進撃の巨人 ネタバレ最新話130話感想【ついに上陸した数千万の巨人とエレンの恐ろしい姿】

進撃の巨人 ネタバレ最新話130話感想【ついに上陸した数千万の巨人とエレンの恐ろしい姿】

前話129話では、「フロック率いるイェーガー派」vs「ミカサやアルミン&ライナーやアニ&イェレナの共同戦線」の戦いが終結した!

ライナーとアニは巨人の力を駆使して、皆を守るために激しい戦闘を繰り広げた。

しかし、圧倒的な敵の数に徐々にピンチに陥る二人!

そこで助けに入ったのは顎の巨人を受け継いだファルコだった!

命からがらなんとか飛行艇を手に入れ、目的地に向かった一行だが、果たしてこ先に何が待ち受けているのか?

『進撃の巨人』最新話130話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

128話 129話 130話 131話 132話
「進撃の巨人が好き!」という方に朗報です。
今なら電子書籍サービス「U-NEXT」で『進撃の巨人』最新31巻を無料で読むことができます。

単行本は通常460円ですが、U-NEXTなら無料トライアル登録時にもらえる600ポイントで、1冊無料で読むことができます!

しかも、今すぐ自宅で。

電子書籍で漫画を読んだことがない方も、試しに使ってみて損することはないと思うので、この機会にぜひチェックしてみてください!

無料キャンペーンは今月までかもしれません。

進撃の巨人を無料で♪

U-NEXTで今すぐ読む

またU-NEXTなら、最新巻が読めるだけでなく『進撃の巨人』のアニメも見放題!

こちらも無料トライアル期間に1〜59話(Season 3)まで観ることができるので、「進撃の巨人のアニメをもう1度観返したい!」という方はぜひストリーミングでお楽しみください!

進撃の巨人を無料で♪

U-NEXTで今すぐ観る

↑1話〜59話までイッキに観返そう!↑

『進撃の巨人』最新話130話の感想・あらすじ(ネタバレ)

絶望するアニ

なんとか飛行艇を手に入れ、島から脱出しオディハへと向かう一行。

アニやライナーが死ぬ寸前まで必死に戦った理由は、故郷であるレベリオを守ることにあった。

しかし、ここでハンジから絶望敵な事実が告げられる!

君達の故郷…レベリオを救う道は…どこにも無かった

あれほど必死に戦ったにも関わらず、なんという悲劇だろうか。

特にアニは長い眠りから覚醒した直後なだけにショックが大きいのかもしれない。

ここで心が折れてしまい、作戦から降りようとするアニに、ハンジは必死で説得する。

マガトは命を賭して私達を先へ進めた。それはレベリオやマーレのためじゃない。

名も知らぬ人々を一人でも多く救えと、私達に託すためだ

前話で、皆を守るために自爆することを選んだマガトの思いをアニに伝える。

しかし、それでもなお、アニの折れた心は動かない。

もう殺したくない

あんたと…殺し合いたくない

あんた達とも…エレンとも…

絶望的な状況でアニが心の内を素直に吐き出している。

これまでアニといえば、無口でクールで冷徹な現実主義者のイメージが強かった。

そのアニが本心を皆に打ち明けるのは、心にぐっとくるものがある…

本当にレベリオを救うことはできないのだろうか?

地ならしを決行したエレンの「たった一つの目的」とは?

ここで場面が変わり、エレンの回想シーンへと移る。

全世界の人間を虐殺することを決意したエレンの目的は一体何なのか?

それがこの回想でやっと明かされた!

オレが死んだ後もずっとあいつらの人生は続く…

続いてほしい

ずっと…幸せに生きていけるように

エレンはただひたすらに、一緒に育ってきた仲間たちを守ることだけを考えて動いていたのだった。

安心した…敵への憎しみだけで地ならしを決行したわけじゃないんだ。

初めて人を殺したときも、ミカサを守るためだったし、やっぱりエレンは子供のときから変わってない!

