進撃の巨人 ネタバレ最新話133話感想【アルミンの言葉でも止められぬエレンの意思】

進撃の巨人 ネタバレ最新話133話感想【アルミンの言葉でも止められぬエレンの意思】

前話132話では、いよいよアルミンたちの目の前まで地ならしが到達した。

飛行艇をなんとか整備し終えた瞬間に、突如出現したフロックによって飛行艇が攻撃され、空に逃げることができなくなってしまったアルミンたち。

なんとか時間を稼ぐために、ハンジがその命を犠牲にし、皆は無事に飛行艇で飛び立つことができた。

次々と命を落としながらも、残ったメンバーに望みを託して進むアルミンたち一行。

果たしてエレンを止めることはできるのだろうか?

『進撃の巨人』最新話133話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

131話 132話 133話 134話 135話
進撃の巨人ファンのあなたへ

9月9日発売の『進撃の巨人』最新刊32巻はもう読みましたか?

見どころは次の3つです!

  • エレンの暴走を食い止めるため、各陣営の共同戦線が始動!
  • 地ならしを決行したエレンの「たった1つの目的」が明かされる!
  • ついに上陸する巨人たち、背後で操るエレン!

集中して漫画を楽しむには単行本がうってつけです。

『進撃の巨人32巻』は通常460円。

でも、「U-NEXT」なら無料トライアル登録時にもらえる600ポイントを使って1冊無料で読むことができます!

「登録が面倒」と思うかもしれませんが、実際に登録にかかった時間はたったの2分でした。

本屋さんに行ったりネットショップで買うよりずっと早く読めますよね?

キャンペーンは今月までの「期間限定」かもしれないので、ぜひこのチャンスを活かして『進撃の巨人32巻』を1冊通して楽しんでください!

進撃の巨人を無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ読む

大人気の『進撃の巨人』のアニメはもう観ましたか?

U-NEXTなら、漫画に加えてなんとアニメも見放題なんです!

トライアル期間中、『進撃の巨人』1〜59話(Season 3)をすべて無料で観ることができます。

見始めたら止まらないぐらい面白いので、ぜひ一度は観てもらいたいです!

他にも18万本以上のアニメ・映画・ドラマが見放題で楽しめるので、お家で充実した時間を過ごしたければ必見。

2分程度の登録で漫画もアニメも無料で楽しめます!

解約はいつでもできるので安心です。

進撃の巨人を無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ観る

『進撃の巨人』最新話133話の感想・あらすじ(ネタバレ)

エレンを食い止める作戦とは?

ハンジの犠牲により、なんとか飛行艇で飛び立つことに成功したアルミンたち一行は、わずかな希望である「南方にある飛行艇基地・スラトア要塞」へと向かう。

飛行艇の中で、エレンを止める作戦を話し合うアルミンたち。

アルミンの超大型巨人の能力を使い、エレンの周辺まとめてすべてを吹き飛ばす方法を検討する中、リヴァイから1つの案が出る。

エレンはジークを介して「始祖の巨人」を支配してんだろ?

先にジークを殺しちまえば「地ならし」は止まるんじゃないか?

当然、どこにいるか分からないジークを探すのは困難を極めるが、それでもリヴァイの想いは変わらない。

ジークは俺が仕留める 力を…貸してくれ

全身ボロボロになってもなお、戦う意思を曲げないリヴァイの精神力はさすがだ。

なにより、「ジークを倒す」という亡きエルヴィン団長との最期の約束が、リヴァイを突き動かす意思の源泉なのだろう。

リヴァイのエルヴィンに対する想いがとても強く伝わってくる。

罪の意識

飛行艇の中という落ち着いた環境で、改めて自分が殺した相手のことを思い出してしまうコニー。

俺は…サムエルとダズを撃ち殺して…知ってる顔をめちゃくちゃに斬り刻んだ…

裏切り者って言われながら…世界を救うためだって言い聞かせて…

なぁ…ライナー お前も…ベルトルトも…アニも…辛かったよな…

世界を救うために必死に努力している今のジャンやコニーたちの行いは、当時のライナーたちと同じ気持ちだったことに気づいてしまったコニー。

コニーの気持ちを知り、ライナーが語りかける。

もう…贖うこともできない罪だ…残りの人類を救ったって…一生自分を許すことはないだろう

そして昨晩ライナーを許すことができず、殴りかかっていたジャンでさえもライナーの気持ちが理解できるようになった。

そうだ 俺達は同じだ…ライナー

お前を責める資格なんて無かったんだ…俺は…人を救うために人殺しになった…

皮肉なことに、これまでいがみ合っていた皆が「罪の意識」というきっかけで分かり合えるようになってしまった。

誰もが自分が正しいと信じる信念にもとづいて行動しているだけであって、絶対的な正義なんてものは存在しない。

それを受けてライナーがエレンのことを思い出す。

レベリオ襲撃の夜に…エレンに同じことを言われた

俺は…エレンの考えてることが少しわかる気がする…エレンは…俺達に止めてほしいんじゃないのか?

