進撃の巨人 ネタバレ最新話129話感想【瀕死のライナー、覚悟を決めたファルコ】

進撃の巨人 ネタバレ最新話129話感想【瀕死のライナー、覚悟を決めたファルコ】

前話128話では、「フロック率いるイェーガー派」vs「ミカサやアルミン&ライナーやアニ&イェレナの共同戦線」の戦いがいよいよ開幕した!

エレンを説得するために飛行艇を手に入れようとするミカサたちだが、そこにはすでにその動きを予見したイェーガー派が立ちはだかっていた…。

激しい争いの中でアニとライナーが巨人化し共闘するという、数年ぶりの貴重なシーンも描かれた!

そして頭を銃弾で撃ち抜かれたアルミン!

巨人の再生力を持っているとはいえ、果たして無事にすむのだろうか?

様々な陣営が入り乱れた乱闘戦がいよいよ始まる!

進撃の巨人 最新話129話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

127話 128話 129話 130話 131話
「進撃の巨人が好き!」という方に朗報です。
今なら電子書籍サービス「U-NEXT」で『進撃の巨人』最新31巻を無料で読むことができます。

単行本は通常460円ですが、U-NEXTなら無料トライアル登録時にでもらえる600ポイントで、1冊無料で読むことができます!

しかも、今すぐ自宅で。

電子書籍で漫画を読んだことがない方も、試しに使ってみて損することはないと思うので、この機会にぜひチェックしてみてください!

無料キャンペーンは今月までかもしれません。

進撃の巨人を無料で♪

U-NEXTで今すぐ読む

またU-NEXTなら、最新巻が読めるだけでなく『進撃の巨人』のアニメも見放題!

こちらも無料トライアル期間に1〜59話(Season 3)まで観ることができるので、「進撃の巨人のアニメをもう1度観返したい!」という方はぜひストリーミングでお楽しみください!

進撃の巨人を無料で♪

U-NEXTで今すぐ観る

↑1話〜59話までイッキに観返そう!↑

『進撃の巨人』最新話129話の感想・あらすじ(ネタバレ)

皆を守るライナー&アニ

穏便に話し合いで飛行艇を手に入れようとしたアルミンの企みが感づかれ、「イェーガー派」との戦闘が始まってしまった!

10人程度しかいないアルミンたちは、次々と湧いてくる武装した敵を前に劣勢に立たされてしまう。

そこで皆を守るべく立ち上がったライナーとアニ。

2人の持つ「鎧の巨人」と「女型の巨人」の力は凄まじく、立体機動装置で武装した敵を次々と撃退していく!

やはり鎧と女型が共闘している戦闘シーンは圧巻である。

進撃の巨人の見どころが凝縮されたようで、読んでいて気持ちが高ぶってくる!

圧倒的な「地ならし」の速度!ライナーたちの故郷は絶望的か…?

飛行艇の準備には丸1日かかることが判明し、絶望するハンジとジャン。

ここでハンジの口から恐ろしい予測が語られる。

(数千万体の巨人が)すべての大陸を踏み潰すまでには4日…かかるだろう

最善の手でエレンを止められたとしてもレベリオ(※ライナーたちの故郷)はすでに間に合わない

な、なんということだ。

あんなにも必死で戦ってきたのに、ライナーたちの故郷を守ることが絶望的だなんて…。

しかし、そんな絶望的状況に落ち込むようなヤワな彼らではない!

なんとしてもエレンを止めるために、彼らは目の前の敵に対抗を続ける。

瀕死の危機に陥るライナーと焦るファルコ

巨人の力で戦いを有利に進めていたライナーだったが、避難するアズマビトを守るため、徐々に劣勢に陥っていく。

最強の爆撃機である「雷槍」が雨のようにライナーに降りかかる!

度重なる爆撃にも鎧の巨人の丈夫さを活かしてなんとか耐えるライナーだったが、ついにその標的がアニに移り代わった。

鎧に覆われていないアニが爆撃を受ければ、即死しかねない重大なピンチだ!

しかし、雷槍がアニに直撃するその瞬間、ライナーがアニの身代わりとなり、雷槍がライナーの顔面に集中砲火される。

最高の堅さを誇る鎧の巨人といえど耐えられる威力ではなく、ライナー絶体絶命の大ピンチ!

ライナーは本当にいつも攻撃を受けてばっかりである。

これまでの登場人物の中で最も苦労人であることは間違いなさそうだ…。

 

ここでシーンが切り替わり、ズタボロのライナーを目撃するファルコ。

継承したばかりの顎(アギト)の巨人に変身しようとするファルコだが、

はじめての巨人化はうまくいかない

と止められてしまう。

しかし、憧れていたライナーが瀕死になっていくのを黙って見ておれず、ファルコは戦場に駆け出してしまう。

果たしてファルコはどうなるのか?

ライナーは無事に助かるのか?

ファルコ初の巨人化と暴走

いよいよ大ピンチになったライナーとアニを助けるために、ついにファルコがはじめての巨人化を実行した。

顎の巨人へと変身したファルコは敵を猛スピードで叩き落としていく。

ファルコ大活躍だが、少し見た目がオジサン臭い!笑

年齢は一番年下のはずなのに。

巨人化したファルコの活躍で戦況が大きく好転し、敵を大方追い払ったその時、

突如味方のピーク(※車力の巨人)を攻撃し始めるファルコ!

周囲の抑え込みで、無事に事なきを得たが一触即発の危険な事態であった。

やはり巨人への変身は、巨大な力を得ると同時に大きなリスクをも伴うことを実感させられた瞬間だ。

仲間を逃がすための犠牲

満身創痍になりながらも飛行艇とそれを運ぶ船を手に入れた一行たち。

すぐにでも船を出そうとしたその時に、マガト元帥が言葉を発した。

すぐに船を出せ。俺がしんがりを務める(※仲間を逃がすために一人戦場に残ること)

カッコ良すぎるよアンタ…。

今までは軍の上層部にいる性格の悪いヤツくらいに思ってたけど、ここに来て好感度マックスだよアンタ。

最高にかっこいいオヤジだ。

そしてマガト元帥が一人残って戦うのかと思いきや、そこに加勢するナイスガイがもう1人登場した。

なんとエレンたちを初期から育てていたシャーディス教官である!

なんとも痺れる展開だ。

マガトとシャーディスはもちろん面識もないし、名前も顔も知らない同士だが、「仲間を守る」という目的のためにその場で共闘することに…。

そして最後には敵の追手がかからぬように、敵の船を自分もろとも大爆破してしまう。

なんという壮絶な展開なのか!

これまで若者たちと対立していた頭の固いベテランが、最後には若者の命を繋ぐために自身の命を捨てる。

巨人同士の派手なバトルや立体機動装置のアクションなども『進撃の巨人』の大きな魅力だが、今まで登場してきたキャラクターたちが絡み合って生まれる人間ドラマも『進撃の巨人』を語る上で欠かせないものの1つだ。

 

次の130話まで続きはお預けだ!

ミカサたち一行は無事に出港できるのか?

飛行艇は無事に飛べるのか?

エレンを説得して地ならしを止められるのか?

今月号の『別冊少年マガジン』を買っていない人は、ぜひ買って欲しい!

『進撃の巨人』の1コマ1コマに見どころが盛り沢山だ!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

127話 128話 129話 130話 131話