一方で、その純粋な願いを叶えるために選んだ凶悪な手段が「地ならし」だったのである。

回想でヒストリアに止められていたエレンだが、それでも決意は揺らがなかった。

憎しみによる報復の連鎖を完全に終結させる唯一の方法は

憎しみの歴史を文明ごと、この世から葬り去ることだ

エレンの思いは、この発言に全て込められているように感じる。

かなりシリアスなシーンだが、ミカサたちがエレンを止めるためには、この考えを変えてもらう他にない!

果たして、一度進み始めたエレンを説得することができるのだろうか。

ミカサについた嘘とその理由

回想シーンの中では、エレンとジークの会話からこんな事実も判明した。

アッカーマン一族に特有の症例(頭痛)があるなんて…巨人学会やクサヴァーさんから聞いたことないな

宿主を守る習性?…そんなもの無いと思うぞ?

…そうだったのか!?

以前、エレンはミカサにこんなひどい発言をして泣かせていたのである。

お前が俺を守るのは、ただのアッカーマン一族の習性だ

その習性に、頭の中の理性が違和感を覚えることで頭痛が起きる

これは全部エレンの嘘だったことが判明した!

これも全てミカサを戦いから遠ざけて、守るための嘘だったんだな…

つまり、そのアッカーマンの女の子が…お前に向ける好意の正体を知りたいんだな?

俺が思うに…なぁエレン

その好意には正体も習性もやむにやまれぬ理由もない

ただお前のためなら巨人をひねり殺せるくらい、お前が好きなだけだ

その通りだよ!ジーク!

エレンは鈍感だから気づいてないかもしれないけど、読者は皆ミカサの気持ちの気づいているよ!

最終的には幸せに結ばれてほしい…

世界連合艦隊vs数千万の巨人

ここで場面が現在に戻り、海を渡る数千万体の巨人が描写される。

…いや、そもそも巨人って泳げたのか!?

壁の中から出てきた巨人なので、全長50mほどもある超大型巨人に分類されるはずだが、スイスイ海を泳いている。

どうやって海を渡るのか気になっていたが、巨人の群れが遠泳する絵面は中々衝撃的だ。

一方で、この巨人たちを止めるべく、地球上の全ての国が力を合わせ「世界連合艦隊」を発足した。

水平線の彼方まで大型の戦艦がずらりと並んでいる様子は圧巻だ。

この地球上に存在し得る最も巨大な大砲のほぼすべてが…今ここに集結した

人類の叡智のすべてが同じ目標に狙いを定めている

この奇跡を叶えた艦隊が阻止できないなら、これを止める手段は…もう人類に存在し得ない

…そんなフラグ立てたらダメだ!

絶対阻止できないフラグがたってしまった…

結果、艦隊による一斉射撃も虚しく、艦隊は巨人にボコボコに潰されてしまった。

だから言ったのに…

やはり、人類の技術を結集させようと、数千万の超大型巨人を止めることは不可能だったことが分かった。

エレンを説得するしか、地ならしを止める方法は存在しない。

上陸する巨人たちと、背後で操るエレン

艦隊を潰し、ついに大陸に上陸し始めた巨人たち。

上陸させまいと、陸地から懸命に砲撃で対抗する兵士だが、艦砲射撃が効かない巨人にそんなものが効くはずもない。

すぐに諦め逃げ惑う兵士たちが、巨人たちの背後に「恐ろしくおおきな化け物に変身したエレン」を目撃する。

あれは…ヤツだ…

進撃の巨人だ

並んでいる巨人たちが50m前後だということを考慮すると、高さ数百m、全長数千mにおよぶ巨大な化け物サイズだ。

しかも全身に肉は無く、あばら骨のようなモノだけで構成されている。

…怖いよエレン。

いくらなんでも化け物すぎる。

これが最強の巨人である「始祖の巨人」の本来の姿なのだろうか?

 

いよいよ大陸に到達し、人類を踏み潰し始めた巨人たち。

次の131話まで続きはお預けだ!

果たして地ならしを止めることができるのだろうか?

ミカサたちは無事にエレンの元へ駆けつけられるのか?

ライナーやアニの故郷であるレベリオの命運はいかに?

今月号の別冊少年マガジンを買っていない人は、ぜひ買って欲しい!

『進撃の巨人』の一コマ一コマに見どころが盛り沢山だ!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

128話 129話 130話 131話 132話