ワンピース ネタバレ1005話感想【オラ悟空!面白え漫画があるっつうから飛んできたぞ】

前話1004話では、お玉の登場により戦況に大きな変化が訪れた。

対動物系(ゾオン系)の悪魔の実の能力者に対してこれほどまでに有効的な能力が存在したとは…無条件で仲間増やせちゃうじゃん…。

27000VS5000の兵力差を一気に埋めることだって不可能ではないかもしれない!

サンジはどのようにブラックマリアの魔の手から逃れるのか?

そして今回は特別に解説者としてこの方に来ていただいた(これ大丈夫なのか?w)。

オッス、オラ悟空!今回はオラがワンピースっちゅ〜でぇ人気漫画の解説をすっぞ!つえぇ奴もいっぺぇ出てくるみてぇだからオラワクワクすっぞ!全力で解説してやっから、せぇごまでぜってぇ読んでくれよな!

では実況シイナ(筆者)、解説は悟空さんで進めていくので以後よろしく。

『ワンピース』1005話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

ブラックマリアにボコボコにされるサンジはどうする?

カイマンレディ 島中に声を届ける準備は?

そう話すのはサンジを拘束中のブラックマリア。

黒足…すぐにニコ・ロビンをここに呼んで貰える?

どうやらブラックマリアの狙いは麦わらの一味の考古学者、ニコ・ロビンのようだ!

筆者「悟空さん、相手の狙いはニコ・ロビンのようですがいかがですか?」

悟空「いや〜まずびっくりしたのはこの女でっけぇな!オラこんなサイズの女初めて見たぞ〜!ロビンっつう奴はこの世で唯一ポーネグリフとかいう遺跡を読める存在なんだろ?そりゃあ敵も欲しがるに決まってっぞ〜」

しかし助けを呼ばないサンジはブラックマリアにボコボコにされている。

悟空「コイツこんなに殴られてんのに良く我慢してんな〜オラ見直しちまったぞ〜!」

殴られ続けながら、

待て!一言くらい…言う隙を与えてくれよ…

虫の息でそう吐き出すサンジ。

筆者「悟空さん、サンジは一体何を言う気なんでしょうか?」

悟空「ん〜そりゃおめぇ、憎まれ口でも叩くんじゃねぇか?コイツはぜってぇ女を売ったりしねぇ男だぞ」

助けて!!!ロビンちゃーん!!!

筆者「……助け、呼んじゃいましたよ悟空さん」

悟空「オラ、見直したって言った自分が恥ずかしくなっちまったぞ…」

ロビンちゃんが来てくれなかったらおれは殺される〜〜〜〜!!!助けて〜〜〜!!!

そう叫ぶサンジの声は、カイマンレディを介して島中に響き渡っていた。

味方敵関係なく、これには誰もが驚きを隠せない。

ロビン参戦!ブルックと共に鮮やかなサンジ救出劇

ロビンを呼んだサンジだったが、ブラックマリアはサンジを解放する気はさらさら無い様子。

お前さんは…逃がしはしないよ 私を好きだって言っただろ? あの子達みたいにお前さんは私が飼いたいの♡

サンジの背後には「ブラックマリア様だけを愛してます…」と呟く複数の廃人のような男達が。

しかしサンジは…

おれは!!全てのレディを愛したい!!

悟空「しかし、このブラックマリアっつーのか?怖すぎだぞ…オラならぜってぇ結婚したくねぇぞ!まぁチチの方がおっかねぇけどな!」

どうやらサンジは殴られる際、武装色の覇気を纏っていない様子。

それは殴らせることで女を傷つけたく無いというまさに騎士の思想だ!

殴られ続けるサンジの窮地を救ったのは…

巨大樹(ヒガンテスコ・マーノ)スパンク!!!

「どこにでも咲けるわ」そう言いながら現れたのはロビン!

悪の組織にいた時間も長いの…仲間にひどい事されたらちょっと…出ちゃいそう…私の“悪魔”の部分……!!

