ワンピース ネタバレ1016話感想【ゼウスが仲間に!?ナミが新たな力を手に入れる!】

前話1015話では、モモの助がルフィの声を鬼ヶ島中へ届けた!

それによって士気を取り戻す味方達。

まだ、ルフィは負けていない!

また最終シーンではついにヤマトがカイドウと対峙した。

おでんの遺志を継ぎ、実の親と正面からぶつかろうとしているヤマト。

彼女に果たして勝算はあるのだろうか…?

『ワンピース』1016話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

国民の思いよ天へと届け!燃え盛る火に乗せて

ワハハハハ!!

響き渡るは国民の声、場所はワノ国花の都。

ここは火祭りの真っ最中だ。

子供から老人まで、この日だけは羽目を外して楽しんでいる。

城下町を歩く、おトコと飛徹。

華やかだなァ おトコ

うん!!

火祭りは亡き人を弔う祭り 天国に届くように火を焚くのだ

そんな会話を交わす2人。

おトコは死んでしまった父、康イエのことを思い出している様子。

改めて思うけど、おトコのSMILEの後遺症、なんとかして治してやりたいなぁ(これはおトコに限った話ではないんだけど…)

悲しい時に泣けないことほど辛いことはないだろうに…。

チョッパー先生の活躍に期待しよう。

CP-0は相変わらず我関せずといった様子

場面は代わり鬼ヶ島、城内「来賓の間」では、CP-0が高みの見物。

“麦わらのルフィ”を失っても 降伏する者はなしか

現在の戦況を分析するCP-0。

兵力差は2万4000VS3000––––––しかしライブフロアの裏切りにより、4千人の兵士がルフィサイドに寝返った。

よって戦力は現在、2万VS7000の戦いになった模様。

これにはCP-0も驚いている様子で、まさか兵力差が縮まるとは、と声を漏らす。

ハッ!ざまぁみやがれ!まだまだここから度肝を抜くような出来事があるから楽しみにしてろ!(そうだと願うばかりだ)

一方、戦況を実況する役目のバオファンは、モモの助がカイドウから逃れるために落下していく所も目撃していた。

モモの助も〜〜〜〜〜!!落ちたね!!

その言葉に、同意する馬のような姿をしたSMILE。

ですね!!事実上の「大将」の死!!報じれば侍共は今度こそ戦意喪失でしょう!!

クリマ・タクトにゼウスが乗り移った!?

その頃、ナミ・ウソップ・お玉はというと––––。

ナミのクリマ・タクトが喋った事実に驚いている。(先週急に「えヘヘ」と喋り始めた)

おれの開発した開発した天候棒(クリマ・タクト)が喋った!!もしやおれは自分で気づかない程の天才なのか!?

そう言うウソップに反論するクリマ・タクト。

いやだからおいらだよ 元ゼウスだよ!!

ヘラに食べられたはずのゼウスが生きていたことに驚くナミ。

ゼウス本人の説明によると、ヘラに食べられる直前、ナミがクリマ・タクトをヘラの口の中へ押し込んでいたことで、ゼウスはクリマ・タクトに不可抗力的に入り込んでしまったのだとか…そんなメチャクチャな(笑)

まぁいずれにせよ、強力な味方?武器?を手に入れたことには変わりない!

そんなことを話しているうちに、3人はステージへと到着。

あ!!おい!!ステージに着いたぞ!!玉っ!!ここから号令を!!

キタキタ〜!お玉が号令を出せば、とんでもない数のギフターズ達が味方になるぞ!

しつこい!再び立ちはだかるうるティ!

お玉達の到着に気が付かず、バオファンはモモの助落下を鬼ヶ島中へアナウンスしようと声を出そうとする。

鬼ヶ島全土へ〜〜〜!!! 報告〜〜!!敵の「大将」––––モモ……

バオファン様後ろに!!麦わらの一味が!!

お互いが自分の敵を認識したその時だった。

ダダッ!!

駆け寄ってくる足音。

あ!!ウソ八君!!

お玉が何者かの気配を察知しウソップを呼ぶが、時すでに遅し。

「ガゴォン!!」とうるティの頭突きがウソップへ炸裂する。

あまりの威力にお玉を離し、地面へめり込んでしまうウソップ。

結局……コイツなんでありんしょ!? こいつがいるから部下達が次々とあちき達を裏切る……!!

