オーディオブックが30日間無料で聴き放題

約束のネバーランド ネタバレ最新話175話感想【農園廃止で全食用児が自由の身に!】

約束のネバーランド ネタバレ最新話175話感想【農園廃止で全食用児が自由の身に!】

前回174話では、ピーター・ラートリーが死去。

エマがママ達に共に人間世界へ行くことを提案しイザベラ号泣など感動的なシーンが目立った。

今回は王都にいるレウウィス卿からの驚きの発表がみどころだ!

『約束のネバーランド』最新話175話「新しい世界②」のネタバレありの感想お楽しみあれ!

173話 174話 175話 176話 177話

『約束のネバーランド』最新話175話の感想・あらすじ(ネタバレ)

レウウィスの改革とは?

前回、ママ達の持つタブレット端末に王都からの音声通達がライブで流れ始め何事かと思われた。

それはレウウィス卿が新たな世界を造るために発表した4つの指針だった。

レウウィスが全国民に向けて宣言した改革はこうだ。

  • 現政権の解体
  • 現政権の幹部、五摂家家臣、四大農園責任者を逮捕
  • 全鬼に邪血を分配することで人肉を食わずとも退化に苦しまないようにする
  • 全ての農園の廃止

最後の1つ、「全ての農園の廃止」がかなりの衝撃だ。

それはつまり、もう二度と鬼達は「人肉を食べられなくなる」ということ。

動揺する国民たちだったが、レウウィスのこの言葉で納得する。

農園などない方がよい

農園などつくったためにこの支配が続いた

人肉の供給如何で諸君らの生死・知能水準を握られる支配統制が

確かに彼の言う通りだ。

ムジカが新女王に着任!

意外と物分りがいい国民たちはレウウィス大公の提案を受け入れ、彼の新しい王へとおす雄叫びをあげる。

農園廃止だ 新時代万歳!

新王 レウウィス様万歳!!

だが、レウウィスの考えは違った。

いや私は王にはならぬよ

自分が現政権側で女王らの勝手を見て見ぬ振りをしてきたことや人間との戦いに敗れたことを踏まえて、最もふさわしい新しい王を推薦するのだ。

私はこのムジカこそ王に相応しいと思う

驚きのあまりあんぐりと口が開く国民たちとムジカ。

レウウィスの推薦を後押しするように大僧正様も発言する。

ムジカは誰より民を思い幾度となく民を救ってきた

レウウィス大公、大僧正様のお墨付きをもらったムジカを国民たちはあっさり認め王になってくれるよう口々に叫ぶ。

しかし、盛り上がる国民に大僧正は喝を入れる。

なぜか?

国民たちの態度の変わりようが気に食わなかったからだ。

レウウィスが現れるほんの手前まで、「邪血を殺せ」とギャーギャー騒ぎ立てていたにも関わらず、レウウィスが政権を乗っ取ったやいなや手のひら返しをしたように支持する、その自分の頭で物事を考えていない状態に警鐘を鳴らしているのだ。

大僧正「王だけでなく民も考え動かねば

新しい世界は皆で守りつくり上げるのだ

自分の国のことは自分たちで守り栄えさせる。

皆が笑って暮らせる世界を造るにはどうすればよいのか。

その答えを大僧正様が示してくれたのだ。

 

そこまで推されてはもうやるしかない。

それにエマとも約束したのだから。

ムジカは決断する、鬼の世界の新たな当主になることを!

新女王 ムジカ爆誕!!!

農園廃止で全食用児が自由の身に!

一方そのころタブレットごしに事の次第を傾聴していたグレイス・フィールドのエマたち。

農園廃止

嘘でも夢なんかでもない。

これは現実だ。

全食用児が自由になったのだ!!

長い旅だった。

農園廃止

それを実現するため、これまでエマたちは数え切れないほどの犠牲を伴いながら進んできた。

歩んできた道は間違っていなかった。

自分たちで選択して決断して、思い描いた未来が叶った瞬間の喜びというのものの尊さを感じたシーンとなった。

 

これにてエマたち”食用児”は”人間”へと生まれ変わった。

となるとエマが迎えに行く人物はただ1人。

グレイス・フィールドに1人残ったフィルだ。

フィルとエマ。

この2人が奇跡の再会を果たした最後のこのシーンはぜひ本誌で見て号泣してもらいたい。

ただいま! フィル!!

 

次回の約束のネバーランドも目が離せない!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

173話 174話 175話 176話 177話