ワンピース ネタバレ1018話感想【フーズ・フーが明かす「太陽の神ニカ」とは一体?】

前話1017話では、ついにお玉がギフターズ達へ号令をかけ、大規模な裏切りが発生した。

これにより城内は大混乱!狙い通りの展開となった。

また、最後のシーンでは「ゴムゴムの実」の重要性についても語られ、ワンピースファン達を騒然とさせた。

フーズ・フーVSジンベエの戦いも激しさを増す中、もう少しゴムゴムの実について語られる可能性は高い。

『ワンピース』1018話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

みんなお玉が大好き!ギフターズ達の忠誠心

城内では、相変わらず大混乱が続いていた。

混乱する城内では、お玉のきびだんごを食べたギフターズたちが暴れまわる。

ウオオオ~~~!!!

雄叫びを上げながら快進撃を続けるギフターズ!

侍軍に寝返った「真打ち」及び”ギフターズ”約300名!!! ライブフロアのステージに上がった 少女の号令により!!何らかの影響が出たものと思われます!!

すでに、この事態がお玉のせいだと判明しているため標的にされるお玉。

妙な術を使いやがって あいつを殺せば術が解けるのか!?

ピンチかと思われたその時、お玉を救うためギフターズが駆けつける。

“スコーピオン・デス・ニードル”!!!

現れたのは真打ちダイフゴー。

次々にカイドウの部下たちを倒していく。

あ!!ダイフゴー君!!

そう言って喜ぶお玉の言葉に、親指を立て応えるダイフゴー。

さらに、馬のSMILEスピードも現れ、お玉とナミを乗せて走り始めた。

(ちなみにウソップは乗せてもらえていないw)

スピードに乗り、移動するお玉とナミに話しかけてくるガゼルマン。

ご主人様~~~!!さっき向こうで 狛ちよが倒れてた!!心配でしょ!?おれらに任せてくれ!!

ナミの相棒ゼウスはめちゃくちゃ強い

改めて、ナミは「ほんとにすごい能力…!!」とお玉の能力に驚いている様子。

そんなナミの言葉を聞いていたゼウスが、声を出す。

ねーナミ おいら昔みたいにしもべにしてくれるーーー?

しかし、「ダメよ」とナミは断るが…

“相棒”なんてどお?

ゼウスにウインクするナミ。

そんなナミの姿にメロメロのゼウスはテンションが上がったのか、立ち塞がる敵達をなぎ倒していく。

その様子を見たウソップは少し呆れながらも感心している。

お前も たいがいすげェ力手に入れたな……

新事実発覚!フーズ・フーからゴムゴムの実を奪ったのはシャンクス

その頃、戦況を冷静に分析するCP-0の面々。

つまり元々3万いて現在2万の百獣海賊団は千人の裏切り者と千人の負傷者により 更に戦力を減らしました…!!

その数「カイドウ側1万6000に対し、ルフィ側は9000!」

戦力差はかなり縮まった、これは本当に分からないぞ…!

また、CP-0の興味は勝敗だけではなく、元CP-9の一員であるフーズ・フーがどうなるのかにも向いているようだ。

どっちが勝とうと構わんがあいつの死は見届けねばな………

その頃,、当の本人はジンベエと激しい戦闘を繰り広げていた。

“月歩(ゲッポウ)”!!

ジンベエの頭上へ、フーズ・フーが駆け上がる。

“牙銃(ガガン)”!!!

フーズ・フーによると、どうやら恨んでいるのはルフィ本人ではなく、自分達から「ゴムゴムの実」を奪ったシャンクス。

しかし当時シャンクスが被っていた「麦わら帽子」も「ゴムゴムの実」もルフィが継承しており、怒りの矛先がルフィへ向いたようだ。

なるほどね、逆恨みか…。

新しい謎浮上!太陽の神ニカとは一体

フーズ・フーの牙銃を素早い動きで躱すジンベエ。

牙銃は並みの武装色であれば意味をなさないほど強力らしい。

地上でも速く動けるんだなァ ジンベエ!!魚人なのによ

ジンベエは、「今更魚人差別など流行らない」と言い、挑発には応じない。

”魚人柔術”引き潮一本背負い!!!

