ワンピース ネタバレ最新話990話感想【裏切り判明!ドレークとルフィは手を組むのか!?】

ワンピース ネタバレ最新話990話感想【裏切り判明!ドレークとルフィは手を組むのか!?】

前話989話では、バイクで登場したフランキーがビッグ・マムの顔面を轢いたところから始まった。

ビッグ・マムと向かい合うフランキーはビームを放とうと身構え、臨戦態勢!

しかし、そこにナンバーズが登場し一転して乱戦になる。

ジンベエとロビンのコンビ技が炸裂し、ビッグ・マムはライブフロアの外へ転がされてしまう。

一方ルフィはゾロと合流し鬼ヶ島屋上へ向かおうとするもクイーンがこれを阻止する。

最後のシーンでは散り散りになっていた麦わらの一味がライブフロアに集結し戦闘態勢。

ジャックVSミンク族はどうなっているのか?

ネコマムシとイヌアラシ、2人の王はスーロン化するのか?

飛び六胞は今どこで何をしているのか?

ルフィはカイドウの元へたどり着けるのか?

『ワンピース』最新話990話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

988話 989話 990話 991話 992話

『ワンピース』最新話990話の感想・あらすじ(ネタバレ)

ビッグ・マムの攻撃によりササキ戦線復帰!

ウォオオ〜〜〜!!狂死郎ォ〜〜!!!

雄叫びをあげるのは、裏切った狂死郎によって神木にくくりつけられていたササキ。

ササキと狂死郎は親友と呼べるほど仲が良かったらしく、裏切られるとは思っていなかったようだ。

本来ならば戦線復帰は難しかったが、前々話でビッグ・マムの放った斬撃「威国」がドーム外にまで届き、神木が切り倒されたことで助かった模様。

ビッグ・マムのパワーにはササキも驚きを隠せないようで、ドーム内から外にまで攻撃が届くパワーに呆れている。

ジャックを討て!ついにミンク族の王がスーロン化

鬼ヶ島屋上では大看板ジャック率いるカイドウ軍と、スーロン化したミンク族が激しい戦いを繰り広げており、ミンク族は全員エレクトロを身にまとい、舞うように空を飛び攻撃を仕掛けている。

しかし、ジャックも悪魔の実の力でマンモスの姿になりミンク族を鼻で薙ぎ払っている。

ゾオン系の能力者は常軌を逸したタフさが特徴のため長期戦も考えられるが、そうなると不利になるのはスーロン化に時間制限があるミンク族か……!

苦戦を強いられるミンク族の姿を見て、錦えもんが腰の刀を握り動こうとするが、イヌアラシとネコマムシが止める。

待て!!錦えもん……!!

そう言ってスーロン化する2人の王。

その姿はまさに「怪物」。

巨大化した身体で月に向けて遠吠えし、因縁の敵との誇りをかけた戦いが始まる!

キングから飛び六胞へ指示が出る

ライブドーム内ではキングが飛び六胞へ電伝虫で連絡を取っていた。

飛び六胞はそれぞれ散り散りになっているが、ドレークとホーキンスが同じ場所で会話をしている。

………………1%

ホーキンスは「ある男」が明日まで生きている確率を占っており、その確率が1%だというのだ。

一体誰の生存確率なのか気になるが、ここではその男の名前は明らかにはならなかった。

キングから飛び六胞への連絡内容は、大きく4つ。

  • 状況は侍達の侵入により一変したこと
  • これは鬼ヶ島始まって以来の失態だということ
  • ヤマト捕獲を条件とする「内紛」は中断すること(大看板への挑戦権のこと)
  • カイドウのところへ向かおうとするルフィ達を阻止すること

つまり、内輪揉めは中断して、とにかく今はルフィ達と侍達を止めることを最優先しろ!という命令だったようだ。

ナメてかからねェことだ。武運を祈ってる

そう言って電話を切るキング。

キング自身も麦わらの一味のことを強敵だと認識しているからこそ、釘を刺したのだろう。

電話のすぐ後、ドレークとホーキンスの元にやってきたのはフーズ・フー。

この混乱はチャンスだ、ちょっと付き合え。俺一人じゃ少々手強い

この混乱に乗じて「クイーン」を殺しに行くと宣言する。

その姿、まさに明王!ルフィ、ギア4発動

麦わらの一味が集結しているライブフロアでは、兎丼の囚人とヤクザ達が敵と戦っている。

しかし、ナンバーズを始めとする敵の戦力も手強く、なかなか突破口を開けずにいた。

巨大な身体を駆使し、巨大な金棒を振り回し攻撃してくるナンバーズの五鬼に対し、ゾロが斬撃を放ち一振りで金棒を両断する。

ゾロに続き、前に出るルフィ。

アレが「オーズ」だとしたらあんな巨体、昔はおれ達全員でやっと倒したよな!!今は違うぞ!!!

そう言いながらギア4を発動する。

ギア4状態の姿を見たヒョウ五郎親分は、思わずルフィが明王に見えると発言。

先頭で戦うことで味方の士気を上げ、強敵をなぎ倒す姿は頼もしい限りだ。

ドレーク大ピンチ!希望の光はまさかの…ルフィ!?

ドレークを連れてクイーンの元へ向かったフーズ・フー。

しかしその結果は、全く予想していないものだった。

傷だらけになり、倒れていたのはクイーンではなくドレークだった。

おい…!!!どういう事だ…!!!

状況が理解できず、フーズ・フーへ質問するドレーク。

どうやらドレークが花の都でトラファルガー・ローを逃していたことが監視されており、裏切りが見破られてしまっていたようだ。

フーズ・フーがクイーンを殺したいと言っていたのはブラフで、実際にはドレークのことだったのか…。

981話で、殺したい奴がいると発言していたから、誰のことだろうと気になっていたけれど、このタイミングで明らかになった!

ドレークは海軍の精鋭、海軍本部機密特殊部隊「SWORD(ソード)」の隊長であり、裏切り者であることは事実。

しかし、この事が公になってしまうと海軍を危険に晒すだけでなく、海賊にSWORDの存在が知られることとなってしまう。

それを恐れたドレークは、クイーン、フーズ・フーの元から逃亡を決め、爆弾を使ってその場を離れることに成功。

そしてドレークは考える。

どうする…!?どこへ逃げる!?もう海軍へは戻れないか…!?−−いやそれは後回し!!「希望」ならまだ…!!ある!!!

希望と言っている存在は誰なのか?

逃亡するドレークの前には、ルフィと戦闘中のナンバーズ「五鬼」と「十鬼」の姿が。

十鬼に対して渾身の攻撃「X(エクス)狩場(カリバー)」を放つドレーク!

攻撃を繰り出しながら、ドレークの脳裏によぎっているのは同じSWORDの仲間であるコビーの言葉。

すごいんです!!ルフィさんは!!

コビーの認めるルフィならば、自分が置かれたこの状況を覆すことができるかもしれないと考えたドレークはルフィに共闘を申し出る。

麦わらのルフィ!!!理由あっておれは孤軍!!お前達と共に戦わせてくれ!!!

今回はドレークのこのセリフで終了だ。

 

次回、ルフィがどんな反応をするのかが読めないけれど、場合によってはすんなり共闘を承諾しそうだ。

敵の数も多く戦場が荒れてきている状況で、どのような展開になっていくのか気になって次回991話が待ちきれない!

そんな『ワンピース』を読みたい方は週刊少年ジャンプを購入して欲しい!

では次回のワンピースネタバレ最新話感想記事もお楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

988話 989話 990話 991話 992話