キルアの魅力とは?念能力や名言などを徹底解剖!【ハンターハンター】

ハンターハンター キルア

1998年から『週刊少年ジャンプ』で長年連載されている漫画の1つ、『HUNTER×HUNTER』(ハンターハンター)。

その中でも、暗殺術の使い手の天才ハンター、キルア=ゾルディックは人気投票で常に1位を獲得していることからわかるように多くのファンに愛されているキャラクターです。

この記事では、そんなキルアについてプロフィールから念能力や強さ、名言まで知ることができます!

キルアのことをよく知らない方は、是非ご覧ください。

キルアとは?暗殺一家の天才ハンター

出典:amazon.co.jp

初めて登場した時は11歳でしたが、現在は12になっています。

身長は158cmで、体重45kg。

誕生日は7月7日で、血液型はA型。

銀色の髪色に、ツンツンとしている髪型が特徴的です。

アニメ版では、第1作は三橋加奈子、第2作は伊瀬茉莉也が声優を担当しました。

第1作は個性的な声、第2作は女の子っぽい声になっています。

パドキア共和国が出身地で、そこに住んでいるゾルディック家という一家の1人です。

ゾルディック家は暗殺一家で、パドキア共和国の観光名所の1つでもあります。

ゾルディック家の兄弟の名前は法則があります。

イルミ→ミルキ→キルア→アルカ→カイトというように、しりとりになり、真ん中にはが入ります。

キルアという名前は「Kill(殺す)」という意味が隠されていると考察できるでしょう。

そんな一家で育ったので、幼い頃から英才教育を受けさせられていました。

そのため、ゾルディック家の後継者として認められるほどの才能を持っています。

天才ハンターと言っても、過言ではないでしょう。

悲惨な幼少期。地獄のような訓練の数々…

キルアはゾルディック家に生まれたので、幼い時から暗殺の英才教育を受けさせられていました。

あまりにも危険な存在だったので外出することは許されず、家族や執事などの使用人以外とは話すことも出来ませんでした。

将来は一流暗殺者になるために、毒を飲まされる、電撃を喰らわされるなどの地獄のような訓練を受け続けなければいけませんでした。

このようにキルアは洗脳されていました。

ですが、成長すると、その教育はおかしいのではないかと感じるように。

ハンター試験を受けるとなったときには家族から猛反対されたので、母親を刺し家出をしました。

ゾルディック家に戻ったときには、拷問を受けさせられます。

自宅には拷問部屋があり、そこでは手枷と足枷をはめられ吊るされます。

そこからムチを使って殴られる、タバコを肌に押し付けられるなどのキツイ拷問を受けさせられるのです。

ゴンと出会い普通の人間へと

暇を潰すために受けた第287期ハンター試験で、ゴンに出会いました。

そこから意気投合し、キルアにとってゴンは初めての友達になったのです。

グリードアイランド編でドッジボールをしたときには「ボールに全力でオーラをぶつけられるのは、キルアがボールを持っていてくれるから」とゴンに言われているので、信頼関係があるといえるでしょう。

天空闘技場で素晴らしい成績をおさめる

「6才の頃かな無一文で親父に放りこまれた」とキルアが言ったように、戦いで生計を立てるような集団の中に6才でとび込みました。

そして、2ヶ月で150階、2年で200階という素晴らしい成績をおさめました。

200階到達したときには2億円稼いでいましたが、その2億円はすぐに消費したというエピソードがあります。

ゾルディック家はかなりのお金持ちなので、キルアも金銭感覚が狂っていると言えるでしょう。

イルミの洗脳に気がつく。頭の中に針が!?

イルミはキルアを愛していたので、キルアが死なないように暗示をかけるなどの洗脳をしていました。

そのため、キルアの頭の中には針が埋め込んであったのです。

その洗脳にキルアは気が付き、針を頭の中から取り出しました

すると、今まで以上に強くなり、多くの敵を圧倒していきました。

このことから、イルミは相当心配していたということが分かるでしょう。

キルアの強さは?作中トップクラスの実力者

自分のオーラを電気に変化させるという念能力は素晴らしく、かなり強い直属護衛軍のユピーも「手も足も出ねェ!!」と言ったほどです。

特に「神速(カンムル)」は素晴らしく、反射速度の限界を強制的に引き上げ、最高速度で戦います。

念能力などの技だけではなく、頭も良いので、適切な判断ができます。

そのため、ハンター・念能力者としてはかなり優秀、作中トップクラスのキャラクターと言っても過言ではないでしょう。

キルアの念能力は?自分のオーラを電気に!

