胸熱なサッカー漫画おすすめ15選【王道からマイナー作品まで!】

この機会にサッカー漫画を読んでみませんか?

「サッカーとか全然やったことがないから、サッカー漫画は読まないよ‥」などと思っている方も多いでしょう。

しかし、サッカー漫画はサッカーのルールが分からなくても大丈夫。

解説しながらストーリーが進行していくので、サッカーの知識をつけながら漫画自体を楽しめるんです!

サッカー漫画と一言で言っても、ノンフィクション作品のような現実味のあるものから、現実味が薄れたネタ系のものまで幅広い種類があります。

この記事では様々な種類のサッカー漫画を15個ご紹介します!

新川直司 『さよなら私のクラマー』

さよなら私のクラマーは、「四月は君の嘘 」などで知られる新川直司が描いた、累計600万部を記録した青春女子サッカー漫画です。

月刊少年マガジンで連載されており、2020年12月に完結しました。

無名校の女子サッカー部には、サッカーの才能がある3人がいました。

そんな3人を中心に、強豪校に立ち向かっていきます。

各キャラクターにはそれぞれドラマがあり、サッカーだけではなくドラマまで楽しめます!

「さよならフットボール」という人気作が原作なので、さよならフットボールが好きな方は是非読んでください。

そうではない方も、まずは1巻から読んでみてはいかがでしょうか。

ストーリーに惹かれるはずです。

田中モトユキ『BE BLUES!~青になれ~』

BE BLUES!~青になれ~は、少年サンデーで連載されています。

2021年2月現在、42巻まで販売されている人気のサッカー漫画の1つです。

サッカー日本代表になりたい少年、一条龍。

そんな一条龍は、小学生の時に幼馴染の優人が交通事故にあいそうになったところを助け、重症を負いました。

それでも懸命に将来の夢であるサッカー日本代表を目指します。

一度挫折を経験しても諦めずに努力しているので、読めば勇気をもらえるでしょう。

そのため、勇気をもらいたいと考えている方に読んで欲しい漫画の1つです。

大武ユキ 『フットボールネーション』

フットボールネーションは、サッカーファンの大武ユキが日本サッカーのおかしなところをストーリーと一緒に解説してくれる漫画です。

ビッグコミックスペリオールで連載されており、2021年2月現在、15巻まで販売されています。

成長期が遅れユースに上がれなかった天才が、フットボールネーション(サッカー先進国)にすることを目指す監督と出会います。

そして、アマチュアのチームで天皇杯制覇を目指します。

ストーリーだけでなく、”ディフェンスは腰を落とさないで腰高で対応する”などの作者からのアドバイスも掲載されています。

そのため、実際にサッカーをプレイしている方に読んで欲しい漫画の1つです。

大島司『シュート!』

シュート!は1990年から13年間、少年マガジンで連載されました。

サッカー漫画の佳作と言われることも多く、連載終了から長い月日がたった今も多くの方に愛されています。

エースの久保嘉晴に憧れて、掛川高校サッカー部に入部したトシ。

彼が仲間と一緒にインターハイを目指していくというストーリーです。

シュート!を子どもの頃に読んだことがある方も多いでしょう。

大人になると子どもの時と違った感想を抱くと思います。

子どもの頃にシュート!を読んだことがある方はぜひ読んでみてください。

サッカー漫画の佳作とも言える作品なので、子供の頃にシュート!を読んでいない方も一度読んでみてはいかがでしょうか。

綱本将也『GIANT KILLING』

サッカー漫画の主人公といえば何歳位をイメージしますか?

GIANT KILLINGは、主人公が30代という珍しいタイプのサッカー漫画です。

主人公の達海は負傷して、リーグジャパンの1部リーグに所属しているチームETUを脱退してしまいます。

そんな達海の苦悩を描きます。

仕事や家庭などに対して苦悩した経験はありませんか?

この本は30代の主人公の苦悩を描いたサッカー漫画です。

そのため、何かに悩んでいる大人に読んで欲しい漫画の1つです。

この漫画から得られることがきっと、あるはずです。

高橋陽一『キャプテン翼』

キャプテン翼は、週刊少年ジャンプ、週刊ヤングジャンプ、グランドジャンプで連載されたサッカー漫画です。

7000万部以上発行されており、およそ20の国や地域で販売されている人気作です。

主人公の大空翼は南葛小に転校してきます。

南葛小を舞台に、仲間やライバルとの友情、成長が描かれます。

はじめは小学生ですが、中学生、ジュニアユースと徐々に成長していくので、翼たちの成長も感じられるでしょう。

サッカー漫画を読んだことがない方でも、キャプテン翼という名前を聞いたことがある方は多いでしょう。

初めてサッカー漫画を読みたいと考えている方に読んで欲しい漫画の1つです。

ノ村優介『ブルーロック』

ブルーロックは、2018年から少年マガジンで連載されており、2021年2月現在12巻が販売されています。

ストライカーになりたい高校生300人を集めた施設、ブルーロック。

その施設で299人に勝ち抜けば世界一のストライカーになれ、負けたものは日本代表の権利を失います。

そんなブルーロックでのストーリーを描いた作品です。

ブルーロックでは、サッカーの知識だけではなく成功するためには、どうすれば良いのかを知ることができます。

そのため、成功者になるためのポイントを知りたいと考えている方に、読んで欲しい漫画の1つです。

伊賀大晃『エリアの騎士』

エリアの騎士は、2006年から2017年まで少年マガジンに掲載されました。

アニメ化された大人気作です。

幼いときは兄の傑とともにサッカーをしていた駆。

しかし、兄の傑がU-15日本代表に選ばれるほどの実力を持っているのを見て、徐々にサッカーから離れてしまいました。

駆は中学校に上がると、サッカー部のマネージャーを務め練習には参加しないことにしましたが、サッカーを諦められず夜な夜な公園で練習に励んでいました。

サッカーだけではなく、友情や恋愛シーンもあるので学生時代を思い出すでしょう。

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。