進撃の巨人 ネタバレ138話感想【救いようのない展開。ジャンとコニーの最期】

前話137話では、『道』にてそれぞれの大切な思い出を回想しながら、始祖ユミルのもとめる人との繋がりを実現するために戦線に復帰するアルミンとジーク。

リヴァイは亡きエルヴィンの最後の命令であったジークを討ちとる事に成功するのであった。

王家の血を引くジークを討伐した事で、地鳴らしが止まる。

一方、エレンの頭部を吹き飛ばすために奔走するジャンもついに爆破に成功。

崩落する進撃の巨人から再び光るムカデのようなものが……!

ライナーが身を挺してエレンの復活を阻止する中、アルミンは最後の覚悟を決め、エレンとの決着へと進むのであった。

『さよなら…エレン』

ついに訪れる『覚悟の時』……!

最終回まであと2話。エレンたちにどのような結末が訪れるのだろうか。

『進撃の巨人』138話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

ついに止まった地鳴らし

アルミンによる超大型巨人の爆破によって、地ならしを止めることに成功する調査兵団。

見ろ!!骨が消えてる…
地鳴らしも止まった…

エレンの生死が不明の中、ミカサはエレンとの最後の会話を思い出す。

力に目覚めたアッカーマンは 頭痛をよく起こすことがよくあったらしい

何の疑問も抱かず ただ命令に従うだけの奴隷

オレは…ガキの頃からずっと ミカサ お前がずっと嫌いだった

思えばエレンとの最後の会話はミカサにとっては筆舌に尽くしがたい内容であった。

ファルコを始めとするマーレの戦士たちは家族との再会を喜ぶなか、地鳴らしを止めた事に後悔はないリヴァイたち。

…後悔がないわけじゃねぇ でも…俺達…間違ってなかったよな 地鳴らしを止めたこと…

光るムカデの行方

超大型巨人の爆破を受けても、エレンの頭部から抜け落ちた光るムカデは形を保ったままであった。

あの爆発食らって…まだ生きてんのか!?

ありゃ…一体何だ?

未だに消滅していない光るムカデとエレンを接触させない為に、アルミンとライナーは光るムカデに歩を進める。

その時、彼らの後ろで大きな光が放たれる。

そこには巨人化した、エレンがたたずんでいた。

光るムカデとエレンとの接触が地鳴らしの再発動を懸念した一行は、エレンを殺さなくてはいけない事を悟るのであった。

狙うべきは…エレンだ…

決意を固めるリヴァイ。

家族との再会を喜ぶマーレの戦士たちもまだやるべきことがあると知る。

父さん 最後の仕事が残ってる

兄さんの分まで… オレ…やり遂げるよ

それぞれの家族にしばしの別れを告げるピークとファルコ。

すると突如、光るムカデから白い煙が立ち上る…。

ブシュウウウウウウウウウウ

救いようのない展開。ジャンとコニーの最期

家族との再会を喜ぶ一行は、光るムカデから立ち上る煙に包まれていた。

煙の正体が分からないままコニーがポツリと呟きだす。

これは…ラガコ村と…同じやり方なんじゃ…

コニーの発言に即座にリヴァイが決断。

…ミカサ!!ピーク!!ファルコに乗れ!!ここから離れる!!

事態がのみこめず、動揺するピークであったがその意味を即座に理解する。

…そんな…あんまりだよ

ファルコに飛び乗り、離脱するリヴァイ、ミカサ、ピーク…

崖上に残されたジャンやコニー達。

アッカーマン家の血を引くリヴァイとミカサ。

人間と巨人の能力を保有するピークとファルコ。

この組み合わせの持つ意味とは…?

 

ジャンとコニーは最期の時を迎えようとしていた。

肩を組むジャンとコニー。

これが…俺達の最期かよ…

…まぁな 後のことは仲間に託す

…まったく お前のせいなんだぞ?俺達が人類を救うはめになったのは…

コニーはジャンと調査兵団入団式の夜を思い出すのであった。

 

ファルコが叫ぶとわずかに生き残った人類たちは次々と巨人化してしまう。

光るムカデは生き残ったエルディア人を巨人化し、戦場は再び乱戦に突入する。

アルミンはエレンと最後の決着をつけるべく対峙するのであった。

本当に…地獄が好きなんだな!?エレン!?

いいよ…最後までとことん付き合ってやるよ!!

巨人化したジャン、コニー、ガビを目にし、動揺するライナーたち。

俺達は…どうすれば報われるんだ?

ミカサの頭痛。エレンへ引導を渡す

エレンを討ち取るため、鳥人化したファルコの背中に乗り、機を伺うリヴァイ達。

ミカサの頭痛はどんどんひどくなり、ついに現実を受け入れられなくなる…

もう…これ以上…耐えられない…帰りたい 私達の家に…帰りたい…

シーンは変わり、ミカサは目を覚ます。

そこはエレンと暮らしているとされる山奥の一軒の家があった。

まるで第一話の伏線を回収するように、そこには穏やかな日常が流れている。

いつの間に寝てたんだろ…

何か…長い夢を見てた気がする

どうやらその世界線では、エレンとミカサは全てを放り出して2人だけ逃げてきたようだ。

エレンが話すには巨人継承までにはあと4年の猶予がある事から、ジークとの戦いの後の並行世界にいるのではないだろうか。

オレが死んだらこのマフラーを捨ててくれ

お前はこの先も長生きするんだから…オレのことは忘れて自由になってくれ

エレンはミカサに約束をさせようとするもミカサは俯いたままであった。

ごめん できない

再び意識が現在に戻ってきたミカサは、遂にしまっておいたマフラーを首に巻き付け決意を固める。

エレンは口の中にいる 私がやる みんな協力して

了解だ ミカサ

命令に対して、確実に遂行してきた人類最強の兵士はミカサの為に活路を見出すのであった。

進撃の巨人の口内に侵入するミカサ。

そこにはエレンの頭部が繋がれていた。

ミカサはエレンの頭部を刃ではね飛ばし、エレンを送り出す。

いってらっしゃい エレン

切り落としたエレンの頭部に口づけをするミカサ。

その後ろには穏やかな表情をする始祖ユミルの姿が…

 

ついに次回で『進撃の巨人』は最終話を迎える。

ミカサの手によって物語に終止符を打たれたエレンはどのような結末を迎えるのだろうか。

最終ページに記されている『自由を知りたかった少年よ……さようなら。』この言葉の意味とは?

全く予想のできない展開が続いている。

 

続きは次の139話までお預けだ!

今月号の別冊少年マガジンを買っていない人はぜひ買って読もう!

『進撃の巨人』の1コマ1コマに見どころが盛り沢山だ!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

136話 137話 138話 139話

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。