ワンピース ネタバレ1009話感想【四皇の合体技「覇海」炸裂でまさかの全滅!?】

前話1008話で、おでんが偽物だと判明し、怒る赤鞘九人男。

裏切り者、カン十郎がモモの助を狙っていると知り、阻止するべく動き始めた。

死んだはずのオロチは生存が確認され、あろうことか城内に火を放った。

そしてルフィ達は人獣型となったカイドウと激戦を繰り広げていた!

オロチはここからどう行動するのか?

ルフィ達はカイドウ、ビッグ・マムにどう対抗するのか?

『ワンピース』1009話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

オロチvs赤鞘九人男!もう一つの因縁が火花を散らす!

燃え広がる炎に慌てふためくカイドウの部下達。

火事を止めろー!! 消化しろー!!水〜〜〜!!!

この騒ぎを引き起こした張本人は元将軍、オロチ。

彼はカイドウの手によって斬首され死んだと思われていたが、何らかの方法で生きながらえていたのだ!

そのオロチはというと、広間のような場所で赤鞘九人男と対峙していた!

オロチの側には側近の福ロクジュの姿も。

オロチ様…!!奴らあなたが一度死んだ事知りません!

個人的に、このセリフにはかなり違和感を覚えた。

オロチがカイドウに殺された時、可能性としてあり得るのは

  • オロチ自体が偽物だった(カン十郎の描いた絵であった)
  • オロチ自身の能力によるもの

だと先週のネタバレ記事でも考察した。

しかし、この福ロクジュのセリフを考えるとやはりオロチは一度「死んだ」というのが正しいだろう。

では、カン十郎の描いた絵ではなく、オロチ自身の能力による復活、もしくは他の誰かの能力による蘇生の可能性が高い。

お逃げください ここは私が…!!

そう助言する福ロクジュだったがオロチは聞く耳を持たない。

たわけ!! 城内に戻れば八方敵じゃ!!—それに奴らカイドウにやられ重傷…

手負いの貴様らなど恐るるに足らん!!!

オロチ二度目の斬首!首が1本でも残っていれば死なない?

八岐大蛇の能力を開放し、蛇の姿へと変化するオロチ!

カン十郎の裏切りと、狂死郎の謀反、双方信じていた仲間を失ったが、化かし合いもここまでのようだ!

わしが喰ろうてくれるわ!!!亡霊に怯えた20年を思い知れェ〜〜〜!!!

迫ってくるオロチに対して刀を抜く錦えもん達!

次の瞬間!

ぶへェ〜〜〜〜!!!

首をそれぞれ斬られ叫ぶオロチ!

オロチ!!我ら貴様ごときに割く時間はない 貴様の裁きは地獄に託そう!!!

なんと1コマで瞬殺!弱過ぎだろ!(笑)

ただ、気になるのは八岐大蛇状態のオロチの首が「6本」しか無いように見えたことだ。

本来8本あるはずの首だが、なぜ6本なのか?…。

あくまで予測の域を出ないが、8本のうち1本はカイドウに斬られ消滅。

そして残りの1本は、意図的に隠している?…

もしかするとオロチは、首が1本でも残っていれば死なないのかもしれない!

オロチを撃破し先を急ぐ錦えもん達だったが、雷ぞうだけがこの場に残り福ロクジュと戦うようだ!

私とお前は戦う宿命にあった…!!わかるな!? 雷ぞう!!

そういえば、以前雷ぞうが福ロクジュの「ライバル忍者」として紹介されていたな。

因縁の対決、というわけだ。

四皇の合体技炸裂!その名も「覇海」

さてさてお待ちかね。

場面はカイドウ&ビッグ・マムとの激闘へ。

一発かまそうカイドウ 5人中何人生き残るかねェ?

先週、2人をどうにか分断しようと話をしていたロー達は、作戦を立てている。

トラファルガー!!お前の能力でどっちか下へおいやれねェのか!?

