終活ファンタジーに見る、大事な人の看取り方

『葬送のフリーレン』書影画像

剣と魔法のファンタジー世界でも、命あるものは当たり前に死んでいく。

魔王を倒した勇者一行とて寿命と無関係ではいられず、どんな偉大な伝説も時が経てば忘れ去られていく。

今回はそんな『葬送のフリーレン』から、大事な人の看取り方を学んでいきたい。

遺される側の悲哀、身近な人に気持ちを吐露しよう

本作の主人公はエルフのフリーレン。

外見はせいぜい十代の少女にしか見えないが、エルフ故に時間の感覚が人と違い、勇者パーティーと旅した十年間を「ちょっとの間だけどね」と言ってのける。

言うなれば彼女は常に見送る立場、残される側だ。

もし自分が見送る側になったらどうだろうか。

どんな態度で臨終に立ち会うのが正しいのだろうか。

できれば気持ちよく送ってあげたいと誰もが考える一方、喪失の哀しみは禁じ得ない。

グリーフケアには哀しみを受け止める聞き役が必要だ。

フリーレンの場合は僧侶ハイターがこれを務めるが、私たちも身近な人間(いなければボランティアでもカウンセラーでもいい)に気持ちを吐露し、感情の浄化をはかっていいかもしれない。

記憶の中で生き続ける仲間たち

心優しく困った人を放っておけない勇者ヒンメルは、死後もフリーレンや仲間たちの回想に度々登場しては、彼らの生き方の道しるべとなる。

死者の記憶が生者に影響を与え、回り回って誰かを救い、未来へと受け継がれていく。

ヒンメルに感化され孤児を引き取ったハイターはその自立を促し、彼女の未来をフリーレンに託す。

遺していく家族や弟子が自立できるように、必要とあらば助力を乞うのも終活の一環だ。

死が避けられないのなら、周囲が「あの人こんなこと言ってたっけ」と回想する都度前向きになれる終わり方をしたいものだ。

仲間の遺志と遺児を背負って

世界諸国を巡る旅の過程において、フリーレンは仲間や知人が育てた弟子たちを託されていく。

僧侶ハイターの弟子のフェルン、戦士アイゼンの弟子のシュタルク。

いずれも師匠と血の繋がりはないが、彼らのもとで長く修行し、その信念までも受け継いだ者たちだ。

仲間を看取ってそこで終わりではない。

仲間が心を残した若い弟子、彼らの精神的後継者ともいえる身内との縁を切らず、旅の中で見守り導くことで人の本質を知っていく。

現実の終活も、ただ自分が死ぬ準備をする、看取る準備をして終わるのではない。

人の死が誰かに遺産を託し、信念を継ぐのと同義なら、「そこから始まる関係性」もまたあるはずだ。

ならば人と人との繋がりを大事にしていきたい。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

『とんがり帽子のアトリエ』あらすじと感想【米アイズナー賞受賞!新世代の魔女っ子物語】『とんがり帽子のアトリエ』あらすじと感想【米アイズナー賞受賞!新世代の魔女っ子物語】 合言葉は「やっぱりプロだな俺」 漫画『ザ・ファブル』に学ぶ“最強仕事術”がタメになる!?合言葉は「やっぱりプロだな俺」 漫画『ザ・ファブル』に学ぶ“最強仕事術”がタメになる!? ポジティブな生き方の秘訣って何? 日本一の嫌われ者・西野亮廣の生き方から見えてきた答えは…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です