ワンピース ネタバレ1006話感想【マルコ新技炸裂で無双モード!大看板2人を圧倒!】

前話1005話では、解説に某大人気少年漫画の主人公である孫悟空さんをお招きし、主観たっぷりで解説していただいた。

悟空さんもテンションアゲアゲだった1005話の内容を少し振り返ってみよう。

ブラックマリアにボコられながらロビンに助けを求め、なんとか窮地を脱したサンジ。

しかしロビンはブルックと共にブラックマリアと対峙することとなった。

一方、モモの助を護るためヤマトとしのぶは敵の包囲網を破ることを決意し、開かずの倉庫から逃げ出した。

さて今週は、どんなキャラクターがメインになって話が展開されるのだろう?

ワンピース1006話ネタバレ記事、一瞬たりとも気を抜かず楽しんでくれ!

(今週は悟空さん不在なので真面目に進めますw)

『ワンピース』1006話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

バオファンの能力でモモの助がピンチ!

視界共有の能力で、バオファンが誰かを見つめている。

じー…っ

そして、その視線が向く先には…

敵の大将“モモの助”が〜〜〜“開かずの倉庫”から〜〜〜逃げたよ!!!モモの助の姿は見えない!!−−−けど間違いない!!

モモの助の姿が見えないのは当たり前だ!なぜなら彼は、あのエロガキは……

ヤマトの服の中に隠れているのだから!

どうやらモモの助はヤマトのお腹あたりに抱きついて、鼻を膨らませドキドキしながら隠れている模様(ちくしょう羨ましくなんかないぞ…)。

一方、ブラックマリアの魔の手から解放されたサンジは雑魚を蹴散らしながら錦えもんたちの元へ向かっていたが、バオファンの通信を聞いて足を止める。

おい!!開かずの倉庫ってどっちだ!!

しかし、倉庫があるのは錦えもんたちがいる方向とは真逆。

迷った結果、サンジはこっちだ!と言いながらどちらかの方向へ走り出すがどちらへ向かったかはこの時点では分からない。

それにしても、サンジは男相手ならやはり申し分なく強いな。

逆に言えば、この戦力がカイドウ側の幹部と戦っていないのは非常にもったいない。

ここまで仲間に迷惑かけたんだから、役に立てサンジ(笑)。

キャロット敗北!ペロスペローが百獣海賊団との共闘を決意!

そして場面はペロスペローVSワンダ&キャロットへ。

ハァ…ハァ…くくくペロリン♪

戦いの勝者は、まさかのペロスペロー…。

満月に雲がかかってしまい、どうやらキャロットたちのスーロン化が解けてしまったことが勝敗を分けたようだ。

また、ペロスペロー本人の口からもそう思わせる発言が見受けられた。

キャロットたちが勝利するには「天候の運」が必要だと。

改めて、ミンク族の戦闘力はスーロン化も含めて強力だけど、ムラが大きいな。

満月が「出続けていないと」発動できないってのは制約が厳しすぎる。

倒れながら、ペドロの言葉を思い出し悔しそうにするキャロットに対しペロスペローは続ける。

ペドロの仇だと……!?ビッグ・マム海賊団のナワバリに てめェらピクニックでもしに来たのか!? 仲間に死なれたくなきゃあ 森で草でも食ってろォ!!!

クッソ…めちゃくちゃ腹立つなこいつ…!しかし確かに正論だ。

敗者には言い返す権利もない、勝者だけが正義の世界だ。

ペロスペローはその場を去り、百獣海賊団と組んでルフィたちと敵対する気マンマン。

このタイミングで四皇の幹部クラスの敵が一人増えるのはかなり厳しいぞ…。

ヒョウじいがまさかの覚醒!全盛期の姿で敵を薙ぎ払う!

場面はライブフロアへ。

チョッパーが氷鬼の抗体(ワクチン)を作ろうと必死になってはいるが時間との戦い。

マルコの炎でウイルスを中和するのにも限界が来ており、いつ氷鬼化してもおかしくないメンバーが多数いるようだ。

抗体を作るチョッパーを守っているのは、寝返ったX・ドレークともう一人。

その男は、光月おでんが認め、そしてルフィの師でもある男。

「伝説の大親分」“花のヒョウ五郎”。

ウイルスの影響なのか、ヒョウ五郎は全盛期の姿を取り戻している。

その強さは圧巻そのもの。

花の一刀流 怒髪光拝!!!

カイドウの部下たちを一切寄せ付けない刀さばきを披露しながら、ヒョウ五郎は心の中でおでんに対して語りかけている。

ふふ…なァおでん 力の有り余ってたあの時代にお前と共にカイドウに挑んでたらってよ…時々考えてた……!!

やはり少なからず、おでん一人を戦わせたことにヒョウ五郎には後悔の念があったようだ。

だが…錦えもん達は見事に討ち入りを果たしたぞ…!! それにおれにも面白ェ弟子ができたんだ……!!

そう思いながら脳裏によぎるのはルフィの姿。

「ワノ国」にはきっと夜明けがやってくる!!!

マルコが強すぎる…!大看板2人を圧倒する

一騎当千、強すぎるヒョウ五郎を見たクイーンが攻撃を仕掛けようとするが、マルコがこれを阻止。

そっちの侍達に手ェ出すのは おれの首取ってからだよい!!!

そう言いながら、クイーンだけでなくキングも相手取り、攻撃を畳み掛けるマルコ。

さすがに…10億越え2人を引き止め続けるのはキツいな…

やばい…マルコさん強すぎかっこ良すぎる!

元とはいえ、白ひげの1番隊隊長の名は伊達じゃないぜ!

しかし、キャロットたちに勝利したペロスペローが合流し、マルコに気付き、敵対心を向けている。

ペロスペローの懸賞金額は7億ベリー。

ビッグ・マム海賊団の中でも上位の戦闘力を有することは言うまでもない。

キング・クイーン・ペロスペロー全員を相手取るのは、いくらマルコとはいえ荷が重すぎる。

とにかく急いでくれ!チョッパー!

その頃、とんでもない強さで敵を圧倒していたヒョウ五郎にも限界が。

氷鬼化目前になり、仲間たちに「やれ(殺せ)本望だ」と伝え、座り込んで首を差し出す。

男花のヒョウ五郎 この人生に…くいはなし!!!

死ぬ間際になって、この言葉を言えるのがかっこいいし素敵だ。

正直、昔強かった小さいジジイくらいに思っていたが、今回の話でヒョウ五郎の株が急上昇した!

ワンピース1006話ネタバレ記事はここまで!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

1004話 1005話 1006話 1007話 1008話

書き手にコメントを届ける

あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。