ワンピース ネタバレ最新話980話感想【アプーの「音攻撃」にルフィ・ゾロがピンチ!】

ワンピース ネタバレ最新話980話感想【アプーの「音攻撃」にルフィー・ゾロがピンチ!】

前話979話では、オロチたちが油断している中、麦わらの一味はフランキーご自慢のメカに乗って侵入!

ルフィとゾロは、おなじみの単独行動で敵陣に突っ込んだ。

カイドウは「息子のヤマトを探せ」と飛び六胞たちに指示を出す。

腹を空かせたワノ国の人たちのことなど考えもせず「酒に合わないおしるこ」を捨てる敵の一味に対し、怒りを覚えたルフィがとった次の行動とは?

『ワンピース』最新話980話、ネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

978話 979話 980話 981話 982話

『ワンピース』最新話980話の感想・あらすじ(ネタバレ)

ルフィ、おしるこを粗末にする敵に怒りの一発をお見舞い!

ワノ国の富はカイドウ・オロチ軍に偏り、一般市民たちは貧困に喘ぐ。

おしるこを口にしたお玉が涙を流して喜んでいたのがとても印象的だ…。

それなのに、敵は民たちの気持ちなど全く考えない!

おしるこは食うもんじゃねェ!!

かぶるもんだ!!ギャハハ

食べものを粗末にし、想像力のない奴らにルフィは怒る。

何でお前みたいなバカの目の前に食いもんがいっぱいあって、玉の腹に何も入らねェんだ!!?

ここで一発お見舞い!

ゴムゴムの……!!

‘象銃(エレファント・ガン)’!!!

技を喰らった相手はひとたまりも無く気絶。

痛快な一撃である。

これまで理不尽なことが多すぎたワノ国編で、ようやく敵の本拠地でルフィが反撃の狼煙を上げた。

しかし、忘れてはいけない。

これは「極秘侵入作戦」なのだ!

この件で盛大に侵入がバレてしまったが、よくよく思い返せばこの作戦、「真っ正面から突破しようとする『バカ』が現れる」という点は織り込み済み。

ルフィが目立てば目立つほど囮として敵の目を引き、他の侍同盟軍は作戦を実行しやすくなる。

騒動の近くには「バカ」2人目、ユースタス・キャプテン・キッドがいた。

何やってんだあのバカ!!

鬼ヶ島に正面から入っていった彼だが、どうやら「フクフクの実」による変装を使って上手く宴会場を抜けようとしていたようだ。

ルフィが騒いでくれたおかげで、

こっちは動き易くなった!!

早速、囮は有効に機能している。

キッドは行動は大胆でも、もしかしたら「バカ」ではないのかもしれない。

しかし、この騒動一体どうなる?

ゾロ、「極秘侵入作戦」の最中、盛大に登場!!

そんな中現れたのがヤツだ。

突然、宴会場の建物に斜めの亀裂が入り崩れ落ちた。

騒ぎはさらなる騒ぎを呼び、噴煙の中から男の声が聞こえる。

まったく、ハデに暴れやがって!!

騒ぎの聞こえる方へまっすぐ来てみりゃあ

ロロノア・ゾロである。

変装と元々の怖さが相まって、見た目は敵より全然怖い。

もうこの有様か!!!

何でお前は大人しく潜入できねェんだ!!!

いやいやいやいや。

建物、切る必要、あったか?

「バカ」3人目の登場である。

ルフィがおしるこをぶちまけた敵の行動を説明すると、ゾロは

おしるこを…!?

――だったらブった斬るしかねェな!!!

と納得。

側から見れば謎の会話である。

一応「極秘侵入作戦」の真っ最中。

2人は一旦逃げることを選択するも、その場でMCを務めるクイーンが黙っちゃいない。

 

アプーがクイーンに問いかける。

Yo!!

捕らえた奴に何をくれる!?

キッドたちが組んでいた海賊同盟の裏切り者でもある。

クイーンは答える。

今ちょうど消してェ奴がいるんだよ。

おれが「飛び六胞」を一人消し!!

そのイス一つ空けてやる

ルフィ・ゾロを捕まえたら「飛び六胞の座」!

出世を狙っている者にとってこれ以上の褒美はない。

SMILEの能力者たちが2人に襲いかかる!!

アプーの「音攻撃」にルフィ・ゾロがピンチ!

ここで、一度クイーンの発言を振り返ってみよう。

彼は飛び六胞の中で「1人消したい人物」がいると言った。

僕の予想では「ドレーク」ではないかと思っている。

彼はコビーとタッグを組み、海軍の極秘潜入員として働いていることが明らかになっている。

それがもしかしたら、バレた……のかもしれないし、そうでないかもしれない。

物語が進むにつれてそこは明らかになるだろう。

 

騒動の渦中に戻る。

飛び六胞の座に就きたいのは何もギフターズたちだけではない。

最悪の世代アプーもその1人。

聴いてけ、戦う音楽(ミュージック)♪

スクラ〜〜ッチ!!

’殴(ボン)’♫

身体から鳴らされた音がルフィに届き、まるで殴られたかのように吹き飛んだ。

しかも、ゴムゴム人間のルフィにしっかりとダメージを与えているので、音波には覇気が纏われているのだろう。

’斬(シャーン)’♫

技名は大抵「!!」だが、音符で終わるのはアプーならでは。

刀も振っていないのに斬撃がゾロを襲う。

どうやら音を聞いただけで狙った相手に攻撃ができるという、中々のチート級能力者のようだ。

ん〜〜〜♫チェケラ♪

‘爆(ドーン)’♪

アプーが自分の胸を叩いた直後、ルフィに爆撃が直撃!!

何と恐ろしく、厄介な攻撃なのだろう…。

ここでダメージを蓄積していてはカイドウ戦まで持たないと考えたゾロは撤退を判断。

ルフィを連れて逃げようとするも、実力の層が厚く、飛び六胞の座を狙う敵たちから妨害される。

そして、まだ射程距離圏内であると言うアプーの次なる攻撃準備が始まった。

絶体絶命のピンチの中、周囲の金属が宙に浮き始める。

あの裏切り者が…全ての元凶だぞ!!!

くたばれアプー〜〜〜!!!

かつての裏切り者に制裁を加えようとするのはキッドだ。

金属で作り上げられた巨大な右腕がアプーを叩き潰す。

’磁気(パンク)’

‘弦(ギブソン)’!!!

騒ぎは拡大する一方である。

先ほど書いたことは訂正しよう。

やはりユースタス・キャプテン・キッドは気持ちのいい「バカ」だ。

 

いよいよ、ルフィ・ゾロ・キッドによる鬼ヶ島での戦闘が始まった!

キッド対アプーの戦いはどうなる?

ルフィとゾロは無事に襲いかかる敵を突破することができるのか?

そして、クイーンが「消したい」飛び六胞の1人は誰なのか?

次回『ワンピース』掲載日は、1週間空いて2020年6月8日。

本誌を未読の方は、ぜひ迫力の漫画をチェックしてもらいたい。

それでは、次回の『ワンピース』感想記事もお楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

ワンピース 名言・名シーンまとめ!【ファン70人の熱いコメントつき】
978話 979話 980話 981話 982話