キングダム ネタバレ682話考察【桓騎の秘策発動間近!信も雷土も関係ナシ!?】

682話では、飛信隊歩兵団が険しい崖を登り切り、ついに影丘攻略への糸口をつかんだ。

一方、桓騎軍右翼では雷土により、龍白公の息子の亡骸を餌にし罠が掛けられていた。

まんまとかかった敵左翼大将・龍白公。

この雷土の行動には一体どんな結末が待っているのか?

キングダム682話の考察をお送りする。

キングダム682話の戦況は?

まず682話現在の戦況を見ていこう。

キングダム682話戦況図

  • 飛信隊の行動はほぼ予想通り。緩斜地に布陣する狩り場を歩兵団で潰した後、信ら騎兵隊を呼び込むことに成功。あとは前回の考察通り、関常・亜花錦の登場を待つのみ
  • 桓騎軍・右翼は龍白公の息子を捕まえてしまったおかげで、軍の後退を止め、龍白公へ罠を仕掛けた
  • 以前として劣勢は続いており、圧倒的な兵力差がある

682話の注目ポイント①飛信隊の見事な連携プレー!まだまだ続く騎馬隊の速攻

歩兵団の若手による活きのいい先制攻撃、ベテランによる着実な侵攻。

さらに隊長・信による息の合った連携プレーが炸裂し、崖上の趙軍はカオス状態へ。

ここから騎馬隊の中核である飛麃隊や羌瘣隊が、更なる追い打ちをかけるだろう。

682話の注目ポイント②それでも全く慌てない岳白公!その実力は?

自軍の混乱状態を目の当たりにしても、全く動じない大将・岳白公。

恐らく自分の武力に絶対の自信があることの表れだと思われる。

それを裏付けるように手にした武器は錘(すい)。

蒙武や汗明らが使っていた錘は円柱形だったが、岳白公のそれは円形の金瓜錘だ。

どちらにしても相当な腕力を必要とする、パワー系・どつき系の武器だ。

次回、信との一騎打ちに注目!

682話の注目ポイント③雷土の仕掛けた罠!いったいなんのために!?

最大の注目ポイントが雷土の罠だ。

圧倒的優勢で放っておいても勝利するはずなのに、なぜ敵大将の息子が最前線で戦っていたのかも不思議だが、さらにどうしてこのタイミングで仕掛けたのか?

桓騎からの伝令で一旦は後退しかけた部隊を止めてまで、来るか来ないか分からない龍白公を待つことにした。

かなり謎が残る行動を、雷土は選択した。

考察①順調に見える飛信隊。そもそもの戦力差は?

戦局が好転に向かい始めた影丘だが、そもそもの戦力差を考察してみると他の戦場はやはり絶望的な戦況であることが分かってくる。

キングダム682話考察図

扈輒本陣に2万残しておくとして、各戦場への割り振りは両翼6万、中央10万といったところか。

元々の戦力差が3倍なのだから、各戦場の戦力差も約3倍だ。

9日目になり各戦場とも兵数は減っているだろうが、劣勢が続いていた秦軍から見れば、その差が開くことはあっても、縮まっていることはないだろう。

考察②各戦場とも大将首を取って終わりならいいが・・・

これだけの兵力差があるのだから、仮に岳白公や龍白公の首を取ったとしても、それで勝利となるだろうか?

まだまだ圧倒的に敵の数が多いのだから、乱戦になれば桓騎軍は勝ち目ナシと言えるだろう。

考察③桓騎の指示を無視した雷土は行きあたりばったり

飛信隊は戦略的に影丘を攻略している。

仮に崖上を制圧すると、今度は地形的に絶対優位となるからだ。

また岳白公が半数を崖下に投入していたとしたら、崖上は3万ぐらいとなり1.5万の飛信隊ならその破壊力で何とかなりそうだ。

問題は雷土の右翼。

偶然転がってきた好機を、行き当たりばったりの策で利用したような感じがする。

しかも桓騎の指示を無視するかたちで。

キングダム682話の考察まとめ

今回の考察で行き着く結論は、圧倒的な戦力差を桓騎は一発逆転の秘策でひっくり返そうとしている、ということだ。

各戦場の大将を討ち取っても、総大将・扈輒がいる。

もっと言えば扈輒を討ち取っても、平陽・武城近辺に李白が待機している。

あくまで目的は平陽・武城を抜き、邯鄲侵攻なのだから、兵数を減らさなければ差が縮まらないし、いつまでも城を落とせないのだ。

つまり、桓騎は左翼も右翼も関係なく、大量の兵を一気に葬り去る天災にも近い一撃を放つと予想する。

それでは次回683話のネタバレ考察もお楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。