こいつ…バカなように見えて良く戦況を見ているな…お玉の仕業だと見抜くとは大したものだ。

お前がペーたんをあんな目に!!!

いや、それはどう考えても八つ当たりだけども…。

お玉の首を絞め、詰め寄るうるティを見ていたナミがまたもやブチギレる。

––––だからやめろって……言ってんでしょ!!?

そう叫びながらクリマ・タクトを振るうナミ。

するとクリマ・タクトの先端が金棒のようにトゲトゲに変形した!

これにはナミ自身も驚きを隠せない。

ナミ!!いつも通りタクトを使って!!おいらが補助(アシスト)する!!

ゼウスの意思で自由に形を変えられるようになった新・クリマ・タクト、これは強い。

うるティは頑丈だが、ビッグ・マムにやられたダメージがあるようで、「雷霆」が決まれば一発だと言うゼウスだった。

うるティを撃破し鬼ヶ島全土へ声を届けるお玉

うるティはお玉を捕まえているので、下手に攻撃をすればお玉まで攻撃に巻き込んでしまう。

その時、ウソップが「緑星 サルガッソ」を放ちうるティとお玉の分断に成功!

行くわよゼウス!!! “雷霆”!!!

しかし、ナミ渾身の一撃は簡単に避けられてしまう…「終わりね」そう余裕ぶるうるティの背後で叫ぶゼウス。

終わらない!!当たるまでがおいらの攻撃(仕事)!!!

軌道を自らの意思で変えたゼウスがうるティの全身を貫く!

ナミVSうるティ、ついに決着。

うるティを撃破したナミ&ウソップの次なる標的はバオファン。

緑星「デビル」で彼女を捕まえ、お玉の前へ連れていく。

理屈は分からねェが こいつが発信機だ 喋れ!!

そしてついに––––お玉の声が鬼ヶ島全土へ届けられる。

お…!!お玉でやんす!!

驚く麦わらの一味や、侍達の顔、「ご主人様」と喜ぶギフターズの姿。

さぁ、ここから戦況がひっくり返るぞ!

覇王色の激突!最恐の親子喧嘩スタート!

その頃、父であるカイドウとの一騎打ちに臨んだヤマトは––––。

“麦わら”は死んだぞ…!!光月おでんの息子もな……!! 未熟なガキが錠を外してここを出ていく気か!?

そう問い正すカイドウにヤマトが応じる。

ああ!!僕はルフィと一緒に海へ出る!!!お前の「ワノ国」から叩き出した後にな!!カイドウ!!!

はい、これは完全にヤマトさん仲間フラグ立ちました…!

しかしカイドウいわく、「どこでもいいわけではない」らしい。

彼はここが「ワノ国」だからこそ居座っていると告げる。

一体どういうことだ…?ワノ国には、何かがあるのか?

ルフィこそが光月おでんが待ってた男!!!彼がここに戻って来るまで!!! 僕はお前を食い止める!!!

二人の攻撃がぶつかり、覇王色の覇気が放出される光景で1016話は終了。

ワンピース1016話考察【飛徹はカイドウ・オロチと顔見知り…?】

1016話で久しぶりに登場した飛徹だったが、彼の後ろ姿にぜひ注目してほしい。

トレードマークとも言える大きな翼が見当たらない…(あれ着脱可能だったのね)

相変わらずお面は着けたままだが。

また、以前ルフィにこんなことを言っていたことを思い出した。

わしはワケあって町には行けぬ

「町」がどこを指しているか分からないが、花の都には来ていた。

考えられることは、「オロチ・カイドウ」が不在だったから?

見つかると何かまずいのか?

色々と調べていると一つの仮説に思い至った。

それが、天狗山飛徹=光月スキヤキ(おでんの父親)説。

そう考えた理由は

  • アニメ声優が同じであること
  • どちらも「こけし」好きであること

この共通点があることだ。

しかしスキヤキはオロチによって殺されたと思っていたが実際はどうなのだろう…。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

1014話 1015話 1016話 1017話 1018話

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。