ワンピース ネタバレ1010話感想【ゾロ覇王色覚醒!ルフィも新たな力を手に入れる!】

前話1009話では、赤鞘九人男とオロチが戦闘開始!

決着は一瞬で、オロチの首がはねられた。

しかし、このまま終わるオロチでは無いだろう。

何らかの方法で復活を果たすはずだ。

一方、四皇と対峙するルフィ達は、カイドウとビッグ・マムを分断する作戦を決行!

結果、大ダメージを負いながらもビッグ・マムを海へ突き落とすところまで来た!

(まだ落下中なので安心はできないが…)

この戦闘の鍵を握るのは、一体誰だ?

1010話のタイトルは「覇王色」。

『ワンピース』1010話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

ビッグ・マム退場か?しかしゾロも瀕死のダメージ!

助けろーーー!! ゼウス〜〜〜!!!

海へ落ちそうになりながら叫び助けを求めるビッグ・マム。

その表情からは余裕など消え失せており焦りまくっている。

油断が命取りになったね。

ゼウスは依然箱の中。

プロメテウスは瀕死のゾロが何とか食い止めているという状況。

ゼェゼェ…ガフッ

しかし、ゾロの身体は限界のようで、血を吐き苦しそうだ…。

ローいわく、さっきの(前話の覇海)で全身の骨が砕けていてもおかしくない状態。

医者であるローが言うんだから間違いない。

ルフィは気絶、ゾロは死にかけ、大ピンチだ…

一方ルフィVSカイドウは…

まさかのルフィ気絶!

みっともねェなリンリン 世話がやける……!!

おいルフィ、目を覚ませ!お前がやられたら誰がこの怪物を倒すんだ!

カイドウは標的をゾロへと変え迫ってくる。

おい“海賊狩り”プロメテウスを解放してやれ!!

ただでさえ瀕死のゾロがカイドウとやりあえるワケがない!

ここはすかさずローがカバーに入る。

注射(インジェクション)ショット!!!

「ウグ!!!」と少し苦しそうにするカイドウだったが、調子が狂うんだよ!と言いながらローを叩き、ふき飛ばす。

–––おいトラ男!!ハァハァ あの“炎”がビッグ・マムを助けちまうだろう!!

と怒って言うゾロだったが、ローは冷静。

行かせてやれよ…誰か死ぬくらいなら作戦失敗でいい…!!

これにはキッドとキラーも賛成の様子。

ビッグ・マムは任せろ!と屋上からビッグ・マムのもとへ駆け出していく。

なんだこいつら…めちゃくちゃいい奴らじゃん、麦わらの一味に入らないか?笑

一方のビッグ・マムは助けに来たプロメテウスを褒めつつ、ゼウスは何をやってんだ!とご立腹の様子。

ゾロ、命をかけた最大威力の一撃!

一方、ゾロ達はカイドウと向き合い、臨戦態勢。

気絶したルフィはそれでもなお、カイドウを睨み続けているらしい。

まずその両目を潰そうか……!? それとも脳か?心臓か……?

と一歩一歩、ルフィに迫っていくカイドウ。

それを見たゾロが何かを覚悟し、ローに話しかける。

トラ男 これからやるのが ハァ…ハァおれの限界………締まりなく戦っても消耗するだけだ…通じねェ時ゃ死ぬ時だろう 後の事は…頼む!!!

そう言って、おいカイドウ!と声をあげるゾロ!

そして技を放つ態勢に入っていく。

気迫を、そして殺気を具現化し、鬼神を見せるゾロ。

“鬼気九刀流” “阿修羅 抜剣” “亡者戯(もうじゃのたわむれ)!!!”

その技はカイドウを切り裂き、血を流させた!

ゾロ覇王色覚醒!しかし渾身の一撃もカイドウは倒れない!

ゾロの攻撃に叫び声をあげ苦しむカイドウの様子に、ローも唖然としている。

深く切りつけられ、膝を着くカイドウ。

…まさかお前も…“覇王色”を……

なんとまさかのここでゾロの覇王色覚醒きたー!

まあ、ロジャーの右腕だったレイリーが覇王色の覚醒者だったこともあって、いつかゾロも覚醒するだろうとは思っていたが、こんなに早くにその片鱗を見せるとは。

しかし、ゾロは自覚はない様子。

あァ…?何言ってやがる……!!ハァ…ハァ 身に覚えがねェ…!

渾身の一撃も、カイドウを倒すことは叶わなかった。

いや、本当に勘弁してくれよ…強すぎだろこの怪物。

「目障りな世代だな」と呟きながら、ゾロもろともローに対しても攻撃を放つカイドウ。

雷鳴八卦!!!

大ダメージを受け、倒れ伏すルフィ、ゾロ、ロー。

彼らの姿を見てカイドウは残念そうでもある。

実力を認めているからこそ、自分の部下として受け入れたい気持ちがあるのかもしれない。

ルフィ新たな力を手にカイドウを殴り飛ばす!

勝ちを確信したカイドウの背後で、フラフラながら立ち上がるルフィ!

お前は…必ず…ブッ飛ばす……!!

頭の中ではヒョウじいとの特訓のことを思い出している。

まとった覇気は敵の内側から破壊する 力むのではなく“覇気”を拳に流すのだ…!!

またルフィは、カイドウの攻撃を受けてあることに気がついていた。

それは……。

「覇王色」もまとえるんだろ……!?

その言葉を聞き、ひと握りの強者だけだと笑いながら金棒を振り上げ迫ってくるカイドウ。

しかしその攻撃を蹴りで弾き返すルフィ。

弾き返す際、ルフィの足はカイドウの金棒に触れていなかった。

これはかつて、ロジャーと白ひげがおでんの目の前で攻撃を交わした時と同じ。

そして、そのままカイドウの懐に飛び込み、拳を握りしめ攻撃を仕掛けるルフィ。

その拳には心なしか、ロジャー、白ひげ、カイドウなどが攻撃をした時に現れる、「黒い稲妻」のようなものが見て取れる。

腹部に全体重を乗せたパンチを打ち、そのままアッパーカットでカイドウの顔を捉えた!

その拳もカイドウの腹部には触れていないが、ダメージを受け、仰向けに倒されるカイドウ!

ローはその様子を見て一言、「触れてねェ…!!」と驚愕している。

ゾロ…トラ男 守ってくれてありがとう お前ら下へ降りろ 後はおれが…何があってもこいつに勝つから……!!

自身に満ち溢れた目で、言葉を続けるルフィ。

それだけみんなに 伝えてくれ!!!

戦いは最終局面へ!いざ、真っ向勝負!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

1008話 1009話 1010話 1011話 1012話

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。