ワンピース ネタバレ1013話感想【ルフィ敗北?白目を剥いて鬼ヶ島から落下…!】

 

前話1012話では、マッチアップする相手が目まぐるしく入れ替わった。

モモの助を救出に向かう錦えもんたち、ペロスペローを倒しに行ったネコマムシ、屋上を目指すヤマト、ビッグ・マムを倒しにいくロー。

最後のシーンでは、ナミがうるティにブチ切れて戦闘を開始した!

『ワンピース』1013話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

うるティを倒したのはビッグ・マム!衝撃の新技炸裂!

物語は前回の続きから、覚悟を決めてうるティと対峙するナミ!

しかしウソップは勝機がないことから逃げることを提案。

ナミはお玉を傷付けたうるティにブチ切れており聞く耳を持たない。

お玉はというと、うるティからの攻撃で血を流しており、少なくとも軽症ではなさそうだ。

ビッグ・マムもお玉のことを心配している。

やっと覚悟決めたでありんすか…

とうるティも臨戦体制!

しかしナミも「魔法の天候棒(ソーサリー・クリマ・タクト)」をくるくると回し、攻撃の準備を始める。

そんな姿を見て、周りのモブがナミを挑発する。

くるくる棒回してよ!!うるティ様に敵うかチアリーダー!!

そんな周りの挑発など気にもかけず、ナミはうるティへ攻撃を放つ。

”トルネード”=”テンポ”!!!

強力な一撃ではあったが、相手はあくまでも飛び六胞の一人。

ナミの身体を押さえつけ、頭突きを放とうと照準を合わせる。

絶対に動けないって… わかる? やっと粉々にできる!! その頭!!

万事休す…そう思った瞬間、ビッグ・マムがうるティへ攻撃を仕掛ける!

ナポレオン、プロメテウス、ヘラをそれぞれ変形・合体させ、そして強力無比なレーザービームを放つ。

“鳴光砲(メーザー砲)”!!!

その威力はうるティの腹部を易々と貫き、戦闘不能に!

同盟を組んだはずのビッグ・マムの裏切りに動揺しまくるカイドウの部下たちだった。

お払い箱になったゼウスはナミのため、ビッグ・マムを裏切るが…

メチャクチャだが助かった おいナミ逃げるぞ!!

お玉を抱えて逃げようとするウソップ。

ナミも頭が冷えたのか冷静さを取り戻し、逃げることに同意する。

ボロボロのお玉はそれでも自分ではなく狛ちよを心配している。

しかし、流石にこの状況で狛ちよの手当はできないと判断したウソップとナミは、後で必ず迎えにくるとお玉に伝えこの場を離れることを最優先する。

その時、ナミが何かを発見する。

え!?ゼウス……?

しかしゼウスはビッグ・マムを寂しそうな顔で見ている。

これゼウスのバカじゃ できなかった技なんだ!!

私と呼吸が合ったんですよね!?ヘラ

プロメテウスとナポレオンが嬉しそうにヘラと話している。

そんな様子を見ているゼウスの目から涙が溢れる。

その子 誰?

まあ、ゼウスにすれば自分の知らないところで新しい仲間が増えていたんだから寂しいだろうな…。

 

ゼウスじゃないか!!

ビッグ・マムに発見され声をかけられたゼウスは

お…… 遅くなってごめん!!な…… 仲間が増えたんだね!!4人になって心強いや!!えへへへ♡

と楽しそうに話していたのだが…。

違うよゼウス お前はもういらないんだよ!!!

驚くゼウスだったが、さらにプロメテウスとナポレオンからも「お前は要らない」という罵声を浴びせられてしまう。

ヘラ!!ゼウスを食っちまいな!!あいつの魂(ソウル)で お前はもっと強くなる!!

ゼウスにかぶり付くヘラ。

ゼウス先輩♡いただきまーす!!!

食べられそうになりながら、必死にビッグ・マムに許しをこうゼウスだったが意味もなく、為す術なし。

一方ビッグ・マムは逃げようとするナミたちに意識を向けていた。

お玉をウソップから奪い取り、そのまま剣を振りかざす。

その時、ヘラに食べられていたゼウスがナミに向けて叫ぶ。

ごめんよ!!さっきは殺そうとして!!!おいら臆病だから ママに逆らえなぐて!!自分の命が惜しくて優しくしてくれたナミを裏切って………!!