そして、ブルックがロビンと共に現れ、サンジを拘束していた蜘蛛の巣を斬って救出に成功!

筆者「これは鮮やかな連携プレイ!どうでしょうか悟空さん!」

シイナ「いやおめぇ、連携はすげぇけど、そんなことより骨が動いて喋ってんぞ!オラも色んな星の奴らと戦って来たけど動く骨は初めて見たぞ!ワクワクすっぞ〜!」

サンジはここから逃れて錦えもん達の所へ向かうと宣言。

ここはなぜだが…勝機が見えねェ!!

ブルックとロビンは声を合わせて「でしょうね」と呟く。

頼ってくれてありがとう♡嬉しかったわ

去っていくサンジに対してロビンはそう言い残す。

筆者「悟空さん、もしかしたらサンジが助けを求めたのは仲間であるロビンを信頼しているからこそだったのかもしれないですね」

悟空「なるほどな〜!仲間ってぇのは特別な存在だもんな!オラもクリリンやピッコロをてぇせつにしねぇといけねぇな」

目のマークをした動物達の能力は「視界共有」

場面は変わり、ドーム内「開かずの倉庫」

ヤマトが一匹のネズミを握りしめているが、その顔には島中の至る所で見る目のマークが。

コイツらは偵察部隊メアリーズ「絡操動物(サイボーグ)」。

目的なく島中をうろついているが、その視界を人間のメアリーズと共有しているのだとか。

つまりこの開かずの倉庫もメアリーズの視界を通して共有され、相手にバレている。

すぐさま外から大勢の声が聞こえてきたので、ヤマトはここから逃げようと提案し、しのぶと共にモモの助を守りながら強行突破を試みる!

ヤマトはモモの助を護りきれるのか…

筆者「絡操動物(サイボーグ)を通じた視界共有…これは厄介ですね、悟空さん」

悟空「そうだなぁ オラも気を感じることで相手の位置や強さを測ることはできっけど、会ったこともねぇ奴だと、そもそも気を感じても誰だか分かんねぇからな!“視界”を共有することで相手の情報を正確に掴むってぇのは脅威だぞ〜!」

(この人…初めてまともな解説したな…)

ジャック戦線復帰!窮地に追い込まれる赤鞘の侍達

城内3階では戦線離脱したはずのジャックが廊下を爆走中。

ブラックマリア!!侍達の息の根はおれが止める…瀕死であれ 飛び六胞に殺せる程“赤鞘”達は甘くはない!!!

ジャックはかなり赤鞘の侍達の強さを認め、警戒しているようだ。

しかし、あそこまでボロボロになっていたのにすでに回復しているとは、恐るべき動物系(ゾオン系)の回復力!

会話の相手ブラックマリアはロビン・ブルックと向かい合い戦闘モード!

ねェニコ・ロビン あなたはカイドウ様のものに…なるのよ♡

そう言うブラックマリアだったが、ロビンは…

いやよ 死んだ方がマシ!!

筆者「ロビンが付いていくのは信頼できる船長であるルフィだけですからね この死んだ方がマシという言葉も本心でしょうね」

悟空「お互いに臨戦態勢って感じでワクワクすっぞ〜!まぁ正直オラなら元気玉一発でこんな戦い終わらせちまうけどな!超サイヤ人になるまでもねぇぞ〜」

 

今週はここまで!

手に汗握る戦闘が各所で繰り広げられる中、ロビンとブルックが敵の幹部であるブラックマリアと戦闘必至!

筆者「悟空さん、最後に一言お願いします!」

悟空「みんなせぇごまで読んでくれたか?オラなりに全力で頑張ってみたぞ〜!ぜひジャンプでワンピースを読んでみてくれよな!ドラゴンボールもよろしくな!」

筆者「悟空さん、ありがとうございました」

来週のワンピースネタバレ感想記事も、お楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

1003話 1004話 1005話 1006話 1007話

1 Comment

sago

すごい楽しく読ませてもらいました!!
まさかの悟空とのコラボ熱いです!笑

返信する

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。