ワンピース ネタバレ1019話感想【フランキーVSササキ決着!ヤマトはゾオン系能力者確定】

前話1018話では、見事「飛び六胞」の1人フーズ・フーを撃破したジンベエ。

フーズ・フーはゴムゴムの実の秘密を知っているだけでなく、太陽の神「ニカ」という新たな伏線まで残してくれた。

ワンピース考察界は激震しているわけだが、すぐ明らかになることは恐らくないだろう。

物語の終盤にここまで張り巡らされた伏線が糸を解くように次々と明らかになっていく展開を期待したい!

さあ、他の戦闘はどういう状況なのだろう。

『ワンピース』1019話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

ついにゾロに対して薬が投与される

城内ライブフロアでは、クイーンとサンジが激しい戦闘を繰り広げている。

サンジへ向けて、手のひらから何発もレーザー光線を放つクイーン。

その姿はまるで黄猿やパシフィスタのようだ。

しかしサンジはまだまだ余裕といった感じ。

レーザーを何発も撃つ技術……!!フランキーが欲しがりそうだ!!

サンジとクイーンは、未だお互いに手の内を見せていないような印象だ。

その頃、ゾロはミヤギの治療の真っ最中。

ミヤギはゾロの包帯が分厚すぎて、うまく注射針が刺せない様子。

取って打てよ!!

というゾロのツッコミに、ミヤギは

確かに!!…まあいっちゃいましょう

と言いながら注射を断行!まさかの適当か!(笑)

絶対自分の主治医だったら嫌だな…。

ルフィ復活!最初のセリフはもちろんあの言葉!

一方、カイドウに海に落とされた後に、ローの仲間たちによって助けられていたルフィはというと、ローの海賊船「ポーラータング号」で処置を受けていた。

生き返れー!!!生き返れ麦わらー!!!

そう言いながら応急処置を繰り返すが、どうやら手探りで行っているようで、水を吐かせた後の治療方法が分からないらしい。

なんか薬飲ますか!? いや注射だろ!!

バタバタと慌てふためいていた時、「ゲホ」とルフィが意識を取り戻した!

もちろん、その第一声は…。

肉ーーーーーーーー!!!

騒然の船内!そしてここでルフィ復活!肉くって早く回復してくれルフィ!

フランキーVSササキ!激闘は続く!

ドクロドーム右脳塔では、フランキー将軍とササキがまだ戦闘中。

お玉の能力で寝返った「真打ち」の協力も得て、ササキと一騎打ちになる。

どうやらフランキーもササキも互いの頑丈さにうんざりしている模様。

ハァ…ハァ ホントに頑丈なヤローだな……!!致命傷は何度も与えたハズだぞ!!

そんな文句をフランキーが吐き捨てるが、それはササキも同じ。

頑丈でうっとうしいのはてめェもだ!!

ここでササキは人獣型になり、巨体を構えてフランキーを威嚇する。

手には、「絡繰」“螺旋刀”という、刃の部分がドリル状で高速回転する刀を持っている。

そして、技を繰り出すために螺旋刀を回転させ、同じように自分の首の周り(正式には襟飾りと言うらしい)を回転させるササキ。

ヒュンヒュンヒュン みーん!!!

と、謎の効果音と共に垂直に体を空中へ浮かせていく!

…ちょっと、いや、かなりギャグっぽい(笑)

フランキーもそれを見て、目を見開きながら驚いている。

うおーーーーー!!?恐竜ってそうなのか!!?

しかし、ササキの部下たちはその技を知っているようで、フランキーに逃げるように伝えるが、すでに遅し。

“ヘリケラトプス!!!”

自分の体を中心に高速回転しながら、サイクロンのような体当たりを繰り出す!

ササキは「トリケラトプスはこういう恐竜だ!」と言い張るが、いやいや…絶対違うだろ!(笑)

どこかフザケているように見えてしまうフランキーvsササキ

フザケているように見えるが、非常に強力なササキの攻撃をなんとかフラン剣で凌いだフランキー。

だが、ササキは止まらない。

次は両足を地面につけた状態で襟飾りを回転させ、超スピードで突進を仕掛けてくる。

弾丸(タマ)ケラトプス!!!

フランキーも「将軍の盾(ジェネラルシールド)」で防ごうとするが、あまりの勢いに盾ごと押し込まれてしまう。

マズイ 肩の仕込みランチャーが暴発するぞ!!!

焦るフランキーだったが、その予想通りランチャーが暴発し、ダメージを負ってしまう。

しかし、そのままササキを抱きしめる形で拘束し、そのまま背面から地面へ叩きつける。

“将軍”(ジェネラル)“スープレックス”!!!