ゼウスもナミを裏切ったことを少なからず後悔しているようだ。

今から殺されるんだけど…!!皆に嫌われたまま死にたくない!!許さなくていいから… 見てて!!

決死の覚悟で生みの親であるビッグ・マムに向かっていくゼウスだったが、エネルギー(魂)切れでビッグ・マムに止められ、魂を抜かれてしまう。

そしてそのままヘラに吸収されてしまった。

これは個人的には意外な展開!ゼウスはナミの物になると思っていたのに残念。

混乱に乗じて、ビッグ・マムから逃げ出したお玉がナミとウソップと共にこの場を離れようとしたが、気付かれてしまい殺されそうになる。

おれァ”去る者”が大嫌い……!!!殺さなきゃね~~~!!!

剣が振り下ろされた瞬間、何者かが3人を守る。

磁気(パンク)弦(ギブソン)!!!!

現れたのはキッド!

失せろ”麦わらの一味”コイツはおれの獲物だ!!

再び、ビッグ・マムVSキッド勃発!

ルフィ、敗北?

その頃、鬼ヶ島屋上では…。

金棒を担ぎながら、一人話すカイドウ。

強ェ武器を手に入れて…調子に乗ったな若造…!!

頭を抱えながら残念そうに続けるカイドウ。

久しぶりに熱くなって…おれはしくじった…お前の首を切って「勝利宣言」すべきだったんだ でなきゃみんながお前の勝利を信じ続けちまうだろう……?

そう言うカイドウの視線の先には、気を失い、鬼ヶ島屋上から落下していくルフィの姿があった……。

まさかの決着!?ルフィ、完全敗北か…?

目を覚ませルフィ、みんながお前の勝利を信じているんだぞ!

1013話はここまで!

<考察>なぜ「20年後の未来」と「ルフィのワノ国上陸」が同時期だったのか?

ワノ国編に入ってから、幾度となく使われるキーワードが2つある。

『世界の夜明け』そして『20年後の未来』だ。

いくつかそのキーワードを含むセリフをご紹介しよう。

まずは、おでんの妻トキの辞世の句。

月は夜明けを知らぬ君

叶わばその一念は

二十年(はたとせ)を編む月夜に九つの影を落とし

まばゆき夜明けを知る君と成る

また、おでん自身もラフテルへ行った後このような言葉を残している。

国に残した優秀な家臣らと共に!!「ワノ国」を開国し!!20年以上先の!!“未来”を待つとしよう!!!

つまり、この「20年」という言葉、当時のロジャー海賊団だったおでんと、おでん本人からその秘密を聞かされたトキだからこそ出たキーワードだと言えるだろう。

今まさに本編では、20年後の世界を舞台にルフィ達麦わらの一味がワノ国を変えるために戦っているわけだが、偶然にしてはタイミングが良すぎると思っていた。

そして、ある仮説にたどり着いた。

これは誰かがタイミングを操作したのではないか?と。

ワノ国に上陸するかどうかまではコントロールが難しくとも、世界が大きく「うねり」始める20年後と時期を合わせることができた人物が1人だけ存在する。

過去、ロジャー海賊団で歴史の全てを知り、ルフィ達と関係のある人物。

そう、シルバーズ・レイリーだ。

もしかするとレイリーが提示した「2年」の修行期間は、ただルフィ達の成長を考えたことと併せて、20年後のタイミングで新世界へ踏み出すための準備期間だったのではないか?

しかし、そうなると気になるのは「ラフテル」には一体どんな情報が眠っているのだろう。

突飛な考察にはなってしまうが、もしかして「未来」に起こることがラフテルには記されているのではないか。

未来を知る人物が、何らかの形でラフテルに情報を残している?

そして、それが可能なキャラクターが一人だけ思い当たる。

…のだけれど、今週は長くなってしまうのでここまで!

気になる方はぜひ次回のネタバレ記事も見にきてほしい!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

1011話 1012話 1013話 1014話 1015話

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。