自分のオーラを電気に変化させるという念能力を持っており、念能力の種類は変化系です。

攻撃にも使えますし、自分の身体能力を上げることや、自分自身に蓄電して威力をあげることもできます。

ただし、コンセントやスタンガンからの充電する必要があります。

雷掌(イズツシ)

手のひらをスタンガンの様にすることによって、相手の動きを一時的に止めることができます。

グリードアイランド編で「サブ」に対して、メルエムの護衛軍であるユピーなどに使用しました。

強力な敵でも相手の動きを止めたので、距離が近い戦闘では、とても効果があるといえるでしょう。

落雷(ナルカミ)

自身のオーラを電気に変えて、まるで雷のように相手に落とすことができる技です。

キメラアント編では「ラモット」に対して、王直属の護衛軍であるモントゥトゥユピーにも効果を発揮しました。

王直属の護衛軍であるモントゥトゥユピーは、簡単に言うと非常に強い的なので、かなり威力がある技だと言えるでしょう。

電光石火(でんこうせっか)

自分の意志によって身体を動かし、超速での移動や攻撃することができます

実力のあるゾルディック家の執事なども一瞬で見失ってしまうので、キルアのスピードは非常に早いと言えます。

スピードだけで評価するのならば、キルアが作中ではトップの成績をおさめるのではないでしょうか。

ゴン、ネフェルピトーとの戦いに急行するシーンが描かれているなどと、電光石火はかなり便利な技だと言えるでしょう。

疾風迅雷(しっぷうじんらい)

あらかじめ準備しておいた動きを自動的に繰り出せるようにした、神速(カンムル)の派生技 の1つが、疾風迅雷です。

相手の動きやオーラに合わせて、身体が勝手に反応するという神速です。

この疾風迅雷によって回避することができないような、カウンター攻撃を繰り出すこともできます。

モントゥトゥユピーと戦ったときには、毎回、桁違いに早い反応速度でボロ勝ちしました。

神速(カンムル)

自分の身体にあえて電気の負荷をかけることによって、反射速度の限界を強制的に引き上げ、潜在能力を超えるスピードを出すことができる技です。

大量に電気を必要とするので電池切れになりやすいという欠点もありますが、かなりのスピードで移動できるので、現場に急行する時などに活用されています。

他キャラクターとの関係性

兄弟について

キルアにはイルミ・ミルキという二人の兄がおり、アルカ・カイトという二人の弟がいます。

他にも、アルカという妹がいます。

長男のイルミは思いやりのない性格ですが、キルアのことはその性格とは正反対で、とても大事に思っています。

そのため、イルミはキルアの脳に針を刺してしまい、キルアが死なないように暗示をかけていました。

結局、キルアはこの針を抜いたのですが、今でもイルミには苦手意識を持っています。

キルアはアルカのことをとても大切にしており、アルカもキルアのことをとても大切にしています。

つまり、二人の間には親愛関係があるという訳です。

そのため、キルアはアルカのもうひとつの姿であるナニカの能力を使うことが出来ます。

主人公ゴンとの関係

キルアはゴンを相棒としてとても大切にしており、それと同時にゴンもキルアを大切にしています。

感謝の言葉をたくさん言う、お互いが死にそうになっている時はすぐに助けに行くなどが例として挙げられます。

そんな相棒同士である2人ですが、現在はお互いに別れています。

ゴンとキルアは旅の目的が違っていました。

キルアはやりたいことを見つけるため、ゴンは父親を捜すことが旅の目的でした。

結局、2人の目的は達成されます。

そのため、キルアとゴンはお互いの道を歩んでいくことにしました。

2人は「じゃあ また」という別れの言葉を残し、さみしげな表情を見せながらお互いの道を歩んでいきました。

「じゃあ、もう二人は会わないの?」と疑問に思われるでしょう。

2人は主要キャラクターなので、もう会わないことは考えにくいです。

恐らく、暗黒大陸編で再会すると考察しますが、暗黒大陸編も長いのでもう少し先の話でしょう。

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。