キングダム ネタバレ684話考察【亜花錦の才能炸裂!あれっ!?関常はどこへ?】

684話では、亜花錦の活躍で、岳白公軍を窮地に追い詰めることができた。

崖上では敵大将・岳白公と飛信隊隊長・信の一騎打ちが迫る。

一方、数日前の玉鳳での会議では、首脳陣の1人・関常が描かれていなかった。

亜花錦と行動を共にしていると思っていた方も多いのでは・・・

一体どういうことだろう?

キングダム683話の考察をお送りする。

キングダム684話の戦況は?

まず684話現在の戦況を見ていこう。

キングダム684話戦況図

  • 攻略が厳しい山岳地帯であっても騎馬を連れてきた亜花錦。読み通り崖上で機動力を発揮し岳白公軍を翻弄する
  • 敵軍本陣に対しては兵力差を考慮し肉弾戦を避け、距離を置き注意を引き続けることで戦力の分断を図る
  • 敵軍の勢いが削がれたことを見逃さなかった信たち騎馬隊が、岳白公本陣に再び押し込む

684話の注目ポイント①亜花錦の戦略眼!ただのくせ者ではない!

崖上の岳白公軍本陣との戦力差は歴然。

亜花錦は機動力を使い、挟撃の相方である飛信隊を活かす策を選んだ。

かつて呉鳳明も什虎で挟撃を仕掛けた時、最強の駒が一番活躍できる策を選んだ。

その結果、騰が敵本陣を壊滅させた。

この戦況では什虎ほど選択肢は無かったが、亜花錦も一番強い信を活かす選択をしたと言えるだろう。

結果岳白公本陣は、あっという間に絶体絶命に追い込まれた。

  • 崖下に逃げれば羌瘣隊と飛信隊の挟撃
  • 後方森林地帯に行けば、亜花錦隊と飛信隊の挟撃
  • 亜花錦隊が現れた左端に逃げ込むなら、直進する飛信隊の勢いに飲み込まれるだけでなく、影丘からの退場を余儀なくされ、敗戦決定

つまりその場に踏ん張って留まり、飛信隊を跳ねのけるしか選択肢は無くなったと言えるだろう。

684話の注目ポイント②岳白公本陣はすでに包囲されている

河了貂「影丘の地形が裏目にでたんだ」

岳白公が追い詰められつつある戦況を、河了貂のこの言葉が表している。

崖上に敵が登ってくることなど想定していなかった岳白公は、崖際に陣を張り高みの見物を決め込んでいた。

飛信隊歩兵団が崖を登ってきた時でさえも、まだまだ余裕のある兵力で跳ねのけることができると考えていたのだろか?

軍を森林地帯側へ後退させることをしなかった。

その結果、機動力のある亜花錦騎馬隊に先を越されてしまい、後方へ退却することができなくなってしまったのだ。

左側緩斜地から平地に降りることはできるが、すでに下で猛威を振るっている羌瘣の騎馬隊が襲い掛かってくるだろうし、上からは信率いる騎馬本隊が追いかけてくる。

つまり、後退すると更なる挟撃を食らうことになるだろう。

684話の注目ポイント③満を持して岳白公出陣!その実力は?

絶体絶命の危機と気が付いていないのか、大将・岳白公は余裕しゃくしゃく。

武力に絶対の自信があることは、外見から容易に察することができる。

しかし相対するのは、久々に見せ場が訪れた主人公・信だ。

圧倒してくれることを期待したいが、新戦力・羌礼がおいしい所を持っていく可能性もアリか?

考察①関常はどこに行ったのか?

数日前に行われた作戦会議の場面には、関常が描かれていなかった。

玉鳳の会議に彼が参加していないことなど、通常ありえない。

恐らくそこに居なかったからだろう。

開戦前、桓騎の使者として摩論が玉鳳に訪れた際、関常は参戦を徹底拒否した。

関常「影丘を狙うのは、無謀を通り越してバカのやることだ」

その後摩論に言いくるめられ、参戦したところまでは描かれている。

では関常はどこに行ったのだろう。

  1. 亜花錦同様、別働隊となって潜んでいる
  2. 開戦数日で攻略は厳しいと判断し、援軍の要請に向かった

これぐらいしか思い浮かばない。

次の項から上記2点を考察していく。

考察②関常は別働隊となって潜んでいる?

①の考察。

王賁が亜花錦に別働隊を命じた時点で関常は姿を消していることから、別働隊になっているとしてもそれは単独行動だろう。

しかし王賁が危機的な状況に陥った際、その様子を見た関常はとても亜花錦のように冷静ではいられないだろう。

日以上も別働隊として潜んでいることも厳しいことから、可能性は低いと思われる。

考察③関常は王翦or桓騎に援軍要請しに行った?

②の考察。

元々、関常も亜花錦も王翦の部下だったが、恐らく「王賁を頼む」的な感じで玉鳳に派遣されたのだろう。

関常にとっても亜花錦にとっても、王賁は「若」であり王翦が「殿」なのだ。

「若」の危機に、関常が援軍の要請を王翦に頼みに行っていてもおかしくはないだろう。

もしかしたら、亜花錦と相談の上での行動かもしれない。

もう1つ援軍を頼みに行く先があるとすれば、桓騎軍本陣だろう。

元々王賁は王翦に対して、「頼りたくない」というプライドを見せている。

また戦前、摩論に「桓騎軍も影丘に兵を出せ」、と言っていたことから可能性はあるだろう。

いずれにせよ、援軍を頼みに行けるとしたら王翦か桓騎、どちらかだろう。

キングダム684話の考察まとめ

影丘の戦場は信が岳白公を討ちとってひと段落と思いたいが、圧倒的な兵力差は残る。

戦後処理も含めて王翦軍の到着で、影丘攻略完了といった感じになるのでは。

そうなると桓騎中央軍と右軍は完全に切り離されることとなるだろう。

桓騎の秘策が放たれるお膳立ては完了すると見られるのだが、はたしてどうだろうか?

それでは次回685話のネタバレ考察もお楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。