オーディオブックが30日間無料で聴き放題

ハイキュー!! ネタバレ最新話388話感想【影山、最強の囮になる!?】

前回、影山の過去が振り返られた。

強さを追い求めた先に現れた「最強の敵」が、かつての「最強の味方」日向だった、という激アツな展開を迎えていたハイキュー。

今回は、影山視点をメインとした「現在の」試合の様子が描かれる。

息つく暇もない怒涛の展開の中で光る3つのポイントと共に、『ハイキュー!!』最新話388話のネタバレありの感想、あらすじをお送りする。

ハイキュー!! ネタバレ最新話390話感想【宮侑「三刀流サーブ」を携えさらなる進化】ハイキュー!! ネタバレ最新話390話感想【宮侑「三刀流サーブ」を携えさらなる進化】
386話 387話 388話 389話 390話

『ハイキュー!!』最新話388話の感想・あらすじ(ネタバレ)

影山が見抜いた日向成長のポイントとは?

影山はセッターだ。

人によって全く違う個性を持つスパイカーの能力を分析して、それを記憶し、試合中0コンマ1秒単位で「誰を使うか」を判断しなくてはならない。

だから選手への分析力がすごいのだ!

今回の冒頭は、彼の分析から始まる。

佐久早さんのボール相変わらず取り辛い。パワー増してんだろな

あのクネクネの手首から放たれるスパイクの取りづらさよ。

むしろあれどうやってレシーブしてんの…。

つうかこの人サーブレシーブ上手えのも厄介なんだよな

万能か!

木兎さんの状況判断とそれに連動できる身体能力やべえ

顔に飛んできたスパイクをとっさに胸トラップするってやつだ。

木兎さんにびっくりした直後のツー。宮さんの思考の方が早かった悔しい

普通スーパープレーをした木兎にトス上げるかと思いきやシレっとツーアタックしてきた宮のクレバーさ。

どいつもこいつも「ヤバいやつ」ばっかりだ!

かつて影山のおじいちゃんの言葉は見事なまでに的中。

強くなれば絶っっっ対に、目の前にはもっと強い誰かが現れるから

その中にはもちろん彼も含まれている。

影山の分析は続く。

そんでコイツ…!!

地を這うような低い体勢にも関わらず抜群の安定感でレシーブする日向を見て、影山は思う。

バランス!!!

元々良かったが今 段違い。…砂!やっぱり砂か!!

そもそもビーチバレーで修業という選択は突拍子もないもののように思えたが、それは彼の長所をさらに伸ばすといった意味では大正解だったということなのだろう。

不安定の上で磨かれた抜群の安定

今回の試合での彼の活躍の源にあるのは、バランス力の向上と影山は見抜いていた。

「スパイカーの得点は俺のモノ」影山の成長

人の強さを見抜くだけの影山ではないのは、みんな知っての通り!

彼自身もスーパー強い。

セッターとしての判断能力は、敵の分析だけでなく味方サイドにも生かされる。

例えば星海へのトスだ。

観戦中の武田先生が

影山くんは、例えば星海くんと変人速攻はできないんでしょうか?

と烏養に尋ねる。

確かにそうだ。

「変人速攻」が使えれば試合中の武器も増える。

これで苦しめられた高校のトッププレーヤー達が何人いることか。

烏養はこう答える。

できると思うぞ。ただやらないだけじゃねえかな。

彼の解説はこういうことだ。

星海と影山の能力があれば、確かに「変人速攻」をすることはできる。

しかし、星海は空中戦の達人であり、不安定な体勢になる空中においても、どこに打つべきかが熟練したスナイパーのごとくわかり、そしてそこにコントロールして打つことができる。

彼の得点できる確率を上げるには、「速さ」よりも「余裕」を与えるべきなのだ!

影山があげたトスを星海がスパイクした時、影山は日向に得意げなドヤ顔をする。

「俺の得点は俺のモノ。スパイカーの得点も俺のモノ」やねん

宮が影山の気持ちを代弁する。

セッターだからこそわかる「星海の正しい使い方」。

「完璧なスピードを求めたセッティング」にのみ固執していた中学時代とは大違い。

まるで「大王様」のような采配の上手さが光る。

影山、最強の囮になる!?

プレーヤーの特性を生かしたセッティング、針の穴を通すようなサーブで活躍する影山。

しかし、そのクレバーさも宮に負けていない。

自陣でレシーブされたボールがネットギリギリのところに落ちてくる。

普通なら「取れなさそうだ」と諦めるようなボールの軌道だが、彼はそれを迷いなく取ろうとする。

そして、彼がそれを取ることを、スパイカー達もまた真っ直ぐに信じている。

影山の上げるトスを打ち込んでやろうと、完璧な体勢でポジションに入ってくる一流のスパイカー4人。

誰にあげても最高のプレーをしてくれる盤石の布陣である。

そこで彼がボールをあげた先は、無かった。

取れなかったのではない。

取らなかったのだ。

どんなボールでも絶対にあげようとしてきた影山は、あえてボールに触らず、そのまま相手コートに落としてポイントした。

自分の見え方を知った上で相手を引っ掛けるというのは、まさに「最強の囮」日向が前回見せたプレー。

影山の「負けず嫌い」という名のセッターとしてのプライドが爆発!

負けてないぞ

反撃の狼煙が上がった。

まとめ

今回も最高に激アツだったハイキュー。

ポイントは次の3つ。

(1) 影山の選手分析によれば、相手は化け物だらけだが、日向に関しては「バランス」がすごい。

これまでのプレーもバランスの良さに支えられている。

(2) 選手の特性を活かしてこそのスパイカー。

星海の空中戦の強さを活かして、あえて「変人速攻」をしない戦術を取る影山。

独りよがりのセッティングをする影山はもういない。

(3) 全てのボールを拾おうとしてきた影山。

だからこそ彼の「取らない」という選択は裏切りになる。

「最強の囮」にも負けないフェイクプレーが、見る者の胸を踊らせる。

 

次回のハイキューネタバレ感想もお楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

386話 387話 388話 389話 390話