進撃の巨人 ネタバレ最新話134話感想【空からの爆撃すら効かないエレン、ついにアルミンたちと会敵!】

進撃の巨人 ネタバレ最新話134話感想【空からの爆撃すら効かないエレン、ついにアルミンたちと会敵!】

前話133話では、座標の空間を経由してエレンと対話することに成功した。

アルミンたちが必死に説得を試みるも、エレンの固い意志は決して曲がることはない。

残された手段は、互いに殺し合う道しか残されていないのだろうか…?

そしてエレンの上空には、人類の最後の希望である飛行船の群れが忍び寄る。

上空からの大量の爆撃でエレンと大量の巨人たちを必死に滅ぼそうとする人類。

人類の最後の抵抗は、果たしてエレンを止めることができるのだろうか?

『進撃の巨人』最新話134話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

132話 133話 134話 135話 136話
進撃の巨人ファンのあなたへ

9月9日発売の『進撃の巨人』最新刊32巻はもう読みましたか?

見どころは次の3つです!

  • エレンの暴走を食い止めるため、各陣営の共同戦線が始動!
  • 地ならしを決行したエレンの「たった1つの目的」が明かされる!
  • ついに上陸する巨人たち、背後で操るエレン!

集中して漫画を楽しむには単行本がうってつけです。

『進撃の巨人32巻』は通常460円。

でも、「U-NEXT」なら無料トライアル登録時にもらえる600ポイントを使って1冊無料で読むことができます!

「登録が面倒」と思うかもしれませんが、実際に登録にかかった時間はたったの2分でした。

本屋さんに行ったりネットショップで買うよりずっと早く読めますよね?

キャンペーンは今月までの「期間限定」かもしれないので、ぜひこのチャンスを活かして『進撃の巨人32巻』を1冊通して楽しんでください!

進撃の巨人を無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ読む

大人気の『進撃の巨人』のアニメはもう観ましたか?

U-NEXTなら、漫画に加えてなんとアニメも見放題なんです!

トライアル期間中、『進撃の巨人』1〜59話(Season 3)をすべて無料で観ることができます。

見始めたら止まらないぐらい面白いので、ぜひ一度は観てもらいたいです!

他にも18万本以上のアニメ・映画・ドラマが見放題で楽しめるので、お家で充実した時間を過ごしたければ必見。

2分程度の登録で漫画もアニメも無料で楽しめます!

解約はいつでもできるので安心です。

進撃の巨人を無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ観る

『進撃の巨人』最新話134話の感想・あらすじ(ネタバレ)

あらゆる人種に平等に降り注ぐ死

世界中のあらゆる場所に地ならしの脅威が迫りくる様子が描かれる。

白色人種、黒色人種、黄色人種(おそらくヒィズル国)の区別なく、平等にエレンの殺意がばらまかれる。

逃げ惑おうとも、祈りを捧げようとも、大量の巨人たちは止まることなく人々を踏み潰していく。

為す術もなく絶望して死んでいく様子がセリフなしで丁寧に描写される。

これまで世界で行われてきた人種間の差別をあざ笑うかのように、平等に差別なく全ての人類を虐殺していくエレン。

改めて、止まることないエレンの決意が描かれている。

悔い改める人類

場面は変わり、最後の希望である飛行船があるとされる要塞に、アニの父親やライナーの母親たちがたどり着いていた。

しかしその要塞にあった飛行船は、すでに遥か上空に出発してしまっていた。

ダメだ…一隻も残っていない…すべての飛行船が出撃してる

この攻撃に…人類すべての命運を懸けるつもりだ…

この世界に唯一残された希望の飛行船。

巨人の手の届かない上空からの爆撃に最後の望みが託される。

これすらも効かないようであれば陸・海・空のすべての領域で人間の敗北が決定する。

爆撃の直前、飛行船部隊の指揮官から、作戦に従事する兵士たちにメッセージが届けられる。

(爆撃の結果がどうであろうと、兵士たちだけの責任ではない)

…この責任は我々すべての大人達にある

憎しみを利用し 憎しみを育み続け 憎しみに救いがあると信じ…

我々が至らぬ問題のすべてを「悪魔の島」へ吐き捨ててきた…

その結果…あの怪物が生まれ…我々が与え続けてきた憎悪を返しにきた…

もしも再び…未来を見ることが叶うなら

二度と同じ過ちは犯さないと…私は誓う

どうしようもない絶望的な状況を目前にして、ついに人類の意識が変わり始めた。

巨人の力を恐れ、憎しみあってきた人類がとうとう自らの過ちに気づいたのだ。

この局面を人類が生き延びることができれば、平和な世界をみんなで再構築していけるのではないだろうか?

