ワンピース ネタバレ998話感想【「古代種」の強さとは?飛び六胞全員の能力が判明!】

前話997話では、独断で行動したサンジが敵の罠にハマり、ブラックマリアに捕らえられてしまった。

抗体を持って逃げ回っていたアプーをゾロが撃破し、チョッパーがその抗体でワクチンを大量生産するために立ち上がった!

最後のシーンでは、カイドウが鬼ヶ島ごと宙に浮かせ、丸ごと花の都へ移そうとしていることが判明。

展開が読めない乱戦模様だが、ここから戦いはどうなっていくのか?

『ワンピース』998話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

996話 997話 998話 999話 1000話
ワンピースの最新刊を無料で読んでみませんか?
無料で読む方法を知りたい方はこちらをクリック! 『ワンピース』最新刊97巻ネタバレ感想!無料で読む方法【カイドウに息子が!?混戦必至の戦いから目を離すな】『ワンピース』最新刊97巻ネタバレ感想!無料で読む方法【カイドウに息子が!?混戦必至の戦いから目を離すな】

『ワンピース』998話の感想・あらすじ(ネタバレ)

さすがは元四皇の幹部!マルコの能力が万能過ぎる

ライブフロアでは、鬼ヶ島が空を飛んでいることにカイドウの部下たちが騒ぎ立てている。

そしてそれ以上に、不死鳥のマルコがこの場に居ることに驚きを隠せない様子。

マルコは何を思ったのか、チョッパーに向けて自分の炎を向けるが、これにはゾロとブルックも臨戦態勢。

斬撃を放つ2人の攻撃を避けながら、「熱いか?」とチョッパーに問いかける。

あれ?燃えてるのに……火傷しない ウイルスを抑えられる温度で止まってる!!

マルコは不死鳥の炎を自由に操れるようで、その温度まで自由自在。

燃やしつつ、火傷をさせないという芸当が可能になっている。

そこに現れたのはミンク族の医者であるミヤギと看護師のトリスタン。

製薬の準備を整え、チョッパーを呼びに来たようだ。

チョッパーが薬を大量生産するまでの間、マルコは自分の不死鳥の炎を使って他の氷鬼となった者たちを食い止めるため、ただ傷つけるのではなく、チョッパーに対してしたことと同じように、火傷しない程度の温度でウイルスの感染を防ぐつもりのようだ。

しかしその時、ゾロに切られたはずのアプーが目を覚まし反撃をしようと向かってくるが、ドレークが悪魔の実で獣型になりアプーに噛み付く!

おれを本気で味方と思えるのなら ここは任せてお前らは行け!!

そう言い放つドレークに対し、ゾロは「勝ち馬に乗る才能はある様だ」と不敵に笑う。

城内4階では、サンジと離れたルフィ、ジンベエが敵をなぎ倒しながら前へ進んでいる。

2人はサンジが強力な敵を察知して3階で戦ってくれていると思い込んでおり、ルフィに至っては自分の見聞色の覇気の未熟さを反省している。

……違う、彼はただ女の気配を察知して飛び出しただけなんだ(笑)

とはいえ、サンジが一味の中でも見聞色に秀でている可能性はあり得る。

加えて今回は対象が「女」であったことでいつも以上の能力を発揮したに違いない。

4階にも、手こずりそうな敵が複数存在しているようで、ジンベエは自分はこの階に残るから先に行ってくれとルフィへ伝える。

「古代種」飛び六胞ササキの能力判明

場面は変わりドーム内「右脳塔」中央通路。

フランキー将軍がササキ率いる装甲部隊と戦闘を繰り広げている。

さすがはフランキー将軍、広範囲に威力を誇る攻撃で敵を圧倒していく。

そんな様子を見かねたササキが「どいてろお前ら!!」と前へ出る。

能力を解放し、フランキーに体当たりをしたササキの姿はトリケラトプス!