できるならもうやってる!! 覇気が強すぎてあいつらは動かせねェ

なるほど…ローの能力も万能ではないんだな。

覇気が強い場合はオペオペの能力対象にならないことが判明。

おい!!でけェの来るぞ!!

ルフィがカイドウ達の攻撃の気配に気がつくが、すでに相手は攻撃を放つ寸前。

足腰衰えてねェだろうなババア!!

誰に口きいてんだ小僧!!

「ゴゴゴゴゴゴゴゴ」と、とんでもないオーラをまとっている。

「覇海」っ!!!!

ドリーとブロギーが放った「覇国」よりも大きいと思われる斬撃がルフィ達を襲う!

避けきれない、全滅か…!

しかしゾロがこの攻撃を真正面から受け止める!

逃げろお前ら!!! 全滅するぞ!!!

流石のゾロも、この斬撃を全て受け切ることは叶わず、大ダメージを受けてしまう。

だがおかげで、全員がこの攻撃から逃げることに成功。

一瞬でも よく止めたなありがとよ……!!

キッドもこのゾロの働きには感心している様子。

ここで、キラーが何かに気づく。

“麦わら”は!?

……え?ルフィは一体どこへ…。

ルフィに対してカイドウの大技が炸裂!

ゾロが攻撃を止めた一瞬で、ルフィは逃げるのではなく反撃に転じていた。

ゴムゴムのォ…!!火(レッド)

火拳銃(レッドホーク)を放とうとするもカイドウはこれを難なく回避する。

しかし、なぜか嬉しそうなルフィ。

しし!!避けたな!?カイドウ 痛ェからだろ!!?

確かに!今までのカイドウはルフィの攻撃を全て真正面から受け止めてきた。

避けるということは、殴られたくない、ということだ!

蚊に刺されるのと、蜂に刺されるのが違うように、カイドウにとって今のルフィの攻撃は、当たると困るものなのだろう!

だが、カイドウも黙ってはいない!

金棒を振り回し、ルフィを殴打する。

武装色でガードしたことで致命傷を避けたルフィだったが、攻撃は続く。

口から衝撃波を放ち、空高く飛び上がり大技を放つ。

“降三世” “引奈落”(ラグナラク)!!!

覇王色の覇気を雷のように纏った金棒がルフィを直撃する!

この攻撃はやばい…ルフィは無事か?

作戦がハマり、ビッグ・マム退場!?

一方、キッド達はビッグ・マム分断作戦を開始する。

キッドが鉄屑で作成したキューブのような物に、ローが「シャンブルズ」の能力を使ってゼウスを閉じ込める!

わーっ!!ここどこ!?真っ暗〜〜〜!!

続いて、キラーがナポレオンを、ゾロがプロメテウスを攻撃する!

ビッグ・マムに直接攻撃を加えるのではなく、彼女の魂が宿ったホーミーズを狙い撃ち!

ただ、あくまで相手は海の皇帝「四皇」の一角。

何だい!?あいつらを引き離せば おれを倒せるとでも思ったのかァ!!?

キッドが放った「磁気(パンク)ピストルズ」を意に介さず、キッドを殴り倒すビッグ・マム!

しかし、キッドの狙いは別にあった。

先の攻撃により、磁気を纏ったビッグ・マムに対して「反発(リペル)」を発動する!

空高く舞い上がったビッグ・マムの身体に今度はローが「タクト」を使って大岩をぶつける!

バカが……!!今更岩なんてぶつけようが

と言ったところで何かに気がつくビッグ・マム。

そう、彼らの目的はビッグ・マムを戦闘不能にすることではなく、退場させることだった!

「リペル」の能力と、ローが放った岩によって空中に投げ出され、鬼ヶ島屋上から落下していくビッグ・マム。

下は能力者には弱点である海。

ゼウスに助けにこいと叫ぶが、ゼウスはキッドお手製の箱の中。

助けに行かせなきゃ!! 一人脱落だ!!!

作戦が綺麗に決まり、大ピンチのビッグ・マム!

こんな形で退場となるのか…!来週が待ち遠しい!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

1007話 1008話 1009話 1010話 1011話

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。