『ワンピース』最新刊97巻ネタバレ感想!無料で読む方法【カイドウに息子が!?混戦必至の戦いから目を離すな】

『ワンピース』最新刊97巻ネタバレ感想!無料で読む方法【カイドウに息子が!?混戦必至の戦いから目を離すな】

前巻の96巻では、おでんを仲間に加えたロジャー達が最後の島に到達し空白の100年、Dの一族、古代兵器など、歴史の全てを知った。

その後おでんはワノ国を開国すべく帰還するも、カイドウ率いる百獣海賊団に敗れ、釜茹での刑で処刑されてしまう。

そして時は現代へ。

鬼ヶ島へ向かう途中、裏切り者であったカン十郎によって進路を阻まれる錦えもん達だったが、ルフィ達が遅れて駆けつけたことにより戦況は大きく動き始める!

ルフィ達はカイドウの元へ辿り着くことはできるのか?

『ワンピース』最新刊97巻のネタバレありのあらすじと感想をお伝えする。

ワンピースファンのあなたへ

『ONE PIECE』の最新刊96巻はもう読みましたか?

見どころは次の3つです!

  • 海賊王ロジャーの冒険がついに描かれる!
  • 大きな伏線のいくつかが回収される!
  • 光月おでんの圧巻の死に様に感動!

集中して漫画を楽しむには単行本がうってつけです。

『ONE PIECE96巻』は通常460円。

でも、「U-NEXT」なら、無料トライアル登録時にもらえる600ポイントを使って1冊無料で読むことができます!

「登録が面倒」と思うかもしれませんが、実際に登録にかかった時間はたったの2分でした。

本屋さんに行ったりネットショップで買うよりずっと早く読めますよね?

キャンペーンは今月までの「期間限定」かもしれないので、ぜひこのチャンスを活かして『ONE PIECE96巻』を1冊通して楽しんでください!

ワンピースを無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ読む

大人気の『ONE PIECE』のアニメはもう観ましたか?

U-NEXTなら、漫画に加えてなんとアニメも見放題なんです!

トライアル期間中、『ONE PIECE』1〜782話(「ゾウ」編)がすべて無料で観ることができます。

見始めたら止まらないぐらい面白いので、ぜひ一度は観てもらいたいです!

他にも18万本以上のアニメ・映画・ドラマが見放題で楽しめるので、お家で充実した時間を過ごしたければ必見。

2分程度の登録で漫画もアニメも無料で楽しめます!

解約はいつでもできるので安心です。

ワンピースを無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ観る

『ワンピース97巻』感想・あらすじ(ネタバレ)

3人の船長、大技炸裂で狼煙を上げろ!

駆けつけたルフィ達は異変にすぐに気が付き、本来集まっているはずの味方の戦力・武器がまだ到着していない理由を錦えもんに尋ねる。

錦えもんはカン十郎の裏切りに気が付けなかった自分の責任だと感じておりルフィ達に謝罪する。

すまぬ、作戦は全て漏れていた……!!!

これには驚くルフィ達だったが、敵の攻撃の手はすぐそこまで迫っていた。

百獣海賊団とビッグ・マム海賊団の同盟話を自慢げに話すカイドウの部下達は、ルフィ、キッド、ローに対して挑発の言葉を投げかける。

これに腹を立てた3人はそれぞれ大技を繰り出し、敵の船を瞬殺する。

(この時に繰り出した技はキッド→「磁気魔人(パンクロットン)」、ルフィ→「弾む男(バウンドマン)」、ロー「ROOM」。)

狂死郎の正体が判明!そしてジンベエがついに登場!

大暴れする3人の船長達を止めようと、カイドウの部下が躍起になっている時、狂死郎一家の船が現れる。

赤鞘のお侍さん方!!!拙者、花の都のヤクザ者人呼んで居眠り狂死郎と申す!!!我が狂死郎一家200名あんた方の討ち入りに助太刀させて頂きたい!!!

