再開が待ち遠しい!『ハンターハンター』のおさらいと今後の展開予想

ハンターハンター36巻書影画像

漫画好きならきっと誰もが耳にしたことのある、『HUNTER×HUNTER』(以下、ハンターハンター)。

1998年に連載が開始されて以降ジャンプでの人気は常に上位をキープしています。

未だに完結していないものの、文句なしに名作漫画と言って良いでしょう。

残念ながら、作者の富樫先生の都合により現在は休載中となっていますが、多くのファンが再開を待ち望んでいます。

何を隠そう、私もそのうちの一人。

『ハンターハンター』を連載開始当時から見守り、再開を心待ちにしています。

本記事では、そんな私がこれまでの『ハンターハンター』のあらすじと基礎知識、さらには暗黒大陸編の続編の予想をします。

ぜひ最後までお付き合いください。

『ハンターハンター』が最強な理由はこれだ!

少年ジャンプでずっと大人気!

『ハンターハンター』は、1998年に少年ジャンプに掲載されて以降、現在も続いている人気漫画です。

確かに「万人受け」という観点では『ワンピース』や『鬼滅の刃』の後塵を拝する形になっています。

しかし、緻密なストーリー展開や世界観の設定、引き込まれてしまうほど魅力的な登場人物たち等、間違いなく日本漫画史上に残る名作と言って良いでしょう。

天才漫画家・富樫先生の代表作

『ハンターハンター』は、天才・富樫先生の作品です。

富樫先生の作品で最も有名なのは『幽遊白書』でしょう。

ドラゴンボールやスラムダンク等ジャンプ黄金時代と呼ばれていた当時も、それら伝説の名作漫画に引けを取らない人気を博していました。

『ハンターハンター』も『幽遊白書』もそうですが、富樫先生の作品の特徴として、主要キャラクターの魅力と感情表現の豊かさが挙げられます。

直情型のリーダー、おバカだが情に厚い側近、頭の切れる参謀、一見小賢しく裏切りの匂いがする小兵…

ファンならきっとどのキャラを指しているかわかりますよね。

敵キャラの「不安定さ」も特徴です。

『鬼滅の刃』の鬼滅辻無惨様のように、最初から最後まで悪を貫くキャラクターとは一線を画し、敵キャラにもどこか「正義」めいたものを感じます。

『幽遊白書』の戸愚呂弟や仙水、『ハンターハンター』のクロロやメルエムのように、「そういう考えもあるよな…本当に敵か?更生の余地があるのでは?」と思わせてしまうような巧みさがあります。