ライナーもコニーもジャンも「周りの人を救うために誰かを傷つける」そんな行動をとってきた。

エレンが今行っている残虐な行為も、根底にある気持ちは同じはずだ。

ついにエレンとの対話に成功

ライナーは続けてエレンの今の気持ちを推測する。

あいつだって…辛いはずなんだ…人類虐殺なんてとても…耐えられることじゃない…

俺だったらもう…始祖の力を誰かに任せてしまいたい

それができなければ…終わりにしてほしい…誰かに…

このライナーの言葉の直後、アルミンたちの精神が「座標の空間」に転移させられる。

やっと巡ってきた「エレンとの対話」というチャンス。

すかさずアルミンがエレンに語りかける。

もう充分だ!!きっと…!!これから何百年先誰もパラディ島に手を出さない!!

それほどの恐怖と破壊の限りが尽くされた!!

今なら不可侵条約を結んで終わりにできる!!

これ以上誰も殺さなくていい!!島はもう大丈夫だ!!

僕たちが悪かった!!エレンをここまで追い込んだのは僕らだ…!!

アルミンの言葉はエレンに届いたようで、エレンからの返事が空に響く。

地ならしは止まらない パラディ島の未来を運に任せて放棄することもない

オレは進み続ける

オレは自由を手に入れるため 世界から自由を奪う

だが お前らからは何も奪わない お前達は自由だ

お前らが世界の自由を守るのも自由

オレが進み続けるのも自由

互いに曲げられぬ信念がある限り オレ達は衝突する

オレ達がやることはただ一つ 戦え

エレンの言葉を最後に、アルミンたちは「座標の空間」から現実世界に引き戻される。

エレンの曲がらぬ意思を聞き、交渉の望みが潰えたアルミンたちは、絶望にくれてしまう。

やはりライナーの推測はあたってしまったようで、エレンは自分自身で「地ならし」を止めるつもりはないようだ。

奇跡的に助かっていたレベリオの家族達

ここで場面はスラトア要塞に移る。

スラトア要塞には飛行船を開発する基地があるらしく、「地ならし」から逃げる唯一の希望の場所になっている。

そのスラトア要塞に鉄道で向かう人々が描かれる。

なんとその鉄道の中には、すでに絶命したと思われていたレベリオの人々がいた。

アニの父やライナーの家族など、レベリオに残存していた仲間たちはレベリオから無事に逃げ延びていたのだ。

このままスラトア要塞にたどり着き、あるかどうかも分からない飛行艇に乗り込むという、わずかな希望にかけて鉄道を走らせる一行。

そんな中、鉄道の車窓から飛行艇が大量に飛び立つのを目撃してしまう。

そんな…!?飛行船が!!飛び立つぞ…

急げ…!!一機でも残っていればいい!!

そんな絶望的な状況の中、追い打ちをかけるように、彼らは衝撃的な現実を目の当たりにする。

オイ…何だ…?あの煙…

「地ならし」だ…ついに…追いつかれた…

ここまで逃げ延びてきたが、ついに巨人に追いつかれてしまった。

そして飛びたった大量の飛行船は、巨人の群れに向かって進軍していく。

助かるかもしれねぇ…爆破だよ!!

巨人の手が届かねぇ空から吹っ飛ばすんだ!!

ついに最終手段である航空兵器が登場した。

巨人は「大地の悪魔」であり、空からの攻撃だけは巨人の最大の弱点とされている。

果たして近代科学兵器は巨人の群れを止めることができるのだろうか。

 

いよいよ、終わりに向けた総力戦が始まった。

次の134話まで続きはお預けだ!

エレンを説得する道は本当に潰えてしまったのか?

飛行船からの爆撃に巨人とエレンはどう対応するのか?

今月号の別冊少年マガジンを買っていない人は、ぜひ買って読もう!

『進撃の巨人』の1コマ1コマに見どころが盛り沢山だ!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

131話 132話 133話 134話 135話