オーディオブックが30日間無料で聴き放題

ハイキュー!! ネタバレ最新話390話感想【宮侑「三刀流サーブ」を携えさらなる進化】

ハイキュー!! ネタバレ最新話390話感想【宮侑「三刀流サーブ」を携えさらなる進化】

前話389話では、仲間を信頼し、自分の好きにプレーしていいのだという自信を得た影山が、進化した「コート上の王様」として日向の前に君臨することとなった。

今回の注目選手は、セッター宮侑

二刀流サーブも技としてもつ彼が見せた新しい武器とは。

『ハイキュー!!』最新話390話のネタバレあり感想、あらすじをお送りする。

388話 389話 390話 391話 392話

『ハイキュー!!』最新話390話の感想・あらすじ(ネタバレ)

クレバーで強気なセットアップ

コート上を滑る笑顔の王様に緊張を忘れさせないのは、BJのセッター宮侑。

影山に「お利口さん」を卒業させるきっかけとなった男だ。

今回宮は速攻を多めに使っていたが、それを警戒したADにブロックされてしまう。

次のセットアップでは、サイドを使うことが予想されるが、彼はそれを裏切り再びのセンター速攻を繰り出した。

速攻がいつもより多いって読まれとる。

―からって何やっちゅうねん〜

どれだけ警戒されようとも、「ど真ん中を速攻で抜く」ことで相手に与える心理的ダメージの効果は変わらない。

一度止められた攻撃を再度繰り出す場合、恐怖心や迷いが出てもおかしくないが、感情に流されないクレバーな攻め気の姿勢はさすが宮と言ったところ。

強力な「二刀流サーブ」健在

次のサーブは宮侑。

強力な「スパイクサーブ」と変化の強い「ジャンプフローターサーブ」の使い分けが武器だ。

しかし、かつての戦いで分析に成功した烏野出身の者たちは、「6歩下がればスパイク、4歩下がればジャンフロ」と知っている。

今回宮はスパイクサーブを選択し、強力な球勢で相手を乱す。

続くセットアップは、センター速攻への警戒が抜けていないことを加味したサイドからの攻撃。

見事に決まる。

ブロックを振り回す能力は、群を抜いている。

2球目はジャンプフローターを使い、守備の強い星海にミスをさせサービスエース。

二刀流おそるべし。

宮侑「三刀流サーブ」を携えさらなる進化

このまま連続得点を重ねるのか。

宮はサービスラインから4歩下がる。

ジャンプフローターの動きから繰り出されたのは、緩やかな変化球ではなく、スピンのかかった強打サーブだった。

”超剛球”のスパイクサーブ、”超変化”のジャンプフローターサーブ。

その2種さえ脅威でしたが、今季からはその2つのサーブの中間―

“超ハイブリッド”サーブも加えレシーバーを襲います宮侑―!!

これで宮のサーブは再び読めなくなった。

ジャンプフローターサーブで緩やかに来ることを予測していたら準備が間に合わない。

強打に備えてがっしり構えていては変化する球への反応に遅れる。

レシーバーは宮の打ち方の癖をさらに緻密に分析するか、反射能力を高めるしかない。

セッター宮侑は「三刀流サーブ」と言う新しい武器を手にして、影山の前に立ちはだかる。

 

今回も手に汗握る展開や選手たちの成長に胸が高鳴る『ハイキュー』。

次回の感想に続く。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

388話 389話 390話 391話 392話