この不安定さが、読者を惹きつけてやまない魅力の一助となっているのではないでしょうか。

ちなみに富樫先生は、セーラームーンの作者である武内先生と結婚されたことでも有名です。

『ワンピース』の3分の1? あまりにも休載が多いことでも有名な漫画

『ハンターハンター』と富樫先生の名を世に知らしめているのは、ストーリーやキャラクターの魅力だけではありません。

1997年に連載が開始された『ワンピース』の単行本が2020年4月現在98巻であるのに対し、『ハンターハンター』は現在36巻。

原因は、富樫先生の「休載期間の長さ」にあります。

全て憶測の域を出ないですが、「病気説」「サボり説」「ネットゲームにはまっている説」等、まことしやかに噂されています。

しかし、休載期間が長いのは紛れもない事実であり、2021年4月現在も残念ながら休載中です…

これを読めば大体わかる!『ハンターハンター』の基礎知識

主要な登場人物を紹介!全員キャラが濃くて魅力的

ゴン

出典:amazon.co.jp

自然と共に育った、身体能力満点の野生児。

優しく思いやりがあるが、一度決めたことはやり通す強靭な意志を持ち合わせている。打撃力が高い。

キルア

出典:amazon.co.jp

暗殺一家ゾルディック家の息子。

生まれながらにして数々の過酷な訓練を受けてきており、常人を死に至らしめる電気や毒などは一切効かない。

ゴンの親友で優しい心を持つが、友情を良しとしないゾルディック家、特に兄であるイルミの教育方針との間に揺れる。

自身の身体に電流を流し、光の速さで移動することができる。

ハンターハンター キルアキルアの魅力とは?念能力や名言などを徹底解剖!【ハンターハンター】

クラピカ

出典:amazon.co.jp

惨殺されたクルタ族の生き残り。

感情が昂ると緋色になるクルタ族の目は闇市場で高額の取引対象となっており、クラピカは同胞の目をすべて取り戻すことを最終目的としている。

本作品でトップクラスの頭脳を有し、冷静かつ目的のためには手段を選ばない冷酷さも持ち合わせている。

5本の指から特殊な能力を持つ鎖を出現させることができ、相手の能力を無効化することもできる。

クラピカ最強のクルタ族 クラピカの魅力とは?念能力や名言などを徹底解剖!【ハンターハンター】

レオリオ

出典:amazon.co.jp

医者志望の青年。

がさつでだらしないように見えるが情に厚い。

重症のゴンを心配している様子が見えない父親・ジンへの演説と鉄拳制裁が多くのハンターの心を打ち、ハンター協会会長選挙では思わぬ躍進を見せる。

自身の攻撃を遠隔操作する能力を持つ。

ジン

出典:amazon.co.jp

ゴンの父親。

頭脳明晰で意志も強いが、「自分にとって面白いかどうか」しか頭にないため、組織の中では嫌われる傾向にある。

かと思いきや、度が過ぎる悪には自ら制裁を加えに行く等の正義漢の一面も持つ。

遺跡の発掘や未知の発見に高い関心を持ち、暗黒大陸への上陸を心待ちにしている。

攻撃に関しては天才的であり、一度受けた敵の攻撃はほぼ再現できるという。

能力の全貌は明らかになっていない。

幻影旅団

出典:amazon.co.jp

クロロ率いる盗賊団。

全員が高い戦闘能力やスペシャリティを持つ。

クルタ族の目を奪った張本人であり、クラピカとの間には深い確執がある。

中でもヒソカの戦闘能力は随一で、ありとあらゆる場面で暗躍している。

ハンターハンター11巻書影画像クロロの魅力とは?念能力や名言などを徹底解剖!【ハンターハンター】

ゾルディック家

キルアの家族であり、暗殺業を生業としている。

全員高い戦闘能力を備えており、特にゼノ・シルバ・イルミの戦闘能力は凄まじい。

キルアの兄であるイルミは、常にキルアの人間的成長を阻み、人としてではなく「非情な殺し屋」として成長してほしいと願っている。

また、大きな代償を払えばどんなお願いも叶えてくれるという能力を持つアルカ(ナニカ)は、今後の展開上重要な人物として描かれている。

アイザック・ネテロ

出典:amazon.co.jp

ハンター協会元会長。

風来坊のような雰囲気だが、武術をベースとした凄まじい戦闘能力を持つ。

「ハンターハンター史上最高の戦い」とも言われるメルエムとの激闘で命を落とす。

ビヨンド・ネテロ

アイザック・ネテロの息子。

暗黒大陸進出目指し、秘密裏に準備をしていた。

戦闘能力などは不明だが、めちゃくちゃ強そう。

カキン王国王族

暗黒大陸進出を目指すホイコーローが王である。

道中で14王子による王位継承も同時に行われており、混乱必至の様相を呈している。

中でも第4王子ツェリードニヒは禍々しいオーラを発する凶悪な人物で、クルタ族の眼を所有している。

パワー強化・予知・再生・人体操作…登場人物たちの持つ「念」能力とは?

主要メンバーは全員「念応力」という能力を有しています。

念能力とは自身の纏う生命エネルギーを操る能力のことです。

操り方は本人の特質によって異なり、「強化系」「変化系」「具現化系」「放出系」「操作系」「特質系」の6つに大別されます。

例えば直情型のゴンは強化系、「嘘つき」のキルアは変化系です。

中でも特質系はごく一部の人にしか現れないタイプであり、先述のクラピカとツェリードニヒが該当します。

『ハンターハンター』のあらすじは?暗黒大陸渡航編までを紹介!

では、これまでのあらすじを紹介します。

ハンターを目指す少年ゴンは、ハンター試験受験の際にキルア・レオリオ・クラピカに出会います。

ハンターには基本となる高い戦闘能力が求められ、ざらには頭脳や結束力も求められる非常に過酷な試験でした。

4人の友情と結束力は固く、ハンター試験以降は離れて行動するも「仲間」としてのつながりを随所に感じます。

そして各々は念能力を会得し、天空闘技場や幻影旅団との闘いで力をつけていきます。

そんな中、キメラアントという超危険生物が世界を襲います。

キメラアントの女王は念能力者を食し、強力な念能力を有した「蟻」を生み出します。

女王が産んだ子供の中でもメルエムはあまりにも強力な力を持ち、人類に代わって食物連鎖の頂点に立ちそうな勢いでした。

ハンター協会はこれを阻止すべく、世界最強ハンターのアイザック・ネテロ会長を王の下へ送り込みます。

しかしネテロ会長ですら相打ちに持ち込むのが精いっぱいでした。

王と凶悪な側近たちも倒し世界に平和が訪れましたが、ここで一つの真実が浮かび上がります。

キメラアントは実は「暗黒大陸」から来た生物だったのです。

暗黒大陸は、人類に計り知れない恩恵をもたらす未知なる資源や生物の宝庫という側面がある一方で、超ハイリスクな病原菌や強敵がいることから、世界的に渡航をタブー視されてきました。

しかし、ついにカキン王国のホイコーロ王が渡航を決意、腕に覚えのあるメンバーを集います。

暗黒大陸に向かう船の中はまさに混沌。

各人の思惑に王位継承争いも絡み、各所で死人が出る騒ぎになっています…

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。