フーズ・フーの牙を掴み、投げ飛ばし、更に「撃水(うちみず)」での攻撃を重ねるジンベエだったが、剃(ソル)を使いこれを躱すフーズ・フー。

ここでフーズ・フーがジンベエに話しかける。

おれが牢獄に捕まってた時…聞いた話だ…おれはヒドイ罰を受けながら……それに祈れと笑われた!!

「太陽の神 ニカ」!!!実在したのか妄想か…人を笑わせ苦悩から解放してくれる戦士

また新たなキーワードが出てきやがった。

「太陽の神」か…今後の伏線になっていくのだろうか。

ジンベエ怒りの奥義炸裂!

ジンベエは、なぜ「ニカ」のことを自分に聞くのかと質問する。

お前が率いた「タイヨウの海賊団」には元奴隷がいたと聞く!!魚人の歴史は奴隷の歴史だろ!!?

そう言って、”指銃”を連続で繰り出し、次々とジンベエの体に突き刺していくフーズ・フー。

その様子に周囲の部下達も盛り上がる。

しかしジンベエはあまりダメージを受けておらず、攻撃を真正面から耐えているといった感じ。

一方のフーズ・フーは攻撃を放ちながら、ジンベエを問い詰める。

おれにその”ニカ”の話をした看守は………後日消された………!!!おれも危ねェと思い!!命懸けで脱獄を計り今に至る!!知るだけでマズイのか!?

怒涛の連続攻撃を放つフーズ・フーだったが、その時…彼の指銃を放っていた指が突然へし折れる。

ジンベエはその隙を逃さず、「粗鮫(ソシャーク)」という技を繰り出すがフーズ・フーもすぐさま反撃に転じる。

互いに攻撃を放つが軍配はジンベエにあがった。

“魚人空手奥義”……!! “鬼瓦正拳”!!!

おんどれ 歴史に口を挟むなら…!!ハンパな覚悟で踏み込んで来るな!!

強烈な正拳突きが直撃し、悲鳴をあげるフーズ・フー。

これで決着となるかどうかは分からないが、大きなダメージを与えたことは間違いない!

陸上でも、ジンベエ強し!

ワンピース1018話考察【ゴムゴムの実はなぜ政府が護送していた?】

ワンピース第一話から登場し、ルフィの強さの源として描かれてきた「ゴムゴムの実」。

前話1017話で、その重要性が明らかになった。

元々、ゴムゴムの実は、シャンクス達が「敵船」から奪ったとされていたが、この敵船=世界政府の船であったことも判明。

もしかすると、シャンクス達が1年以上「東の海フーシャ村」を拠点にしていたのも、このためだったのかもしれない。

しかし解せないのは、ゴムゴムの実にそんな価値が果たしてあるのだろうか?という点だ。

世界政府がCP-9を護衛につけて運ぶだけの価値があるとは現時点では思えない。

そこで、僕が考えたのは2つのパターン。

  1. 前任者が特別である可能性
  2. オペオペの実同様、命を投げ出すことで可能な「最上の業」がある可能性

それぞれ解説する。

①前任者が特別である可能性

悪魔の実が、能力者の死後どこかで実ることを考えれば当然ゴムゴムの実にも前任者が存在する。

もしかしたら、その能力者が超有名人とかなのかもしれないと思った。

例えば、ロジャーやジョイボーイなどが前任者であった場合、政府もどうにかして手に入れようとするのではないだろうか。

②オペオペの実同様、命を投げ出すことで可能な最終奥義がある可能性

ドフラミンゴとの戦いで、ローの口から明らかになった「最上の業」の存在。

オペオペの実の場合は「不老手術」だったがゴムゴムの実にも同じような業が存在するのかもしれない。

これからルフィがゴムゴムの実のポテンシャルをさらに発揮してくれることが楽しみだ!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

1016話 1017話 1018話 1019話 1020話

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。