すべてはエレンを止めることができるかどうかに懸かっている。

飛行船による大量爆撃vs怪物・エレン

指揮官の演説を聞いていたかのように、エレンが上空を睨みつける。

いまさらそんな心変わりを許すわけがない…という怒りが伝わってくるようだ。

そしてエレンは上空の飛行船をにらみながら、背骨の真上に巨大な光を出現させた。

エレンの突然の動きに指揮官が反応する。

進撃の巨人に動きが!!爆撃を開始しろ!!直ちに投下しろ!!

人類の存亡をかけた最後の攻撃が開始される。

大量の爆撃が巨人たちとエレンを襲う。

しかし飛行船の高度が高すぎたためか、巨人たちを殲滅できない。

やはり集弾率が低いようです!!

続けろ!!この攻撃にすべてを懸ける!!

降り注ぐ爆撃のなか、エレンが出現させた巨大な光のなかから巨人が生成される。

その巨人は、かつて調査兵団を壊滅させた「獣の巨人」だった。

獣の巨人は手のひらにある岩の塊のようなものを握りつぶし、大量の散弾を作り出した。

その後は、これまで何度も見てきたように絶望的な光景が待っていた。

備え持った強靭な長い腕と、訓練を重ねた投擲技術が組み合わさって生まれた破壊的な散弾が飛行船を襲う。

上空に向かって放たれた大量の散弾は、多くの飛行船をいとも簡単に破壊していく。

要塞からその様を見守る人々は、唖然として眺めることしかできない。

獣の巨人が散弾の投擲を繰り返し、あっという間にすべての飛行船が撃墜されてしまう。

人類の最後の希望も、エレンの前では容易く打ち砕かれてしまった。

ついに現れたアルミンたち

圧倒的な現実を目前にして、要塞に残された人々は覚悟を決める。

きっと…アニも…ライナーも…パラディ島で生きている

親より先に…死にはしない…それだけでいい

助かる望みが潰えて、生きることを諦めたその直後、遠くの空に小さな影が出現する。

あれ…何だろう?…飛行艇?

ついにアルミンたちが乗った飛行艇がエレンのところまでたどり着いたのだ。

飛行艇を操縦するオニャンコポンが叫ぶ。

クソ…もう殆どエンジンが動いてない!!始祖の真上まで舵を取る!!だから確実に始祖の巨人の元へ降りろ!!

ここまで飛んでくるのに力を振り絞ってしまい、アルミンたちは上空から飛び降りる選択肢しか残っていない。

アルミンたちがやってくるのをエレンがのんきに待つはずもなく、獣の巨人が飛行艇に向かって散弾を投擲してくる。

殺意を感知したリヴァイの指示により、飛行艇を旋回させてなんとかギリギリで回避することに成功した。

…いやがるな 獣のクソ野郎が!!

宿敵を前にたかぶるリヴァイ。

獣の巨人を視認したアルミンが全員に指示を出す。

…探す手間が省けた!!攻撃目標は!!獣の巨人!!

これにすべての力を用いて撃滅!!「地ならし」を食い止める!!

今だ!!飛べ!!

ライナーとピークはそれぞれ「鎧の巨人」と「車力の巨人」に変身し、上空から獣の巨人を襲撃する。

アルミンたちパラディ島の勢力は立体機動装置を駆使して始祖の背骨に着陸した。

それを見た群衆が歓声をあげる。

鎧の巨人!?車力の巨人まで…!?あれは…立体機動装置

まさかパラディ島勢力が!?「地ならし」を止めに!?

役者は揃い、いよいよ最後の戦いが開幕した!

アルミンの口から静かに決意の言葉が放たれる。

エレン…もう一度嫌な質問してやるよ

「君のどこが自由なのか」って

そこから引きずり出した後…

人類の真の最後の希望は彼ら以外にいない。

『進撃の巨人』最後の戦いがいよいよ始まった!

 

海上での大艦隊、空からの大量の爆撃、これら全てを物ともしないエレン。

そんな中ついにアルミンたちはエレンと会敵する。

次の135話まで続きはお預けだ!

圧倒的なエレンの戦力に、アルミンたちにできることは残されているのか?

リヴァイは因縁の獣の巨人と決着をつけることができるのか?

今月号の別冊少年マガジンを買っていない人は、ぜひ買って読もう!

『進撃の巨人』の1コマ1コマに見どころが盛り沢山だ!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

132話 133話 134話 135話 136話