「リュウリュウの実 古代種 モデルトリケラトプス」がササキの悪魔の実の能力だった。

古代種は、動物(ゾオン)系の悪魔の実の中でも希少価値の高い部類に入る。

かつてエニエス・ロビーでルフィを苦しめたロブ・ルッチ が「迫撃において“動物系”こそが最強の種だ」と発言をしていたが、古代種の強さはその中でも群を抜いていると言えるだろう。

百獣海賊団の中で「古代種」と言われてピンと来るのは飛び六胞のことだ。

彼らは、百獣海賊団“真打ち”の中の最強の6人と言われており、その実力は大看板に負けずとも劣らないと言える。

ドレーク、ページワン、うるティ、フーズ・フー、ブラックマリア、ササキ。

この6人がいまの飛び六胞だ。

この中で能力が判明していたのは3名で、「アロサウルス」ドレーク、「スピノサウルス」のページワン、「パキケファロサウルス」のうるティ。

そして加えて、今明らかになったササキの「トリケラトプス」。

決定的なのは、929話のラストの煽りで、「恐竜軍見参…!!」と描かれていたこと。

これを考えると、残りの飛び六胞も古代種、そして恐竜の能力なのではないか!?

逃げるサンジ、追いかけるブラックマリア

城内3階「宴会場」では、捕まっていたサンジが逃走を図っている。

体を縛られながらも走って逃亡しようとするサンジを複数のSMILE能力者が追いかけてくる。

そして追いかけてくる敵の中にはブラックマリアの姿も!

ブラックマリアも能力者で、「クモクモの実 古代種 モデルロサミガレ・グラウボゲリィ」が彼女の悪魔の実だ。

まさかの恐竜ではなく、クモの能力だった…。

「おれは行かなきゃならねェ……!!」と言うサンジに対して、

ねぇアンタ私の事好きって言ったじゃない♡ うふふ♡一生ここに居なよ私が飼ってあげるからさ♡

とサンジに伝える。

ちなみにサンジは、行かなきゃと言いながらも、自分の周りに女ばかりの環境を見て、「ここは天国か」と言っている。

ジンベエVSフーズ・フー!2人の間には因縁が…?

ルフィを先に行かせたジンベエの前に立ちはだかったのは、飛び六胞の1人フーズ・フー。

彼は「ネコネコの実 古代種 モデルサーベルタイガー」の能力者で、すでに獣型へ姿を変えた状態で登場。

ジンベエが七武海だった時に面識があるようで、過去に何らかの因縁があるのか?目が離せない!

その頃、ウソップとナミをボコボコにしたものの、お玉の参入により2人を逃してしまったページワンとうるティは、恐竜の姿になりドームの外で暴れまわっていた。

ページワン「どこ行ったあいつら…」

うるティ「アタマカチ割ってやりんすあの女……!!!」

ウソップとナミをまだ追いかけているようで、見つかれば確実に殺されてしまうだろう。

しかし、このまま終わって欲しくはない!

未来の海賊王のクルーとして、勝てはしないまでも何とか一矢報いて欲しいものだ。

エースは数年前カイドウを殺しに鬼ヶ島へ来ていた!

ヤマトはモモの助の安全を確保するため、ドーム内にある倉庫に来ていた。

そこには壊れた龍の像があり、昔は島の正面にあったと語り出す。

ヤマトの友達が壊してしまったために、今は倉庫に捨てられているのだとか。

龍の像を壊したヤマトの友達、それはエースだった。

エースは数年前、カイドウを殺すため鬼ヶ島に来ていたようだ!

998話はここまで。

 

ヤマトがエースと友達になったのは、おそらくこの時だろう!

なぜエースはカイドウを殺しに来たのか?

その頃であればすでに白ひげ海賊団の二番隊隊長だったはずだから、白ひげ海賊団と百獣海賊団の間で一悶着あったと考えるのが妥当だろうか。

次週以降でその謎も明らかになるのかも!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

996話 997話 998話 999話 1000話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です