誰もがオロチ側だと思っていた狂死郎は、実は赤鞘九人男の1人「傳ジロー」だった。

リーゼントはカツラを被っているだけ、顔が傳ジローと似つかないのは、主君であるおでんを殺されたことへの怒りで目が釣り上がってしまったから。

髪の毛が白髪になったのもあまりの怒りに精神状態が髪の毛に影響を与えたからだろう。

また、傳ジローの船の後ろには何千人もの味方の姿があった。

内通者カン十郎の裏切りにより殺されたと思っていた侍やヤクザ達は、康イエが命をかけて残した判じ絵の本当の意味を理解しており、「波止」という場所に身を隠していた。

どうやら錦えもんは判じ絵の意味を理解出来ていなかったようだが、それが逆にカン十郎を欺くことに繋がったので結果オーライだろう。

味方が増えて盛り上がっているところに、敵の砲撃が打ち込まれる。

どうやら長距離砲を積んでいる船があるらしく、それは十分な距離を取った状態で強力な砲弾を打ち込めるというワノ国の技術を活かした大砲らしい。

しかしその時、「槍波」という技名と共に敵船が大破する。

技の主は、「元七武海海峡のジンベエ」。

ビッグ・マムの傘下から抜けたことで窮地に追い込まれ、ホールケーキアイランド以降は消息不明だったジンベエだが、無事ワノ国の戦いには間に合ったようだ。

ジンベエが麦わらの一味に加入することを聞いたキッドとローは驚きを隠せずにいる。

元七武海で、海上での戦闘力は随一であるジンベエがライバルの海賊団に入団するとなると厄介極まりないだろうし、当然の反応なのかもしれない。

圧巻!カイドウの懐刀、「飛び六胞」集結

カイドウの城には、百獣海賊団の中でも精鋭部隊である「飛び六胞」が集結していた。

面子はササキ、ドレーク、フーズ・フー、ブラックマリア、ページワン、うるティの6名。

カイドウの名で百獣海賊団のキングによって収集された彼らは、カイドウの一人息子である「ヤマト」を探し出し捕獲することをミッションとして与えられる。

乗り気ではなかった飛び六胞だったが、成功した暁には大看板への挑戦権を与えられると聞き俄然やる気になる。

一方、無事鬼ヶ島内部へ潜入したルフィだったが、カイドウの部下達がおしるこを粗末にしている姿を見てぶちギレる。

ルフィはお玉やおこぼれ町の町民が貧乏な生活を強いられていることを知っており、ワノ国特有の貧困の差に憤りを覚えていた。

何でお前みたいなバカの目の前に食いもんがいっぱいあって、玉の腹に何も入らねェんだ!!?

そう言いながら象銃(エレファント・ガン)を敵に放つルフィ。

広場は大騒ぎになり、そこにはゾロやキッドらも居たため、同じ最悪の世代の海賊スクラッメン・アプーに全員の正体がバレてしまう。

アプーやカイドウの部下達の攻撃を受けるルフィ達だが、なんとかその場を離れることに成功する。

不死鳥のマルコ参戦!ビッグ・マムの船を撃退!

ワノ国外壁の滝にはキングに入国を阻止されたビッグ・マム海賊団の船が、もう一度入国するために滝を登っている。

船上の団員達は「ビッグ・マム」の名に泥を塗った麦わらのルフィの首を取れ!と躍起になっている。

もう少しで滝を登りきるという所で、翼を生やし飛んでいる人の影が見える。

またキングが邪魔をしにやって来たのかと身構えるビッグ・マム海賊団であったがその影の主は「元白ひげ海賊団1番隊隊長、不死鳥のマルコ」だった。

鳳凰印という蹴りを喰らわせて滝から船を落とすマルコ。

また来る頃には時代が少し動いてるかもな

落ちて行くビッグ・マムの船と入れ替わる形で滝を登って行く船があり、そこにはネコマムシやイゾウと思われる姿が見える。

カイドウの息子ヤマトとルフィの邂逅

カイドウの元へ向かうルフィは飛び六胞が探しているカイドウの息子「ヤマト」に出会う。

ヤマトは般若の仮面を身に付けており、カイドウと同じような金棒を武器として使っている。

ヤマトは20年前のおでんの処刑『伝説の1時間』を目撃し、「あんな立派な侍はいない』と感じたのだとか。

ヤマトがおでんに似た格好をしているのは、おでんを尊敬していたからのようだ。

そして、同時にカイドウとオロチに彼が殺されたことが悔しかったと熱弁。

続けて光月おでんの航海日誌を聖書(バイブル)として、持ち歩いていて、日誌にはおでんの豪快な人生と「大切なこと」が書かれていると話す。

おでんの航海日誌には、おそらくロジャー達との冒険の日々が書き綴られているはずだ。

つまり最後の島「ラフテル」のことや「歴史の全て」が記されている可能性も考えられるため、ヤマトが非常に重要なキャラクターになって来ることは間違いなさそうだ。

おでんの意志を継ぐことを決めたヤマトは、ワノ国を開国するためにルフィに一緒に戦わせてほしい!!と言いながら面を取るが、その素顔は・・・なんと女!

つまり正しくはカイドウの「息子」ではなく「娘」なのだが、ヤマト曰く光月おでんが男だから自分も男になったのだとか。

そして、最後にまたもや驚きのキーワードを発言するヤマト。

キミは本当に強いな!!まだ本気出していない…エースを思い出す

ヤマトは過去にエースと繋がりがあったことが判明!

盛り上がって来そうな予感を感じさせてくれたが、97巻はここまで。

 

「麦わらの一味」「最悪の世代の海賊達」「赤鞘の侍達」「マルコ」「カイドウ」「オロチ」「ビッグ・マム」「大看板」「飛び六胞」「ヤマト」など、続々と重要なキャラクターが戦いに参加している!

ここから本格化していきそうな戦いがどのように展開されて行くのか、本当に目が離せない!

この記事を読んだあなたにおすすめ!