2人は真面目に戦っているのだが、フランキーは見た目からしてフザケているし、ササキも戦い方が独特でギャグっぽいので、どこかシュールさを感じてしまう…。

ドレスローザの時のセニョール戦といい、フランキーの戦いはいつもこうだな(笑)

死闘決着!フランキー最後の大技!

2人の戦いは剣を使っての攻防となるが、そうなるとフランキーは分が悪い。

チキショー!!剣はそんなに得意じゃ……!!

言いながらなんとかササキの攻撃を受けていたフランキーだったのだが、威力が強すぎてフラン剣が砕けてしまう。

ササキから逃亡を図りながら、腕部分にアタッチメントを装着し、「将軍砲(ジェネラルキャノン)」の発射準備をするフランキー。

いつの間にか、2人はライブフロアの目の前まで来ており、このままではササキをライブフロアに入れてしまうことになる。

それだけは避けたいフランキーが必殺の攻撃を繰り出す!

“将軍砲”!!!(ジェネラルキャノン)

フランキー最強の攻撃が直撃し血を吐くササキ!

これは決まった!…と思った矢先、ササキが意識を取り戻しフランキーを睨みつける。

これには驚いた様子のフランキー。

恐怖の象徴“百獣海賊団”「飛び六胞」……!!ナメんな

決死のササキが、自爆覚悟の攻撃を仕掛けてくる。

“マグ”!!“ナムケラトプス”!!!

その威力は凄まじく、無敵のフランキー将軍の装甲がバキバキと音を立てながら壊れていく!

フランキー敗北に見えたその時、フランキー将軍のお腹の中からフランキーが現れる。

“フランキーラディカルビ〜ム”!!!

フランキーの本命はこっちだったのか!

強力なレーザービームが炸裂し、フランキーVSササキついに決着!

ヤマトは能力者確定!その姿は…

その頃、ドクロドーム屋上の親子喧嘩はというと…。

「ゴロゴロ」「バリバリ」「ガキンゴキン」そんな音を立てながら互いに金棒を振り回すカイドウとヤマト。

戦いながら言葉を交わしている2人だったが、ここでカイドウが気になる発言をする。

苦労して手に入れた その“悪魔の実”もお前に食わせる気はなかった…!!!

やはりヤマトは能力者!

となると気になるのは、彼女が食べた実の「種類」だ。

それに対しヤマトは

お腹がすいてたんだ!!ぼくだって驚いた……!!

まさかの何も知らずに食った、ルフィと同じパターンだった(笑)

そして最後の見開きでは、カイドウと向かい合うヤマトの人獣型の全身が描かれる!

この国の為に戦わずして………!!ぼくは“おでん”を名乗れない!!!

ヤマトの悪魔の実を考察!幻獣種「アマテラス」?

今週のラストシーンで描かれた、ヤマトの人獣型の姿。

キツネのような顔付きで、体は細くしなやかな印象、身体の周りには炎のようなものを纏っていたのが気になった。

恐らくだが、ヤマトの悪魔の実は「幻獣種」ではないだろうか。

カイドウも手に入れるのに苦労したようなことを言っていたから相当貴重な物らしい。

まず予想したのが、幻獣種「九尾」だったのだが、この能力は黒ひげ海賊団のカタリーナ・デボンがすでに食べている。

となると、一体なんだろう…。

気になったので、色々と調べてみた。

すると、あ!これはもしかして…と思う生物がいた。

それが、「アマテラス」

アマテラスは神話に登場する人間なのだが、とあるゲームでは「犬」として描かれている。

そして、そのゲーム内でのアマテラスの立ち位置がこの考察の証拠となる。

オロチを封じる戦いで傷付いて実体を失ったが、村の守護神である大神像の姿を借りて復活

これ、どことなくヤマトの境遇に似てないか?

オロチとカイドウを倒すため機を待ち続け、自身はおでんの姿を借りて戦う。

見た目もどこか犬とキツネの間のような感じだし、当たっていたら嬉しいな!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

1017話 1018話 1019話 1020話 1021話

3 Comments

椎名

♪さま

コメントありがとうございます!記事を執筆させていただいた椎名と申します。私の記事を楽しみに待っていただいていたこと、本当に嬉しいです…!
ただ、お問合せいただいたワンピースネタバレ記事は現在連載を停止している状況となります。
ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

返信する
椎名

♪さま

コメントありがとうございます!記事を執筆させていただいた椎名と申します。私の記事を楽しみに待っていただいていたこと、本当に嬉しいです…!
ただ、お問合せいただいたワンピースネタバレ記事は現在連載を停止している状況となります。
ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

返信する

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。