string(10) "is_single "
bool(true)
string(7) "is__mc "
string(684) "a:4:{s:3:"top";s:4:"7500";s:4:"path";s:45:"2022/04/0fd442507b0b276b69e7c0761e66e38f.jpeg";s:4:"href";s:463:"https://www.amazon.co.jp/%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%88%E4%BD%9C%E3%81%8B%E3%82%89%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%A7%A3%E3%81%8F%EF%BC%81%E9%80%8F%E6%98%8E%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8C%E8%87%AA%E5%88%86%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%95%E3%80%8D-ReaJoy-%E7%9C%9F%E6%9C%A8%E7%A7%8B%E9%9A%86-ebook/dp/B09VHB9LBF/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=2AUTBXELRJ0OO&keywords=ReaJoy&qid=1648723441&s=digital-text&sprefix=reajoy%2Cdigital-text%2C239&sr=1-1";s:10:"categories";s:84:"5|133|473|483|482|882|481|510|518|480|135|134|144|191|484|162|353|459|1909|1910|1911";}"
string(15) "is__categories "
array(21) {
  [0]=>
  string(1) "5"
  [1]=>
  string(3) "133"
  [2]=>
  string(3) "473"
  [3]=>
  string(3) "483"
  [4]=>
  string(3) "482"
  [5]=>
  string(3) "882"
  [6]=>
  string(3) "481"
  [7]=>
  string(3) "510"
  [8]=>
  string(3) "518"
  [9]=>
  string(3) "480"
  [10]=>
  string(3) "135"
  [11]=>
  string(3) "134"
  [12]=>
  string(3) "144"
  [13]=>
  string(3) "191"
  [14]=>
  string(3) "484"
  [15]=>
  string(3) "162"
  [16]=>
  string(3) "353"
  [17]=>
  string(3) "459"
  [18]=>
  string(4) "1909"
  [19]=>
  string(4) "1910"
  [20]=>
  string(4) "1911"
}
string(17) "is__has_category "
bool(false)
string(13) "get_category "
object(WP_Term)#7830 (17) {
  ["term_id"]=>
  int(525)
  ["name"]=>
  string(12) "鬼滅の刃"
  ["slug"]=>
  string(14) "kimetsunoyaiba"
  ["term_group"]=>
  int(0)
  ["term_taxonomy_id"]=>
  int(525)
  ["taxonomy"]=>
  string(8) "category"
  ["description"]=>
  string(388) "■おすすめ記事
鬼滅の刃 人気キャラクターを一覧で紹介!(柱や女性キャラも)【名前/誕生日/プロフィール】
"
  ["parent"]=>
  int(457)
  ["count"]=>
  int(11)
  ["filter"]=>
  string(3) "raw"
  ["term_order"]=>
  float(16.10003)
  ["cat_ID"]=>
  int(525)
  ["category_count"]=>
  int(11)
  ["category_description"]=>
  string(388) "■おすすめ記事
鬼滅の刃 人気キャラクターを一覧で紹介!(柱や女性キャラも)【名前/誕生日/プロフィール】
"
  ["cat_name"]=>
  string(12) "鬼滅の刃"
  ["category_nicename"]=>
  string(14) "kimetsunoyaiba"
  ["category_parent"]=>
  int(457)
}
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(12) "is__mcbride "
NULL
string(13) "is__url_path "
bool(false)
bool(false)
bool(false)
string(13) "is__url_path "
bool(true)
bool(true)
bool(true)
string(12) "is__toppage "
NULL
bool(false)

竈門炭治郎(かまど たんじろう)の最終回までの活躍を徹底解説!

