【鬼滅の刃】蟲柱・胡蝶しのぶの名言や最後のシーンなどを徹底解説!

胡蝶しのぶサムネイル

優しさの裏には何かが潜んでいる…胡蝶しのぶの名言3選!

ここは鬼殺隊の本部です。あなたは今から裁判を受けるのですよ、竈門炭治郎君

「鬼滅の刃6巻45話」

鬼を同行している鬼殺隊員として、隊律違反のため本部に召喚された竈門炭治郎。

気を失っている炭治郎に状況を説明するしのぶ。

優しい声色だが、寝起きで裁判を告げられる炭治郎の心境も複雑なものだろう…。

まぁできて当然ですけれども、仕方ないです、できないなら、しょうがないしょうがない

「鬼滅の刃6巻51話」

負傷した炭治郎たちは体の調子を取り戻す機能回復訓練に励んでいた。

全集中の呼吸・常中を見事会得した炭治郎であったが、出遅れてしまいへそを曲げる伊之助にしのぶが一言。

プライドが高く、煽られると奮起する伊之助の性格を見事に把握しての指導方法だ。

善逸に対しては、一番期待していると手を握って励ます。

人の性格によって接し方を変える最高のコーチである…!

つらいも何もあるものか、私の姉を殺したのはお前だな?この羽織に見覚えはないか

「鬼滅の刃16巻141話」

姉の仇・童磨と対峙するしのぶ。

鬼でありながら、困った人間を救う宗教団体の教祖を務め、独自の持論を展開する童磨に対して今まで抑え込んでいた感情を爆発させる。

全体的にしのぶは会話に倒置法が使われている事が多い。

ふわふわとした優しい声色だが、内容をしっかりと伝えなくてはいけないシーンや、迫力を持たせるシーンでは倒置法が用いられていることが多く、読者にしっかりと刺さる名言となるのだ!

蝶屋敷女性キャラクターたちの強さ・口の悪さランキングまとめ!

蝶屋敷に関係する数多くの女性キャラクターたち。

胡蝶カナエ・しのぶ、栗花落カナヲの三姉妹と神崎アオイの4名で独自のランキングを付けてみた!

強さに関して物差しとなるのは上弦の鬼・童磨だろう。

カナエは童磨との戦闘経験がある。

考察になってしまうが、童磨によると夜明けが来て食べ損ねてしまった、と言っていることから割といい勝負だったのではないだろうか?

童磨の血鬼術「蓮葉氷」は吸い込むと、肺が凍ってしまうため初見殺しのチート技だ。

童磨もカナエが柱であると確認して多少は本気で闘ったはずである。

女好きの彼が、カナエを食べ損ねた事実を考えるにカナエは善戦した可能性は大いに考えられるのだ。

しのぶに関しては、とどめを刺す前に、剣技の才能が姉よりないという明確な格付けがされていた。

カナヲも同様でしのぶが殉死した後に戦ったが、しのぶよりも才能があると明言している。

伊之助と共闘したとはいえ、見事童磨を討ち取ったことを考えると一番歴の浅いカナヲがしのぶよりも強さは上と考えられるのだ。

そして、もう一つの選出基準が、口の悪さだ!

蝶屋敷に関係する多くの女性キャラクターは口が悪い傾向が強いと感じる…。

童磨戦でしのぶもカナヲも舌戦を繰り広げている!

その中でも、カナヲの「貴方が生きてることには何の意味もないから」に衝撃を受けたファンも多いのではないのだろうか?

口数の少ないカナヲが怒りで毒舌を吐き散らかした点で文句なしの1位だ。

次に表情を崩さずキツイことを言うしのぶが次点。

普段から責任感からかテキパキとしており、言い方がきついのがアオイといったところだろうか。

カナエは出番こそ少ないが、鬼に対しても慈悲の心を持ちあせている点と、話すことができずに困っているカナヲを責めることなく擁護していることから作中トップクラスの優しさを誇るだろう。

強さランキング

1位…胡蝶カナエ  ※敗れたものの上弦の弐といい勝負

2位…栗花落カナヲ ※最終決戦まで生き残った、伊之助と協力プレーで上弦を撃破。

3位…胡蝶しのぶ  ※ほとんど戦果が無い。童磨に取り込まれて殉死。

4位…神崎アオイ  ※最終選別は突破しているものの、心が折れて医療班所属。

口の悪さランキング

1位…栗花落カナヲ ※上弦の鬼をイラつかせるほど口が悪い、普段からは想像できない。

2位…胡蝶しのぶ  ※笑顔で暴言を吐く。

3位…神崎アオイ  ※テキパキとし過ぎているため、言い方がキツメ。

4位…胡蝶カナエ  ※可愛いは正義などの名言あり、ほとんど怒らない。

アニメ『鬼滅の刃』で胡蝶しのぶを担当する声優は早見沙織

アニメ『鬼滅の刃』で胡蝶しのぶを担当した声優は早見沙織(はやみ さおり)さん。

数多くの作品を担当した中で、個人的におすすめ作品は『賭ケグルイ』の蛇喰夢子。

普段はおしとやかだが、賭け事に挑む際には狂気的な一面を出すという何ともミステリアスな役柄だ。

しのぶの笑顔の裏に本当は姉や家族を鬼に殺された憎悪を抱いている2面性キャラクターという点では似ている部分もあるように見える。

おわりに

以上、『鬼滅の刃』の蟲柱・胡蝶しのぶの魅力を紹介した。

慈愛に溢れた彼女の裏側に潜む鬼への憎悪という二面性、目的を達成させるための自己犠牲と周到な準備…。

鬼殺隊を象徴するような彼女の生きざまに感服する読者も多いハズだ。

彼女の魅力をさらに知りたい人は『鬼滅の刃』本編を読み返してみて欲しい。

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。