『ワンピース』リーダーに必要な資質は、全部ルフィが教えてくれた

ワンピース58巻書影画像

組織のリーダーに求められる資質とはなんだろうか。

「指導力」? もちろん必要だろう。

「調整力」? 関係各所との連携をスムーズに取るために欠かせない資質だ。

「コミュニケーション能力」? 組織とは人の集合体なのだから、コミュニケーションがうまく取れないと正常に働きはしないだろう。

確かに、こうした資質もリーダーには必要だ。

しかし、私が思うに、リーダーに求められる最大の資質は「求心力」だ。

周囲の人を惹きつけ、味方にし、巨大な台風の中心となって精力的に物事を進められる人物。

そうした人物こそ、組織のリーダーにふさわしいと私は思う。

名作漫画『ワンピース』にも、そんな台風の目じみた人物がいる。

そう、海賊王に憧れる主人公、モンキー・D・ルフィだ。

この記事では、なぜルフィがこれほどまでに強く人を惹きつけるのかを分析し、そこから見えてくる「組織のリーダーに必要な資質」を学んでいく。

ルフィが持つ「この海において最も恐るべき力」――それが「類まれなる求心力」

王下七武海の一角、現・最強の剣士こと鷹の目のミホークは、ルフィについてこう評している。

能力や技じゃない――その場にいる者達を次々に自分の味方につける

この海においてあの男は 最も恐るべき力を持っている………!!

エース奪還のため、「難攻不落の要塞」と言われたインペルダウンを陥落させたかと思いきや、休む暇もなく、今度は万全の体制を敷いた海軍に挑みかかる。

インペルダウンでは囚人達を味方につけ、マリンフォードでは白ひげ海賊団らを味方につけたルフィを見、思わず鷹の目が独り言ちた言葉が前述のそれだ。

時に自らの立場を危ぶめてさえ、ルフィを援護し、味方する人々。

なぜ、ルフィはそれほどまでに強く人を惹きつけるのだろうか。

ルフィに見るリーダーの資質①周囲の人間と本音でぶつかる

ルフィはいつだって本音で人とぶつかる。

建前や謙遜は一切ない。

好きなものは「好き」だと言い、嫌いなものには「嫌い」と言う。

おかしいと思ったことには決して首を縦に振らないし、納得がいかないことにはとことん食い下がる。

そんなルフィだからこそ、周囲の人間も次第に「本音」を晒すようになる。

魂と魂でぶつかり合い、ずっと心に秘めてきた本心を吐露するようになる。

そうして吐き出された本心を、ルフィは決して笑わない。

ないがしろにしたり、けなしたりもせず、ただ素直に尊重する。

そんなルフィの姿勢に救われた人物がどれほどいることだろうか。

虚飾された耳あたりのいいだけの言葉には、人の心は動かない。

嘘偽りのない本音をぶつけられた時にこそ、人の心は震えるのだ。

そして、「この人になら打ち明けられる」「この人にならついていける」と思わせてくれるのだ。

ルフィに見るリーダーの資質②部下の成功を自分ごととして喜ぶ

仲間であり部下である「麦わらの一味」のいい評判を聞いたとき、ルフィはいつもこんな反応を返す。

そうだろ、アイツ、凄えんだ!

その顔は本当に嬉しそうで、大切な仲間が誰かに認められたという事実を、自分ごとのように喜んでいることが分かる。

仲間の成功を心から嬉しく思っていることが伝わってくる。

リーダーにとって、仲間や部下は「財産」だ。

その財産をどれだけ大切にするかによって、発揮される力が変わってくる。

ルフィのように、財産の力を信じ、その成功を心から喜んでやれるリーダーであれば、手元の財産はきっと今以上に輝きを増すことだろう。

ルフィに見るリーダーの資質③決して折れない目標に向けて努力し続けている

ルフィをルフィたらしめているもの。

ルフィの類まれなる求心力の源となっているもの。

それが、この「決して折れない目標」と「努力し続ける姿」だと私は思う。

ルフィにとっての目標は、昔からずっと「海賊王になること」だ。

そのために技を磨き、仲間を集め、強大な敵に立ち向かってきた。

目標に少しでも近づくためならば、どんな大きな壁にも怯まなかった。

どれほど傷つこうとも構わなかった。

その「芯」のある姿にこそ、人は強く惹かれるのではないだろうか。

時には笑い飛ばされることも多い、「海賊王」という大きすぎる目標。

しかし、ルフィの努力を間近で見てきた仲間達は、決してその目標を笑いはしない。

むしろ、ルフィが海賊王になることを当然のように信じている。

その信頼が、仲間を結びつける強力な絆となっている。

「アイツは海賊王になる男だ」

「未来の海賊王のクルーなんだから」

仲間達は、ルフィが「海賊王になることを前提として」行動している。

その考えで自らを鼓舞し、さらなる高みへ到達しようと努力している。

ルフィが努力し続ける姿を示すことが、仲間の努力にも繋がっているのだ。

決して折れない目標を定め、それに向かって努力し続けること。

そんなリーダーであれば、部下は自然とついてくるし、部下達自身もまた「こんな素晴らしいリーダーと肩を並べられるように」と努力してくれることだろう。

友情・努力・勝利こそがリーダーを輝かせる

本音でぶつかり合うことで生まれる「友情」。

目標に向かってがむしゃらに走り続ける「努力」。

その結果手にした成功――つまり「勝利」を、心の底から喜ぶ姿。

そう、リーダーに求められる資質「求心力」の源となるのは、友情・努力・勝利の三大原則だった……

とするのは少し強引すぎるだろうか。

とにかく、ルフィの生き様から「リーダーとしてのあるべき姿」を学ぶことは多い。

もしあなたがリーダーとしてのあり方に迷っているのなら、「リーダーの資質」を念頭に置きながら『ワンピース』を読み直してみてはいかがだろうか。

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。