ワンピース ネタバレ最新話993話感想【カイドウ反撃開始!新技一発で形勢逆転!】

ワンピース ネタバレ最新話993話感想【カイドウ反撃開始!新技一発で形勢逆転!】

前話992話では、行動を共にしていたペロスペローとマルコの同盟が無くなり、ビッグ・マムに対して啖呵を切ったマルコ。

これまで目立った動きを見せてこなかった、キャロットやブラックマリアの様子も描かれた。

カイドウVS赤鞘九人男の戦いは激化し、侍達の連続攻撃がカイドウにダメージを与えた!

最後のシーンでは、錦えもん、イヌアラシ、傳ジロー、アシュラ童子が「おでん二刀流」を繰り出し、かつてカイドウを追い込んだ大技「桃源十拳」を放ち、カイドウの腹を十字に切り裂いた!

カイドウはこのまま押し負けてしまうのか?

ルフィは今どこにいるのか?

『ワンピース』最新話993話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

991話 992話 993話 994話 995話
ワンピースの最新刊を無料で読んでみませんか?
無料で読む方法を知りたい方はこちらをクリック! 『ワンピース』最新刊97巻ネタバレ感想!無料で読む方法【カイドウに息子が!?混戦必至の戦いから目を離すな】『ワンピース』最新刊97巻ネタバレ感想!無料で読む方法【カイドウに息子が!?混戦必至の戦いから目を離すな】

『ワンピース』最新話993話の感想・あらすじ(ネタバレ)

火祭りを楽しむ国民達の姿

ワノ国の中で、唯一栄える花の都では、火祭りを楽しむ国民の姿が。

今日は楽しい“火祭り”だァ〜!!!

彼らもまた、笑顔の裏に重圧と恐怖を抱えて生きていた被害者であることは間違いない。

彼らは死んだはずの光月の侍達が国を救ってくれるという伝説を心の支えにしていた。

この火祭りの日だけは、オロチが花の都を離れるので、国民が心から笑える唯一の日だったようだ。

クイーンの新しい兵器!その名も「氷鬼」

そんな平穏な花の都とは裏腹に、過激さを増す鬼ヶ島での戦闘。

共闘を決めたドレークとゾロに向かってクイーンが発射した弾丸の名称が判明。

名を「氷鬼」と呼び、普通の人間を凍った鬼へと変貌させ、凶暴化させるという悪魔のような特性を持つようだ。

各塔への扉を閉ざせ!!!このフロアは終わりだ!!

そう言い切るクイーンの言葉通り、氷鬼を撃ち込まれた人間を起点にして、「感染」していくその症状。

フロア全員が氷鬼と化してしまってもおかしくない。

鬼となった人間の頭部には、カイドウやヤマトと同じような角が生えている。

兎丼でババヌキが放ったクイーンの疫災弾も、毒が伝染するという強力な効果を誇っていたことを考えると、あまりにも科学的に進歩し過ぎている気がしてならない。

カイドウのバックには、ドフラミンゴのような支援者がまだ他にも存在するのかも…。

ジンベエ合流!ルフィを屋上へ送り届けてくれ!

一方、カイドウの元へ急ぐルフィはサンジと共に城内地下1階を爆走中。

迫り来る雑魚キャラを一掃しながら進む2人の前に、真打ちの1人が立ちはだかる。

左手がゴリラに変形しているという、何とも面白い姿をしている。

ゴリラの生え方おかしいだろ!!

思わず突っ込む2人。

ゴリラ以外にも、すごい数の敵が集まってきており、立ち止まって戦おうとするルフィ。

それを制止したサンジは、10秒あれば全員倒せると息巻くが、ルフィは俺がいれば3秒で倒せると言い張りケンカする…(笑)

そんな言い争いを2人がしているうちに、ジンベエが駆けつけ、「鮫瓦正拳」で敵を一網打尽にしてしまう。

モモの助を殺せ!キングから全員へ指示が出る

場面は変わり、モモの助を連れてヤマトから逃亡するしのぶを、1匹の猫がジーっと見つめている。

その猫は、真打ちの1人・バオファンの飼い猫で、猫が見た風景をバオファンも見ることができるようで、映像電伝虫のような役割を果たしている。

バオファンは、カイドウのスケジュール管理をする秘書のようなポジションに就いているムササビのSMILE。

猫を通じてモモの助の居場所を突き止め、この状況をキングへ報告する。

報告を受けたキングは、侍達がこの戦争の先に叶えたい未来について考察する。

敵の戦力はおよそ5千400!!その大半はおでんの家臣を中心とした侍達だ

つまりこれは「光月家」のお家復興騒動……!!おでんの息子「光月モモの助」をワノ国の将軍にする事を望んでる!!

つまり、モモの助を殺せばこの戦いは終結すると判断し、飛び六胞はじめとした部下達にモモの助の首をもってこいと指示を出す。

確かに、モモの助を失えば、少なからず侍達の士気は下がることが予想されるし、この戦いに勝ったとしても、担ぎ上げる「将軍」が死んでしまっては意味がない。

モモの助のピンチにヤマトが奮起!僕は光月の為に戦う!

キングからの報告を受け、飛び六胞の中でいち早くモモの助を見つけたのは、狂死郎の暗躍より戦線離脱させられていたササキ!

部下達に指示を出し、しのぶ、モモの助を襲撃する!

大爆発により、ピンチに陥るモモの助だったが、しのぶが懸命に庇い続ける。

しかし、止まらない攻撃に背中に矢を受けて倒れるしのぶ。

それでも攻撃の手は止まず、巨大な斧を武器とする大男がモモの助に向かって斧を振り下ろす絶体絶命のピンチ。

その時、ヤマトが間に割って入りモモの助を救う。

邪魔をするのか?と聞くササキに対し堂々と宣戦布告をするヤマト。

邪魔じゃない!!「光月」の為に僕は戦うんだ!!!

おでんの生き様に憧れ、尊敬しているヤマトがモモの助を護るという、胸の熱くなる展開になってきた!

新技炸裂!驚異的なカイドウの一撃で形勢が逆転する

そして場面はカイドウVS赤鞘九人男へ。

前話で、桃源十拳を腹に受けダメージを負ったカイドウは、侍達の気迫におでんの影を見たが、その攻撃はおでんの物には遠く及ばない威力だったと言い放つ。

お前らはやはりおでんじゃなかった……あんな怪物侍はもう現れねェ…!!!浅いんだよ…そんな力じゃあの時の傷は開きもしねェ………!!!

そう言われてみると、おでんから桃源十拳の一撃を受けた際には、傷がもっと深かったような気がするし、攻撃を受けたカイドウも口を大きく開きダメージを負っているような描写がされていた。

そして、ついにカイドウの反撃が始まる。

息を大きく吸い込み咆哮を放つと、その息はカマイタチとなり赤鞘の侍達を襲う!

その威力はとてつもなく、轟音と共にお菊の左腕をガードした刀ごと切り裂いてしまう。

戦慄する赤鞘達の表情で今週は終了。

 

咆哮一つで形勢を逆転させたカイドウ!

やはりその戦闘力は世界最強。

お菊は左腕を失い、戦闘継続は難しいと考えると残りは8人…。

全員が殺されてしまう前に、急げルフィ!

『ワンピース』を読みたい方は週刊少年ジャンプを購入して読もう!

では次回のワンピースネタバレ最新話感想記事もお楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

991話 992話 993話 994話 995話