ワンピース ネタバレ1008話感想【おでんは偽物!オロチは生存!衝撃の事実連発!】

前話1007話では、チョッパーが抗体を完成させ、一気にライブフロアの戦況が読めなくなった。

クイーンの部下達も寝返りを決意しており、戦力差はなくなりつつあるのかもしれない。

そして、前話の最後で赤鞘九人男の前に姿を現した光月おでん!

彼は果たして本物なのか?偽物なのか?

『ワンピース』1008話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

おでんは死んだ!アシュラ童子、覚悟の雄叫び!

わはは 驚くのも無理はない!! トキの能力で未来へ飛んできた 説明は後にしよう 長くなる!!

おでんの登場に息を呑む、赤鞘九人男の面々。

まさか、このおでんは本物なのか?

でもおでんは確かに、釜茹でされて死んだはず。

誰もがその光景を見ていたし、逃げる暇なんてなかったはずだ…。

トキの能力を使えば確かに未来へは飛べるだろうが、そもそも飛ぶ本人も、飛ばせるトキも死んでいるはずなのだ…。

おでんは、赤鞘九人男に声を掛ける。

再会を喜んでる時間もないぞ!!遅れてすまん!!いざゆこうあの日討ち損ねたカイドウのもとへ!!

その言葉に涙を流しながら「無論!」と同意する侍達。

全員が涙を流し、目の前にいるおでんは本物であると思っている様子。

しかし、アシュラ童子が声を荒げておでんの生存を否定する。

トキ様の言葉を思い出せと叫びながら彼は言う。

人は決して過去へは戻れない!!!トキ様の力は未来へ行く力!!あの日おでん様は死んだ!!!それは未来へ行こうと変わらぬ事実でござる!!

そう、少し考えれば分かることなのだが、錦えもん達はどうしても彼の「生存」に縋りたいという気持ちがあったのかもしれない。

わかる!!! だが 目を醒ませ 錦えもん!!!

そう言いながら錦えもんを殴りつけ、おでんに斬りかかるアシュラ童子。

アシュラ童子の刀がおでんの顔を斬るが、血すら出ない。

そして、おでんの刀が、アシュラ童子の腹を貫いた…!

ハァ…ハァ…さァ!! これで明らか……!! みな…同じだ……!!本物であって欲しかった!!!

おでんの正体はカン十郎!

おでんは偽物だった。

しかし、赤鞘九人男が言うには、このおでんの立居振る舞いはまさにおでんそのもの。

そんな部分まで表現ができるのは、間違いなく身内。

身内で裏切り者。

もうアイツしかいないじゃないか!

裏切り者、カン十郎…最低だ、まさに悪の所業!

偽物おでんは「おれはおでんだ!!」と言いながら笑っている。

どうやらカン十郎が、遠隔でこのおでんを操っている様子。

カカカ…「遠隔」は体力をひどく消耗する それがしも深手だ!!この戦で死ぬだろう だがその前に「光月家」の“心臓”は突いて死ぬ!!! 「黒炭カン十郎」としてな!!

奴の狙いはモモの助だ!

通信を使って、一緒にいるはずのしのぶに通信をしようとしたその時、おでんの絵が自分の体にくくりつけたダイナマイトに火をつける!

アシュラ童子が身を呈してこれを防ぎ、カン十郎を止めに行けと指示を出す。

これ以上「光月おでん」を汚すな!!

そう言いながら大爆発に巻き込まれるアシュラ童子だった。

生きていたオロチが逆襲の放火!

アシュラ童子の覚悟を背にし、カン十郎を追おうとするが、そこにジャックが立ち塞がる。

周りには、ボロボロになったミンク族の姿。

手こずった……!!王達を守ろうと……ハエ共が立ち塞がりやがって!!!

ジャックを止めるべく、イヌアラシが立ち上がる!

ジャック:お前一人請け負う気か「昼の王」 ここは月は出ねぇぞ…!!

イヌアラシ:“毒ガス”もない!! お互い観念しよう

イヌアラシvsジャック、手負同士の命をかけた、「純粋な力と力」の戦いが今始まる!

イヌアラシは過去の因縁のためだけでなく、ジャックをここから逃がさないことでこれ以上の被害を抑えようとしているようだ。

 

一方その頃…。

城内ではとある場所で火事が起きている。

その影から、その火の行手を見守る人物が…。

ぐふふ…バカ共 よくもわしを裏切ったな……カイドウ……!!! 焼き尽くしてやる!!!空中で!!逃げ場なく死ぬがいい!!

この笑い方…そう、その正体は、元ワノ国将軍オロチ!

カイドウに首を斬られ死んだかと思っていたが、まさかの生存確認。

考えられる可能性は2つくらいか。

  • 死んだオロチはカン十郎の紙分身
  • オロチ自身の八岐大蛇の能力によるもの

まあ、正直どちらにしてもオロチも味方ではないし、戦況を引っ掻き回しそうで面倒だ…。

これ以上話をややこしくするな(笑)。

オロチの傍には福ロクジュの姿もあり、やはり彼はオロチに付いていくつもりのようだ。

地獄には慣れている!ルフィの心はまだ折れていない!

その頃、モモの助達は依然として場内を走り回って逃走中。

モモの助は龍の姿からまた人間の姿に戻りヤマトの服の中に隠れている。

ルフィ達と出会ったころは おどろいたり悲しむたびに”りゅう”になっておった…!!

ヤマトの「父に似た力なのかな」の言葉に対して、あんな怪物になれるものならいくらかみんなの役に立つのに……!!と悔しそう。

ヤマトはルフィを心配しているが、モモの助は見聞色の覇気?を使ってルフィは弱っているがなぜか元気だと話す。

一方、そのルフィは…ブッ飛ばされていた(笑)

ギャー!!

ゾロ達が何度も攻撃を仕掛けているようだが、全く効いている気がしないとのこと。

どうやって勝ちゃいいんだ

しかしルフィは

効いてるよ!!!こんだけ打ち込んで効かねェ筈あるか!! 同じ人間だろ!!

とまた考えなしに突っ込んでいき、ブッ飛ばされる(笑)

ギャー!!

いや〜、いつも通りだけどルフィは楽しそうに戦うよなぁ。

そんな様子を見ていたローが口を開く。

一人引き離すべきだ

ゾロもその発言に同意する。

キッドいわく、あの2人(カイドウとビッグ・マム)が並んでいると、まるでここが地獄にしか見えないと。

カイドウの人獣型の姿がここで判明!

全身に鱗をまとい、少しスリムな体つきをしており、頭には長い角が生えている。

しかし、ルフィは怯まない。

不敵な笑みを浮かべ、自信満々。

地獄なら 何度も行ってきた!!! 優勢だ!!

そんなルフィを見て、カイドウも実に楽しそう。

麦わら お前はいつでも“目”が死なねェなァ!!!

今週はここまで!

ついにそのベールを脱いだカイドウの人獣型!

ビッグ・マムとカイドウを分断するつもりのようだが、その場合どういうマッチアップとなるのだろう(ルフィvsカイドウは確定だろうけど)。

次週もお楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

1006話 1007話 1008話 1009話 1010話

書き手にコメントを届ける

あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。