鬼滅の刃10巻

目次

鬼のいない平和な世界到来!鬼殺隊の解散と炭治郎の右目失明

無惨との最終決戦が終わった3ヶ月後、世界は人を喰う鬼がいない平和な場所となった。そんな平和な世界にもはや鬼殺隊は必要ない。

輝利哉とくいな、かなたの3人は生き残った柱である義勇と実弥の計5名で最後の柱合会議を行う。そこで輝利哉は義勇と実弥に感謝の意と、鬼殺隊の解散を告げた。

義勇と実弥も輝利哉のことを労い、ようやく輝利哉は年齢相応の安堵の涙を流すのだった。こうして、数百年続いた鬼殺隊は解散の時を迎えることになった。

確かに無惨がいなくなり、平和な世界は訪れた。しかし、その代償として柱を始めとする大勢の仲間が亡くなり、多くのものが失われた。

炭治郎も例外ではなかった。鬼化していたときに回復していた左腕と右目は、人間に戻ったことでその機能を失っていた。

左腕は老人の腕のように細くしわしわとなり、上げ下げくらいはできるものの肘から下は感覚がない状態だ。右目も形が整っているだけで、肝心の視力は回復していなかった。

しかし、そんな状態でも炭治郎は自分のことよりも自分が傷付けてしまった人たちに申し訳ないと思っているのだった。

禰豆子はそんなことを気にしている人はいない、と逆に炭治郎をたしなめる。

そして、禰豆子が言った通り、炭治郎の病室には本当にたくさんの人々が訪れたのである。

確かに、炭治郎たちは無惨との戦いで多くのものを失ったかもしれない。

だが、その反面、変らないものや一層に深まった絆もあるのだ、ということも感じることができるだろう。

生き残ることができた者たちは、そんな大切なものを抱きしめて、これから先も前を向いて歩んでいくのだ。

【最終回】炭治郎の子孫は竈門兄弟の炭彦とカナタ!

本作の最終回「幾星霜を煌めく命」では、一気に舞台が現代の東京へと移る。

そこでは炭治郎とカナヲにそっくりの兄弟が幸せに暮らしていた。

無惨との戦いの後、炭治郎とカナヲは結ばれたのである。

カナヲに似た兄・竈門カナタは、善逸と禰豆子の子孫である我妻燈子と仲が良い。

炭治郎に似ているカナタの弟・竈門炭彦はのんびり屋で寝ることが好きだが、常人離れした身体能力を持っており、杏寿郎の転生した姿だと思われる煉獄桃寿郎と仲が良いようだ。

最終回では、無惨との戦いで命を失い子孫を残せなかったものたちも、現代に転生して幸せに暮らしている。

これが、これこそが鬼殺隊の仲間たちが命懸けで守り抜いた尊い未来なのだろう。

アニメ『鬼滅の刃』で炭治郎を担当する声優は花江夏樹


アニメ『鬼滅の刃』で竈門炭治郎を担当する声優は、花江夏樹(はなえ なつき)さんだ。

プロフィール

1991年6月26日生まれ。

高校は進学校に通っていたが、勉強嫌い。

大学進学せず就職しようと考えていた時に、『桜蘭高校ホスト部』の放送を観て声優を志したという。

その後、オーディションを経てアクロス エンタテインメントに所属。

主な担当作品

  • 『ゴールデン☆キッズ』(2011年、俊太役)
  • 『凪のあすから』(2013年 – 2014年 先島光役)
  • 『四月は君の嘘』(2014年 – 2015年、有馬公生役)
  • 『進撃の巨人(2020年 – 2021年、ファルコ・グライス役)
  • 『イナズマイレブン アレスの天秤 / オリオンの刻印』(2018年 – 2019年、奥入祐役)

他多数。

おわりに

以上、『鬼滅の刃』の主人公・竈門炭治郎の魅力を紹介した。

「いまさら読むのも、なんだかな・・・」なんて思っているなら非常にもったいない。

本作を通じて得られる感情は非常に得難いものがあり、価値がある。

漫画を皮切りに、アニメ、映画と一気に観てしまうくらい惹かれるのは間違いない。

ぜひ、一度手に取ってみてほしい!

作品についてどんな感情を持とうとも、語る資格があるのは読んだ者だけなのだから。

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。