「読書会をもっと身近に」
クラウドファンディング実施中!

【Book Ground Musicとは?】世界初、本と音楽が出会うマッチングサイト

Book Ground Musicとは?

Book Ground Musicとは、本の主題歌を投稿したり、それを試聴することができる「本と音楽の出会いをつくる」Webサービスです。

AmazonやiTunesのデータベースと連携することにより、5000万曲に渡る音楽と本が出会う、世界初の体験を実現させています。

詳しい使い方は、こちらの記事をご覧ください。

世界初、本と音楽が出会うマッチングサイトBook Ground Musicの使い方

Book Ground Musicが提供できること

私たちがこのBook Ground Musicで提供できることは、大きく分けて三つです。

  • 好きな音楽から読みたい本を探せる!
  • 読んだ本に合う音楽を探して、投稿できる!
  • 普段聴かない新しい音楽を見つけ出すことができる!

私たちは、あなたの「新たな本と音楽との出会い」をサポートします。

Book Ground Musicに投稿された楽曲は、再生可能です。

起こったら嬉しいこと

Book Ground Musicがきっかけでこのようなことが起きれば、運営一同、これほど嬉しいことはありません!

  • 今まで本を読んだことがなかったけれど、好きなアーティストの主題歌の投稿を見つけたから、読んでみよう!
  • この本にはこの音楽が合うな。みんなにも紹介しよう!
  • このジャンルの音楽は聴いたことがなかったけれど、気になる投稿があったから、本を読むついでに一曲聴いてみよう!

ReaJoyとの関連性

姉妹サイトのReaJoyでは、Book Ground Musicで選曲した音楽と、小説の書評をご紹介しています。

本と音楽が出会うという、かつてない新感覚の体験を味わうことができます。

気になる書店についてのインタビュー記事や、季節に合わせた特集記事などもありますので、気に入った特集があればぜひチェックしてみてください。

中には特定の作家さんにフォーカスを当てた、おすすめ小説ランキングなんてものもありますよ!

現在40名以上の個性豊かなライターが、あなたの出会いをサポートします。

ぜひ、あなただけのお気に入りの音楽と、本の組み合わせを見つけてください。

書評

Book Ground Musicユーザーの声

Book Ground Musicの利用者様の声を、一部ご紹介します。

かつや

通常の感想の形とが違う形で表現された『感想』と出会える、という点が魅力的です。通常の感想を述べる形とは違う、二つのジャンルをかけあわせたがおかげで見えたものという、新しい形での感想表現が生みだされている印象を受けます。
自分では思いもよらない楽曲と組み合わせている方もいれば、「わかる!」と思わず唸る組み合わせをあげている方もいて、そういう意味でも『新しい感想』との出会いがある素晴らしい場所です!

misaki

本も音楽も好きなので、とても面白いです!
読んだことのある本から、知らなかった音楽に出会える。
逆に、好きな音楽から、読んでみたい本を見つけることもできる。
また、自分の好きな本と音楽の組み合わせを登録する楽しさもあり、
やってみるとけっこうハマりますスマホでも気楽に操作できますし。
本が好きな人も、音楽が好きな人も、両方好きな人も楽しめるサイトだと思います♪

だーいし

本と音楽を結びつけることは、アンダーグラウンドな遊びだと思っていた。友達に本を読む人はあまり居なかったし、バンドサウンドが好きな人たちは活字を読まない人が多かったから。
ライブハウス、フェスの後方。ひとり盛り上がっていたら人が集まってきて、2人、3人と数が増えていき、やがて大きな円になっていく。
孤独を感じる夜は、似たような誰かがいることに安心する。このサイトには、そんな温もりがあります。

とけい

本選びに迷った時に好きな音楽のイメージから本を検索できるので選書方法の幅が広がりました。
個人的にお気に入りの使い方ですが、私は読後にBook Ground Musicで検索したその作品に合った曲を聴いています。映画のエンドロールで音楽と一緒に作品の余韻を楽しむように、素敵な本の味わいをさらに深めてくれてお気に入りの使い方です。

まとめ

Book Ground Musicは、みなさんに音楽と、本の組み合わせによる化学反応を起こす手助けをするサイトです。

みなさんの音楽と本の寄贈によって、これからどんどん成長してゆけたら嬉しいです。

気に入っていただけましたら、ぜひお友達やご家族の方にもおすすめしてみてください。

私たちは、これからもみなさんに「新しい出会い」を提供します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です