兄弟)の活躍が欠かせない
  • 崖を登った部隊はさらに歩兵を引き上げるためその場を死守せねばならず、最強の部隊が必要(竜川など怪力自慢と共に、羌礼の活躍が期待される)

679話の注目ポイント②最初の陣形に戻す岳白公。奇策など想像もしていない!

三大天・龐煖の仇である飛信隊が到着したことを知り、恐らく用心のため玉鳳を討った元の陣形に戻す岳白公

もちろん一番急な断崖を狙ってくるとは予想しておらず、油断がうかがえる。

679話の注目ポイント③関常・亜花錦が描かれていない

今話でも忠臣・関常と曲者・亜花錦が、全く描かれていない。

同じ戦場にいれば王賁の危機を見過ごすはずない二人が、姿を現さないにはそれなりの理由があるはず。

恐らく傾斜面をアタックしていたどこかの段階で、山道を通り裏側に回り込む作戦を取ったのではないか?

絶対に見つかってはならない作戦なので、番陽以外の有力な将を全員引き連れていると考えられる。

もちろん彼らは王賁が崖を登ってくることを想定して、崖上で待っているはずだ。

考察①今話では全く桓騎の行動は描かれていない

相当苦戦が続いているはずの桓騎・中央軍と右翼軍。

おさらいしておくと、

  • 中央軍左・厘玉は数が少ないので集中攻撃を受けている
  • 中央軍右・黒桜は敵の圧倒的戦力の前に負傷、なお苦戦中
  • 右翼軍・雷土は奮戦中もボロボロ

最強のゼノウ部隊は全く描かれていないが、今までの戦いから推測すると雷土と共に動いているのではないか。

もしくは桓騎の指示待ちで、桓騎周辺に帯同しているかどちらかだろう。

考察②忘れてならない言葉“善悪は裏返る。特に、戦場では”

桓騎がカラー扉に描かれた677話に記されていた言葉だ。

この戦いを総括したキャッチコピーのようなモノだろう。

今繰り広げられている信と王賁の絆と友情が深ければ深いほど、この言葉がどんどん存在感を増してくるように感じないだろうか?

恐らくここから飛信隊の大活躍と、玉鳳の犠牲を惜しまぬ再参戦で影丘を攻略するかもしれない、がそんなことは桓騎には関係ないのかも。

ただ飛信隊を影丘に遅らせて参戦させたことには、理由があるはずだ。

参戦までの8日間が桓騎の秘策のカギだろう。

考察③万の軍が進めない山道・・・なにかあるかも!

ポイント③で紹介したように関常が回り込むために、すでに使った可能性は十分ある。

しかし、この山道が中央の戦場ともつながっていたら、どうだろう?

最初に予想した展開が、ほんの少しだが蘇ってくる。

影丘の平地地帯はかなり広大で万の軍勢でも行動できるが、大勢の兵が通れない山道の先陣を切って、調子に乗った扈輒が乗り込んできたら・・・

兎にも角にも、桓騎が描かれないと考察は右往左往するばかりだ(涙)

考察まとめ

桓騎の狙い、それが扈輒一人なのは間違いないだろう。

いかなる犠牲を出してでも扈輒の首を取る、桓騎はその策を着々と進めている。

影丘での展開は少しずつ見え始めてきたが、桓騎軍の今後はまだ全く見えない。

私の予想はズバリ、逃げる!だが。

次回680話のネタバレ考察もお楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。