キングダム ネタバレ681話考察【見えた!影丘攻略!手柄は玉鳳のあの2人で決まり!】

681話では、飛信隊・歩兵団が左端の一番険しい崖を攻略していく場面が描かれた。

恐らく、全読者が注目していた桓騎の次の一手が描かれなかったことは残念だが、死地・影丘の戦況と攻略に向けた道筋が見えてきた。

今回は影丘の地形を考慮しながら、今後の飛信隊の動きを予想してみる。

なお、影丘の図が自作でお見苦しいことは前もって謝罪させていただこう。

キングダム681話の考察をお送りする。

キングダム681話の戦況は?強力な助っ人、羌礼到着!

まず681話現在の戦況を見ていこう。

キングダム681話戦況図

  • 開戦9日目の影丘。歩兵団長・崇原、干斗、尾平ら歩兵団・第一陣が攻略ポイントである急斜地を登っていく
  • 頂上が見えるやや緩やかな斜面地帯へ移ると、趙兵から落石攻撃を受け滑落者が続出
  • 第二陣として到着した羌礼が早くも追いつき、強力な助っ人として第一陣に参加
  • 頂が見えないオーバーハング(90°超)状態の急斜地を進み、攻略間近となる

681話の注目ポイント①鍛え抜かれた肉体!歩兵こそが飛信隊の底力!

かつては死体に紛れて敵を討つなど、泥臭い戦闘もこなしてきた飛信隊。当時は馬なんてなかった。

信を含む5人から始まった飛信隊イズムは万の軍となった現在でも、歩兵団が脈々と受け継いでいる。

681話の注目ポイント②干斗と昴の成長っぷりが凄まじい!松左の死はムダじゃない!

松左の槍を受け継いだ干斗。今話でみせたリーダーシップは、すでに次期歩兵団長を意識さえしているようだった。

また頼りない少年兵だった昴も、羌礼を助けるほど逞しくなった。元々羌瘣から“音消しの技”など、個人レッスンを受けるほどなので、素質はあったかも。

681話の注目ポイント③岳白公軍は油断しきっている

岳白公の参謀は「人には登れない崖」とすでに決めつけているので、次なる対処策を講じていない。完全に油断してしまっている。

ただし崖上には相当な兵数が待機しており、歩兵団だけでは岳白公は討ち取れないだろう。

考察①影丘攻略の方法が見えた!まずは歩兵団による崖上突破!

歩兵団・第一陣は干斗を先頭にして、すでに崖の頂上に手が掛かった。

崇原らが居るので突破力は高いが、加えて羌礼が加わったので崖上の兵をなぎ倒すだろう。

 

岳白公本陣と急斜地の間には一つ緩斜地があり、そこには兵が密集して狩り場を形成している箇所がある。

登ってくるはずのない敵が突如現れ、右の崖上兵を倒しこちらに向かってくる!

狩り場の多数いる兵は大混乱しながら、飛信隊・歩兵団と交戦に入るだろう。

考察②歩兵団・第二陣の参戦!そして騎馬隊による緩斜地突撃!

飛信隊組織図

これが本当の狙いで、緩斜地が混乱し手薄になると隊長・信を含む騎馬隊が本領発揮できるのだ。

騎馬隊は主に

  • 楚水隊1,000
  • 黒飛麃500
  • 赤飛麃500
  • 那貴隊500
  • 田有・田永各500

で構成されており、精鋭部隊約3,500が一気に攻めたてるからだ!

さらに羌瘣隊は5,000の内1,500は騎馬隊で、羌瘣本人は騎馬で参戦してくると思われる。

そうなるとその突破力は秦軍一!

岳白公は後方へと下がり、さらに右に展開している狩り場の兵たちを続々と飛信隊へぶつけていくことになるだろう。

考察③右端へ陣取った岳白公。そこへまさかの関常・亜花錦隊が!

圧倒的な飛信隊の突破力の前に、辛くも右端へ逃げ切った岳白公。

今後の戦況次第では、影丘からの戦場離脱も考えなければならない状況だ。

ところがすでにチェックメイト!

右奥の山間部へつながる山道から、関常・亜花錦の少数精鋭部隊が突撃!

この2人がしっかりと戦況を把握しているかは疑問だが、目の前にいる大将を逃す手はない。

キングダム681話考察図

キングダム681話の考察まとめ

王賁・番陽が苦戦していた箇所が右端の緩斜地だったことを考えると、別動隊となった関常・亜花錦は右の山道を通って崖上を目指していると考えられる。

彼らは王賁が崖を突破してきた時のために行動しているはず。

飛信隊の登場に驚くのではないだろうか。

とにかく先の8日間の苦労も含め、今回の手柄は玉鳳へ譲ることになって欲しいものだ。

それでは次回682話のネタバレ考察もお楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。